ハインリッヒ・マイボーム (医師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリッヒ・マイボーム
生誕 1638年6月29日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国リューベック
死没 1700年3月26日(満61歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ヘルムシュテット
職業 内科医学者
テンプレートを表示

ハインリッヒ・マイボームHeinrich Meibom, 1638年6月29日 - 1700年3月26日)はドイツ内科医学者リューベックで生まれ、ヘルムシュテットで死去した。

生涯[編集]

ハインリッヒ・マイボームは内科医であったヨハン・ハインリッヒ・マイボーム(1590年 - 1655年)の息子だった。彼はヘルムシュテット大学フローニンゲン大学ライデンで医学を学び、その後、研究のためにイタリアフランスイングランドに旅行した。1633年にフランスのアンジェにて博士号を取得し、また1664年にはヘルムシュテット大学での医学の教授の職を引き受けた。1678年に彼は歴史の教授にもなった。彼はこの地位を1700年に彼が死ぬまで保った。

彼の息子のブランダン・マイボーム(1678年 - 1740年)は病理学症候学植物学、医学の教授だった。

業績[編集]

マイボームは生涯に57の論文を書いた。彼はまぶたにある皮脂腺を発見したことで知られている。この皮脂腺は彼の名にちなんでマイボーム腺と名付けられた。

そのほかに彼は、彼と同じ名前の祖父と共に発表したラテン語の詩を書いた。「Parodiarum horatianarum libri III et sylvarum libri II」(1588) は「Rerum germanicarum scriptores」として1688年に発表された。

外部リンク[編集]