ハインリッヒ・エドムント・ナウマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリッヒ・エドムント・ナウマン

ハインリッヒ・エドムント・ナウマン(Heinrich Edmund Naumann、1854年9月11日 - 1927年2月1日)は、ドイツ地質学者。

いわゆるお雇い外国人の一人で、日本における近代地質学の基礎を築くとともに、日本初の本格的な地質図を作成。またフォッサマグナを発見したことや、ナウマンゾウに名を残す[1]ことで知られる。

来歴[編集]

ザクセン王国マイセンで生まれた。

1875年明治8年) - 1885年(明治18年)、明治政府に招聘され、日本に滞在。東京帝国大学(現:東京大学)地質学教室の初代教授に就任。地質調査所(現:独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センター)の設立に関わり、調査責任者として日本列島の地質調査に従事。

調査は本州四国九州と広範囲にわたり、距離は10,000kmに及んだと伝えられている。また、当時存在した地形図には等高線が記されておらず、海岸線の輪郭が記される伊能図を基に、地形図の作成と並行して地質調査をするという膨大な作業を成し遂げた。

ナウマンは貝塚を2、3発見し、ハインリッヒ・シーボルトの貝塚研究を助けた。

ドイツに帰ってから、ナウマンは1886年ミュンスター大学私講師となり、地質学地理学を講じた。後年、ドイツ東亜博物学民俗学協会で日本の貝塚について講演している。

その時[いつ?]在独中の森林太郎(鴎外)がその誤りを正したという逸話もある。

1923年に関東大震災で東大図書館が焼け落ちたときには、自分の蔵書を寄贈した。

脚注[編集]

  1. ^ 京都帝国大学槇山次郎が、ナウマンゾウを新種登録する際、日本の化石長鼻類研究の草分けであるナウマンにちなんで命名した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]