ハイレゾ・アドベンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイレゾ・アドベンチャー(Hi-Res Adventure)は、シエラオンラインが発売した、ハイレゾグラフィックのアドベンチャーゲームシリーズ。

概要[編集]

シリーズ第1作 『ミステリーハウス』

米シエラオンライン社がApple II で発売した、ハイレゾグラフィックを用いた初期のアドベンチャーゲームのシリーズ。全7作。一部の作品はAtari400/800コモドール64IBM PCに移植された。また日本ではスタークラフト社が翻訳の上、国内の主要パソコンに移植して発売した。

元はシエラオンラインを創業したケン・ウィリアムズの妻、ロバータ・ウィリアムズがケンのApple II で既成のアドベンチャーゲーム(当時は全てテキストアドベンチャー)を遊んでいたが、どれもすぐに終わってしまい物足りないので、自分でも楽しめるアドベンチャーゲームを自分で作ってみようとしたのが始まり。ただ、いざプロットが出来上がり製品化をケンに持ちかけると、何か既存のアドベンチャーゲームとは異なる目玉がないと商品にするのは難しいと言われ、それで、かつてより思っていた「もしもアドベンチャーゲームが文字だけではなく、紙芝居風の絵が出たら、どんなに素晴らしいだろう」という考えを取り入れた。

ただ、実際に絵が出来上がると、数十枚もの絵を一枚のフロッピーディスクに収めるのは容量的に無理だという話になり、そこでケンは、絵の座標データのみを持たせて、線画とペイントで絵を描画するという手法を考え出した。後期になると、6色しか発色できないApple II をタイルペイントで疑似的に色数を増やすという手法も取り入れた。

結果として、ハイレゾアドベンチャーシリーズは、シエラオンラインのドル箱商品となった。初期の頃はゲームの問い合わせ先としてシエラオンライン(実際はウィリアムズ夫妻の自宅)の電話番号が記してあって、ゲームに行き詰ったプレイヤーから問い合わせの電話も入ったが、それにはロバータが台所でディスクのコピーやらパッケージの箱詰めやらをしている手を休めながら、直接応対していたという。

シリーズ作品[編集]

この内、ロバータ・ウィリアムズが製作したのは「ミッションアステロイド」「ミステリーハウス」「ウィザード&プリンセス」「タイムゾーン」「ダーククリスタル」の5作品。

ミッションアステロイドはミステリーハウスより後の作品だが、初心者向けにミステリーハウスよりも難易度を低くしたため、シリーズのNo.0とされた。実際のリリースは1 → 2 → 0 → 3 → 4 → 5 → 6の順である。

現在、シリーズ第1作の「ミステリーハウス」のみが、作者自身によりパブリックドメインとして一般公開されている。

脚注[編集]

  1. ^ マイクロキャビンからも同名のアドベンチャーゲームが発売されたが、内容は別物で本シリーズとも関係はない。

参考文献[編集]