ハインリヒ・レンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリヒ・レンツ

ハインリヒ・レンツHeinrich Friedrich Emil Lenz, 1804年2月12日 - 1865年2月10日)は、1833年レンツの法則で有名なエストニア物理学者

人物[編集]

現在はエストニアの都市であるタルトゥで生まれた。タルトゥ大学物理学化学を学んだ後、1823年から1826年に行われたオットー・フォン・コツェブーの第3回の世界一周調査に参加し、各地の海水水質や物理的性質の研究を行った。帰国後ロシアサンクトペテルブルク大学で働き、1840年から1863年まで数学と物理学の学部長となった。

1833年、「磁界変化によってコイルに発生する起電力はコイルを貫く磁力線の変化に比例し、発生する電流の向きは磁力線の変化を妨げるような向きとなる」というレンツの法則を発見し、1842年にジュールの法則ジュールとは別に発見した。

1865年2月10日、レンツはイタリアローマにて60歳で死去した。