ハインツ・ジールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインツ・ジールマン(Heinz Sielmann1917年6月2日2006年10月6日)は世界的に有名なドイツ人野生生物写真家動物学者およびドキュメンタリー映画製作者だった。

来歴[編集]

ノルトライン=ヴェストファーレン州メンヒェングラットバッハ市出身。1938年に初めて製作した、キツツキを題材とした長編映画『Zimmerleute des Waldes』(英語名: Woodpecker)がイギリスで高く評価され、以後「ミスター・ウッドペッカー」の愛称で呼ばれた。代表作に、『猛獣最後の王国』(Lords of the Forestオーソン・ウェルズのナレーションを加えアメリカで公開された時のタイトルはMasters of the Congo Jungle1959年)、ベルリン映画祭銀熊賞およびイタリアトレント映画祭最高金賞受賞作『ガラパゴス-世界最後の秘境』(Galapagos - Dream Island in the Pacific1962年)、『Vanishing Wilderness』『The Mystery of Animal Behavior』などがあり、世界中で大成功を収めた。

1960年代末頃、ナショナルジオグラフィック協会と共同で製作していた野生生物のドキュメンタリーの仕事を通じて、後にアカデミー賞を受賞する昆虫を題材とした1971年制作のドキュメンタリー『The Hellstrom Chronicle』でコンビを組む写真家ワーロン・グリーンと知り合った。また、1974年にはアメリカの野生生物ドキュメンタリー『Birds do it..., Bees do it...』にも撮影技師として参加した。

一方、ドイツにビーバーカワウソを呼び戻し、また子供たち自然保護に対する関心を高めることを目的とした基金Heinz Sielmann-Stiftung1974年に設立した。彼が製作したシリーズ『Expeditionen ins Tierreich』(英訳:Expeditions into the Animal Kingdom)は、ドイツで最も知られた動物のドキュメンタリーである。1994年ミュンヘン大学名誉教授。2005年、ドイツ環境賞ライフワーク名誉賞受賞。

2006年バイエルン州ミュンヘン市にて死去。

外部リンク[編集]