ハイ・シェラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイ・シェラ
High Sierra
監督 ラオール・ウォルシュ
脚本 ジョン・ヒューストン
W・R・バーネット
原作 W・R・バーネット
製作総指揮 ハル・B・ウォリス
出演者 アイダ・ルピノ
ハンフリー・ボガート
音楽 アドルフ・ドイチュ
撮影 トニー・ゴーディオ
編集 ジャック・キリファー
製作会社 ワーナー・ブラザーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 日本へラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年1月21日
日本の旗 1988年12月17日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $455,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

ハイ・シェラ』(原題:High Sierra)は、W・R・バーネット小説、およびそれを原作とし、バーネット自らの脚本(ジョン・ヒューストンとの共同脚本)とラオール・ウォルシュ監督により映画化した1941年アメリカ映画

1949年西部劇翻案され、改めてウォルシュ監督により『死の谷』としてリメイクされた。また同じ原作が1955年に『俺が犯人 (ホシ) だ!』(原題:I Died a Thousand Times)として再映画化されている。

タイトルの「ハイ・シェラ(High Sierra)」は、カリフォルニア州東部に位置し、南北に連なるシエラネバダ山脈の別名である。

あらすじ[編集]

特赦で出所した凄腕の強盗犯ロイ・アールは、仲間のマックがお膳立てしたロサンゼルスの高級リゾートホテルの強盗計画に加わることになる。 今回の仲間はベイブとレッドという若者2人と彼らが連れて来た女マリー、 そしてターゲットのホテルのフロント係で強盗の手引きをするメンドーサの4人だが、3人の男たちはいずれも頼りなく、 実際に役に立つのはマリーだけだ。 そんなマリーは男らしく頼りがいのあるロイに惹かれて行く。 一方、ロイは道中で知り合った老夫婦の孫娘ヴェルマの純粋さに惹かれ、足の悪い彼女の手術代を出すなど献身的に尽くし、求婚する。 しかし、他に恋人のいるヴェルマはそれを拒む。 そんな中、強盗計画は決行される。強盗そのものには成功し、目当ての宝石を手に入れることは出来たものの、 ベイブとレッドが逃走中の事故で死に、メンドーサは怪我を負って警察に捕まる。 更にマックが持病の悪化で急死する。 行き場を失ったロイはマリーと逃亡するが、凶悪犯として指名手配される。

ヴェルマに婚約者を紹介されたことでヴェルマへの愛を断ち切ったロイはマリーの自分への想いを受け入れるが、 指名手配された自分と一緒では危険と判断し、マリーをバスに乗せ、別行動を取ることにする。 しかし、資金稼ぎのために雑貨屋で強盗を働いたロイは警察に追われる。追いつめられたロイは、武器を持ってハイ・シェラ(シエラネバダ山脈)のホイットニー山に逃げ込み、立てこもる。

ロイが山に追いつめられたことをラジオで聞いたマリーは山に駆けつける。 警察に正体が知られたマリーはロイを説得するように警察に言われるが、捕まるよりは死んだ方がいいと泣きながら拒む。 すると、マリーが近くにいることに気付いたロイが姿を現し、マリーの名を呼ぶ。 ロイは狙撃手に撃たれ、岩山を転げ落ちて死ぬ。 マリーはロイの遺体にすがりついて泣く。

キャスト[編集]

エピソード[編集]

ロイ・アール役にはジョージ・ラフトポール・ムニが候補に挙がっていたが、いずれも果たせず、最終的にハンフリー・ボガートに回って来た[2]。ボガートにとっては事実上の初主演作品である。

小説[編集]

『ハイ・シエラ』 菊池光訳 早川書房

参考文献[編集]

  1. ^ High Sierra (1941) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年4月2日閲覧。
  2. ^ High Sierra (1941) - Trivia” (英語). TCM.com. 2012年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]