ハインリッヒ・カール・バイリッヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインリッヒ・カール・バイリッヒ(Heinrich Karl Beyrich, 1796年3月22日 - 1834年9月15日)はドイツの植物学者である。

生涯[編集]

ヴェルニゲローデで生まれた。父親は宮殿付の庭師である。ヴェルニゲローデの高校で植物学を学んだ後、ゲッティンゲン大学で学んだ。ウィーンの宮廷植物園の庭師やブルック・アン・デア・ライタで働いた。

1819年に、植物採集をしながら、アルプス東部、北イタリアからプロン峠を通ってパリに至り、アレクサンダー・フォン・フンボルトと知り合い、激励されることになった。1820年にイギリスに渡り、庭師として働いた。1822年から1823年の間、フンボルトの薦めによってプロシア政府のために、ブラジルに渡り、ベルリンの孔雀島 (Pfaueninsel) やノイシェーンベルガー植物園 (Neu-Schönberger Botanischen Garten) のために希少な植物の採集をおこなった。 その10年後に再び、北アメリカに派遣されたが、現在のオクラホマ州で病没した。

ラン科の Galeandra beyrichii などの学名に献名されている。

参考文献[編集]

  • Eduard Jacobs: Beyrich, Heinrich Karl. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 2, Duncker & Humblot, Leipzig 1875, S. 605.