ハインリッヒ・フォン・シーボルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインリッヒ・フォン・シーボルトHeinrich von Siebold, 1852年7月21日 - 1908年8月11日)は、オーストリア外交官考古学者

父はフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトで、研究分野において父との区別のため「小シーボルト」とも呼ばれる。兄は外交官で、井上馨外務卿の秘書となったアレクサンダー・フォン・シーボルト、異母姉に日本人女性として初の産婦人科医となる楠本イネがいる。ドイツ出身であるが、後に外交官としての功績が認められ、オーストリア=ハンガリー帝国の国籍を得る。

経歴[編集]

誕生[編集]

1852年プロイセン王国ライン地方ボッパルトで父フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトと母ヘレーネ・フォン・ガーゲルンの次男として生まれる。2度の来日を終え、再目の来日を準備する父の研究資料整理を手伝ったことで、ハインリッヒは日本に強い興味と憧れを覚える。

来日[編集]

父の死により、親子揃っての来日は叶わなかったが、父が幕府外交顧問として再来日した際に同行し、父の帰国後も日本での職務についていた兄が徳川昭武使節団に同行し帰国。その兄の再来日に同行して1869年(明治2年)初来日を果たす。日本では兄と共に諸外国と日本政府との条約締結などの職務に着手、その合間に父の手伝いする中で学んだことを活かし様々な研究活動を始める。

勤務先となったオーストリア=ハンガリー帝国公使館では通訳書記官を経て代理公使を務め、後にその功績を称えられて同国の国籍を得る。

日本が初の正式参加となったウィーン万国博覧会では、政府の依頼により出品の選定に関わり、同万博には通訳としても帯同、シーボルト兄弟が関わった日本館は連日の大盛況で、成功を収める。その際に選定に共に関わった町田久成蜷川式胤らとはその後も親交を続けた。

彼らとは好古仲間として、幾度も古物会を開催し、参加者の中には9代目市川團十郎などもその名を並べた。この頃の日本ではいわゆる考古学という学問が成立をしておらず、ただ古物愛好家達が珍品を収集、交換し、それぞれの品に特別な名前をつけて楽しんでいる程度であったが、蜷川たちはここでハインリッヒと交流することで当時最先端であった欧州の考古学を学び、またハインリッヒはここで彼らとより先史時代の遺物の名称や、どこに遺跡があるかなどを学んだ。

日本での生活とハインリッヒの家族[編集]

日本橋商家の娘岩本はなと結婚し、2男1女を儲けるが長男はハインリッヒがウィーン万国博覧会に帯同中に夭折。その際の夫婦のやり取りを綴った手紙は子孫である関口家に保存されている(2008年、ハインリッヒの没後100年に開かれた記念展で公開された)。その手紙には我が子を失った悲しみと共に、当時共に暮らしていた異母姉楠本いねに対して、憔悴しきっているであろう愛妻はなへの心配も綴られている。

その後、産まれた男子・於菟(オットー)は日本画家を目指し、岡倉天心の開いた上野の芸術学校に見事一期生として合格するが、創作活動の中、体調を崩して25歳の若さで没した。

若くして子供を亡くしたはなに対し、当時学習院の院長であった乃木希典はその宿舎主一館の躾け担当としてはなを指名することとなる。またハインリッヒの妻、岩本はなは芸事の達人としても知られ、長唄三味線踊りも免許皆伝の腕前であったと言われる。後に福沢諭吉の娘の踊りの師匠も務めた。ハインリッヒの娘の蓮もその指導を受け、長唄の杵屋流、琴の生田流の免許皆伝を受けている。

ハインリッヒの帰国と死[編集]

晩年になり重病を患ったハインリッヒは、公使館の職を辞して帰国。現在のイタリア南チロルの古城にて静養生活をおくる。親友で主治医でもあるエルヴィン・フォン・ベルツ博士の懸命の治療の甲斐なく、南チロル地方フロイデンシュタイン城にてその生涯を終える。

