ハインリッヒ・ブロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリッヒ・ゲオルク・ブロン
Heinrich Georg Bronn
人物情報
生誕 1800年3月3日
死没 1862年7月5日(満62歳没)
出身校 ハイデルベルク大学
学問
研究分野 地質学古生物学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1861年)
テンプレートを表示

ハインリッヒ・ゲオルク・ブロン(Heinrich Georg Bronn、1800年3月3日 - 1862年7月5日)はドイツ地質学者古生物学者である。

生涯[編集]

ハイデルベルクに近いツィーゲルハウゼン(Ziegelhausen) で生まれた。

ハイデルベルク大学で1821年に薬学学位をとるが、その翌年、自然史教授に任命された。古生物学の研究に専念することに決め、ドイツ、イタリアフランス各地のフィールドワークを行った。

1830年に創刊された『地質学年鑑』(Jahrbuch fur Mineralogie) とそれに続く『新年鑑』(Neues Jahrbuch) の編集のアシスタントを1862年まで行った。

主な著書には1834年から刊行された Lethaea Geognostica があり、これはドイツにおける層序地質学研究の基礎を築くことになった。

1841年に出版した Handbuch einer Geschichte der Natur は第1部は地球史を概説し、第2部で生命の歴史を説明した。第3部には古生物の一覧が添付された。1848年からヘルマン・フォン・マイヤーとハインリッヒ・ゲッパート(Heinrich Göppert) の助けを借りて、第3巻が出版された。この化石の記録は古生物者にとって貴重な記録となった。

1861年にウォラストン・メダルを受賞した。


関連項目[編集]