ハインリッヒ・フォン・トライチケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリヒ・フォン・トライチケ

ハインリッヒ・フォン・トライチケ(Heinrich von Treitschke, 1834年9月15日 - 1896年4月28日)は、19世紀ドイツの歴史家、政治評論家。姓はトライチュケとも表記される。

生涯[編集]

ドレスデン出身。ボン大学ライプツィヒ大学に学んだのち1858年にライプツィヒ大学講師となり、1863年フライブルク大学1866年キール大学1867年ハイデルベルク大学1874年にはベルリン大学の教授となる。

オーストリアを除外しプロイセンを指導者とするドイツ統一(小ドイツ主義)を主張した。当初オットー・フォン・ビスマルクの議会無視と言論圧迫を「ユンカー主義」として排撃したが、1886年以降はビスマルクの協力者となった。1871年から1888年まで帝国議会国民自由党に属し、カトリックユダヤ人社会主義普通選挙などを強く排撃し、軍国主義愛国主義を提唱。対外的には強硬外交を主張した。

主著は『十九世紀ドイツ史』(Deutsche Geschichte im neunzehnten Jahrhundert) で、1848年までの記述にとどまっているが名著と称され[誰によって?]、日本でも1918年に部分訳がなされ、『普魯西勃興史』の名で公刊されている。

トライチケの反ユダヤ言動は、ナチス・ドイツにより利用された。反ユダヤ新聞『シュテュルマー』は、一面に「ユダヤ人はわれらの禍である」(Die Juden sind unser Unglück!) というトライチケの言葉を掲げていた。

ベルリンにて没した。

著作[編集]

  • Vaterländische Gedichte, 1856
  • Studien, 1857
  • Die Gesellschaftswissenschaft. Ein kritischer Versuch, 1859
  • Historische und Politische Aufsätze vornehmlich zur neuesten Deutschen Geschichte, 1865
  • Die Lösung der schleswig-holsteinischen Frage. Eine Erwiderung, 1865
  • Die Zukunft der norddeutschen Mittelstaaten, 1866
  • Der Krieg und die Bundesreform, 1866
  • Zehn Jahre deutscher Kämpfe 1865-1874. Schriften zur Tagespolitik, 1874
  • Der Socialismus und seine Gönner. Nebst einem Sendschreiben an Gustav Schmoller, 1875
  • Der Socialismus und der Meuchelmord, 1878
  • Herr Graetz und sein Judenthum, 1879
  • Deutsche Geschichte im neunzehnten Jahrhundert, 1879-1894
  • Noch einige Bemerkungen zur Judenfrage, 1880
  • Luther und die deutsche Nation. Vortrag, 1884
  • Rede, gehalten zur Feier der fünfundzwanzigjährigen Regierung Seiner Majestät des Kaisers und Königs Wilhelm I. im großen Hörsaal der Berliner Friedrich-Wilhelms-Universität am 4. Januar 1886, 1886
  • Die Zukunft des deutschen Gymnasiums, 1890
  • Der Entwurf des Preußischen Volksschulgesetzes, 1892
  • Gustav Adolf und Deutschlands Freiheit. Vortrag, 1895
  • Reden von Heinrich v. Treitschke im Deutschen Reichstage 1871-1884, 1896
  • Politik. Vorlesungen, 1897-1898