ハインリッヒ・バルクハウゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリッヒ・バルクハウゼン
生誕100周年記念切手(ドイツ 1981年)
人物情報
生誕 1881年12月2日
ドイツの旗 ドイツ帝国 ブレーメン
死没 1956年2月20日
東ドイツの旗 東ドイツ ドレスデン
出身校 ミュンヘン大学ベルリン大学ゲッティンゲン大学
学問
研究分野 電気工学
主な業績 バルクハウゼン効果の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ハインリッヒ・バルクハウゼン(Heinrich Georg Barkhausen, 1881年12月2日 - 1956年2月20日)はドイツ物理学者電気工学の分野の工学者で、強磁性体バルクハウゼン効果、発振のバルクハウゼン条件などに名前が残っている。

ブレーメンに生まれた。1907年にゲッティンゲン大学で学位をとるまでミュンヘン大学ベルリン大学で学んだ。1911年ドレスデン工科大学の電気工学の教授となった。

1919年に外部磁化による強磁性体の磁化が断続的に増えるバルクハウゼン効果を発見した。電気回路で正のフィードバックをかけると、システムが発振する条件(バルクハウゼン条件)を示した。