ハインツ小体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインツ小体(ハインツしょうたい、英:Heinz body)とは酸化障害によるヘモグロビンの酸化変性物の集塊(封入体)。血液塗抹標本上で焦点をずらすことによって、屈折性の顆粒として観察できる。イヌではタマネギ中毒や薬物誘発性(アセトアミノフェンプロピレングリコールなど)の溶血性貧血で認められることが多い。ネコでは糖尿病ケトアシドーシスの際に認められる。ロマノフスキー染色では透明、ニューメチレン青染色ブリリアントクレシル青染色では青色に染まる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006

外部リンク[編集]