ハインリッヒの功績[編集]

日本において、ハインリッヒが残した功績は数多い。兄が父の外交的才能を受け継いだのに対し、ハインリッヒは父の研究分野においての才能を色濃く受け継いだ。

考古学の分野においては、大森貝塚を始め多くの遺跡を発掘。考古説略を出版し日本に始めて考古学という言葉を根付かせた。エドワード・S・モース博士との大森貝塚発掘、アイヌ民族研究などの競い合いは日本の考古学を飛躍的に発展させた。しかし、1878年から1879年に日本での考古学的活動を終えている。

兄と共に、父の大著「日本」の完成作業を行い、当時欧州で人気であった欧州王家の日本観光に随行し、彼らの資料蒐集に関わったことも後のジャポニズムブームの起点にもなった。現在欧州に散らばるシーボルト・コレクションはその数数万点にも及び、その約半数は小シーボルトこと、ハインリッヒの蒐集したものであると言われている。

親族[編集]

  • シーボルトの娘楠本イネは異母姉、ハインリッヒ夫婦とは同居をしていた時もある。日本人女性初の産婦人科医で、ハインリッヒの長男(夭折)はイネが助産をした。
  • シーボルトの息子アレクサンダー・フォン・シーボルトは兄、シーボルト再来日時に日本に来ている。1859年(安政6年)以来日本に滞在、イギリス公使館の通弁官(通訳)を勤め、1867年(慶応3年)徳川昭武らのフランス派遣(パリ万国博覧会のため)に同行している。陸奥宗光井上馨などの明治元勲との付き合いも深く、後年は井上馨外務卿の特別秘書となる。日本語訳は「シーボルト最後の日本旅行」(平凡社東洋文庫
  • ヴュルツブルクには、次女ヘレーネの末裔ブランデンシュタイン・コンスタンティン・ツェッペリン(次女子孫がツェッペリン伯爵家と婚姻)が会長を務めるドイツシーボルト協会が既に存在し、また日本では次男ハインリッヒの末裔関口忠志や国内のシーボルト研究家が集まり日本シーボルト協会の設立準備委員会が2008年に発足している。

交遊関係[編集]

  • 九代目市川團十郎:好古(骨董)仲間、赤坂のハインリッヒ邸で古物会を共に開催。
  • 蜷川式胤:好古仲間、ウィーン万国博覧会の頃にハインリッヒと知り合い交遊を深める。
  • エルヴィン・フォン・ベルツ:お雇い外国人で、ハインリッヒの親友、主治医。家族ぐるみでの付き合いがあり、ベルツの日記にはハインリッヒ夫婦と子供がベルツの別荘に海水浴に来たことや、ベルツがハインリッヒの目黒の別荘に良く訪問していたこと、アレキサンデルやハインリッヒ夫婦と共に歌舞伎見物をしたことなどが書かれている。
  • 大隈重信:ウィーン万国博覧会に向け、出品選定をハインリッヒに依頼。
  • ハインリッヒ・エドムント・ナウマン:ハインリッヒに大森貝塚の存在を伝えたと言われている。
  • 十二代目守田勘彌:親友。後にハインリッヒは外交官の仲間を誘い、彼の新富座へ引き幕を贈っている。
  • ウォルソ:ハインリッヒの考古学の師。ハインリッヒは日本での採集活動の成果をデンマークのウォルソに送り、指導を受けている。大森貝塚での採取品もこれに多く含まれていたと考えられる。
  • 福沢諭吉:娘の芸事指導を、ハインリッヒ夫人の岩本はなに依頼する。
  • 榊原鍵吉:「最後の剣客」と呼ばれた直心影流剣術の名手。ハインリッヒとは友人で、フェンシングの名手であったハインリッヒは後にベルツと共に彼に入門している。

文献[編集]

外部リンク[編集]

関連HP