ハイ・タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイ・タイムズHigh Times)はアメリカ合衆国発刊の雑誌であり、嗜好品としてのカンナビス(大麻)使用の合法化を強く主張している。近年では編集者ジョン・メイラー(ノーマン・メイラーの息子)のもと明確な左派的思想を打ち出している。雑誌誕生から30周年を迎えた号では、「最新カナビスグッズ30品」、「グレート・マリファナ30種」、「カナビス愛好者トップ30人」などの特集を組んだ。大麻に寛容なカナダ、アメリカ西海岸などでは、コンビニエンスストアでも気軽に入手可能である

起源[編集]

トム・フォーケードはいくつかの匿名人・匿名機関をまとめたアンダーグランド団体をつくり、1974年に雑誌発刊に到った。 大麻草などの写真を見開きページで大々的に掲載するなどの(当時としては珍しい)手法をとった。1970年代後期から1980年代初頭までの一時期間だけコカインを特集したこともあったが、現在はしていない。1988年にスティーブン・ヘイガーが編集長になってから、ハードドラッグ類の記事を一切排除し、個人使用目的の大麻栽培を肯定する路線をとった。また彼はアムステルダムでのカナビス・カップや「The Freedom Fighter」(ヘンプ合法化グループ)などを設立した。

関連活動[編集]

インターネット配信
月刊雑誌から補足的な内容をネット配信している。
支援
ハイ・タイムズは、カナビスカップマリファナに関連した映画・テレビ番組・音楽など、カナビス関連の文化を支援している。
映画
2002年、フランク・アドニスをフィーチャーなどをしたインディーズ・コメディーを製作した。
2003年、カナビスカップのドキュメンタリー映像を製作。
出版
2004年、過去発刊された記事・インタビューのベスト版的内容の「The High Times Reader」を出版した。
テレビ出演
2007年にはスティーブン・ヘイガーは、ハイ・タイムズのオフィスを舞台としたリアリティー番組に出演した。

その他の執筆者[編集]

著名人[編集]

ハイ・タイムズの表紙を飾った著名人。