ハインツ・レーグナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインツ・レーグナーHeinz Rögner1929年1月16日 - 2001年12月10日)は、ドイツ指揮者である。

略歴[編集]

1929年、ライプツィヒに生まれた。ライプツィヒ音楽大学に進み、ピアノとヴァイオリンを学んだ。卒業後、ワイマール国立歌劇場の第二指揮者に就任し、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団シュターツカペレ・ドレスデンなどに客演した。1958年、ライプツィヒ放送交響楽団の首席指揮者、1962年、ベルリン国立歌劇場の常任指揮者、1973年、ベルリン放送交響楽団の首席指揮者にそれぞれ就任した。1983年4月から1992年3月には読売日本交響楽団の第5代常任指揮者を務めた。緻密な音楽作りで知られ、人材不足気味のドイツ期待の星として大きく喧伝された時期もあったが、晩年は、愛妻を亡くし精彩を欠いていた。2001年、ライプツィヒで没した。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

先代:
ハインツ・フリッケ
ベルリン国立歌劇場
常任指揮者
1961 - 1973
次代:
不在
先代:
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス
読売日本交響楽団
常任指揮者
1983 - 1992
次代:
尾高忠明