ハインリヒ・ヴィルヘルム・エルンスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリヒ・ヴィルヘルム・
エルンスト
Heinrich Wilhelm Ernst
エルンストのリトグラフ。下に直筆のサインが書かれている。
エルンストのリトグラフ。下に直筆のサインが書かれている。
基本情報
出生 1814年5月6日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ブリュン
学歴 ウィーン音楽院
死没 1865年10月8日(満51歳没)
フランスの旗 フランス帝国ニース
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
作曲家
担当楽器 ヴァイオリン

ハインリヒ・ヴィルヘルム・エルンストHeinrich Wilhelm Ernst, 1814年5月6日 - 1865年10月8日)は、オーストリア帝国(現在のチェコ)生まれのヴァイオリニスト作曲家

モラヴィア地方ブリュン(現ブルノ)の生まれ。9歳のころからヴァイオリンをはじめ、神童と言われた。ウィーン音楽院でヨーゼフ・ベームにヴァイオリンを習い、作曲をイグナーツ・フォン・ザイフリートに師事した。1828年ニコロ・パガニーニの演奏を聴いて超絶技巧のヴァイオリン演奏に目覚め、人前で決して練習を見せないパガニーニの演奏をこっそり聞くなどして苦心の末に彼の作品を再現。後にパガニーニを含む聴衆の前で『ネル・コル・ピウ変奏曲』を弾き、作曲者であるパガニーニを吃驚させたといわれている。

パガニーニを髣髴させる変奏曲や幻想曲を多く残し、生前は『ヴェニスの謝肉祭による変奏曲』作品18が彼の代名詞となっていた。パガニーニの後継者と目され、ヨーロッパ中を演奏して回ったエルンストは、1862年神経痛のため引退し、その後も作曲を続けて1865年に奇しくもパガニーニと同じくニースで没した。

現在では、難曲として知られるヴァイオリン独奏曲「フランツ・シューベルトの『魔王』による大奇想曲」作品26、「悲壮協奏曲」作品23などごく一部の作品が演奏されている。

外部リンク[編集]