ハインリヒ1世 (アイレンブルク伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインリヒ1世Heinrich I, 1070年頃 - 1103年)は、ヴェッティン家のアイレンブルク伯、マイセン辺境伯(在位:1089年 - 1103年)。ラウジッツ辺境伯デド2世と2度目の妻アデーラ・フォン・ブラバント(オーラミュンデ=マイセン辺境伯オットーの未亡人)との息子として生まれた(Annalista Saxoの記述による)。同名の息子との区別のため、年長のハインリヒ(der Ältere)と呼ばれる。

1075年の父の死後、オストマルク辺境伯とラウジッツ辺境伯を継いだ。1089年にはマイセン辺境伯に封ぜられ、この地を治めた初めてのヴェッティン家の人間となった。1103年に急死、妻でエクベルト1世の娘ゲルトルートとの一人息子ハインリヒ2世(年若のハインリヒ)が後を継いだ。

しかし、従弟のコンラートはこれを認めず、ハインリヒ2世と対立していった。

先代:
エクベルト2世/ヴラチスラフ2世
マイセン辺境伯
1089年 - 1103年
次代:
ハインリヒ2世