ハインリヒ・ホフマン (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリッヒ・ホフマン
Heinrich Hofmann
Hofmann Heinrich.png
基本情報
出生 1842年1月13日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ベルリン
死没 1902年7月16日(満60歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国 テューリンゲン
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト作曲家

ハインリッヒ・カール・ヨハン・ホフマンHeinrich Karl Johann Hofmann 1842年1月13日 - 1902年7月16日)は、ドイツ作曲家ピアニスト

生涯[編集]

ホフマンはプロイセンベルリンに生まれた。1852年からはテオドール・クラクエドゥアルト・グレルドイツ語版ジークフリート・デーンリヒャルト・ヴュルストらの下で研鑽を積む。彼はまず、ピアニスト、教育者としてキャリアを開始した。作曲家としては広く知られるようになったのは、1873年の「管弦楽のためのハンガリー組曲」であった。翌年に発表したフリチオフのサガ(Friðþjófs saga hins frœkna)に基づく「フリチオフ交響曲 Frithjof Symphony」は、19世紀後半のドイツで最も演奏された管弦楽曲のひとつとなった。彼の作曲様式は古典的で、メンデルスゾーンシューマンの名残を感じさせるものである。彼は1870年代から1880年代には最も演奏回数の多い作曲家であったが、生前から既に彼の作品はほとんど忘れられていた。今日に至るまで、彼の作品目録には散逸したままのピアノ曲がある[1]

ホフマンは1869年の「Cartouche」を皮切りにオペラの分野にも進出しており、管弦楽曲と同様に成功を収めた。次なる作品は1877年ドレスデンで初演されハンブルクとベルリンでも上演された「Armin」であり、さらに1878年にハンブルクで初演、1886年にベルリンで上演の叙情オペラ「Ännchen von Tharau」(フェリックス・ダーン英語版台本)と続く。叙情オペラでは1882年にハンブルクで初演の「Wilhelm von Oranien」、1886年にベルリンで初演の「Donna Diana」も発表している。

さらに、混声合唱ピアニーノのためのワルツ「Das Märchen von der schönen Melusine und Minnespiel 」など、ホフマンの歌曲、合唱曲はアメリカにも進出していた。室内楽曲にも力を入れると同時に4手のためのピアノ曲も好んだ彼は、「Italienische Liebesnovelle」、「Ländler」、「Liebesfrühling」、「新ハンガリー舞曲 Neue ungarische Tänze」、「Am Rhein」などの作品を発表している。

ホフマンは1882年プロイセン芸術アカデミー英語版の教員となり、1898年には市政府の役員に任用された。彼が当時成功を収めたこと、また今日忘れられていることの原因は、個性を強く出さない堅牢な作曲技法にあると思われる。これが当時の聴衆の期待には沿ったものであったが、後の世の聴衆には革新的な部分がないと捉えられるのである。彼の舞台作品だけは、ドイツ語によるオペラの発展に寄与したといえる[2]

脚注[編集]

出典

  1. ^ Etwa: Martin Frey: Das neue Sonatinenbuch. Schott, Mainz 2000, ISMN M-001-03794-5.
  2. ^ Rebecca Grotjahn, MGG (s. oben)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]