ハインリヒ・ブリンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Heinrich Bullinger.jpg

ヨーハン・ハインリヒ・ブリンガー(Johann Heinrich Bullinger、1504年7月18日 - 1575年9月17日)は、スイス宗教改革者で、フルドリヒ・ツヴィングリの後継者として、宗教改革で重要な神学者。「契約神学の父」と呼ばれる。

1504年チューリヒ郊外のブレムガルデンで祭司の子として生まれた。12歳の時に、ドイツエメリヒの共同生活兄弟団の学校に入学し、その後ケルン大学に進みスコラ学を学んだ。独自に教父学新約聖書の研究を行い、ルターメランヒトンの著作に触れて、教父の教えと一致することを発見し、1522年ごろルターに近い考えをもった。

1523年からカッペルの修道院付属学校で教師をし、修道院にプロテスタントの影響を与えた。修道院付属学校在任中に、ツヴィングリに会う。1528年より、ツヴィングリに同伴して、ベルン討論にも参加した。

1529年修道院付属学校の教師を止め、ブレムガルテンの牧師になり、1531年に亡きツヴィングリの後継者として、チューリヒの大聖堂教会牧師になり、死ぬまで留まり150篇ほどの著作を残した。

参考文献[編集]