ハイリゲンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Heiligendamm.jpg
Heiligendamm Gedenkstein.jpg

ハイリゲンダム (Heiligendamm) は、ドイツ連邦共和国メクレンブルク=フォアポンメルン州バルト海沿岸ロストック郡バート・ドベラン市にあるリゾート地。キュールンクスボルン (Kühlungsborn) とバート・ドベラン市街とを結ぶナローゲージ蒸気鉄道線であるモリー鉄道 (Molli) の中間点にあたる。2007年に開催された第33回主要国首脳会議サミット)の開催地である。

歴史[編集]

ハイリゲンダムはドイツのバルト海沿岸における最古の海岸リゾート地であり、貴族階級と上流社交界の優雅な会合場所として開発された。古風な建物が遊歩道沿いに並んでいるため、「海沿いの白い町」と呼ばれている。

1793年にこの町の最初の客として訪れ、その人気を高めた要因の1つともなった人物は、メクレンブルク=シュヴェリーン大公国フリードリヒ・フランツ1世 (Friedrich Franz I) だった。翌年、Johann Christoph、Heinrich von Seydwitz、Carl Theodor Severin、Gustav Adolph Demmler らは1793年から1870年にかけて、入浴と宿泊を目的とした美しい統合施設を設立した。その設立により、ハイリゲンダムはその後ドイツで最も優雅な海岸リゾート地となっていった。1930年代に入ると、ロシア皇帝の家族をはじめ、ヨーロッパの上流貴族たちはこの地を夏の避暑地として使用した。

第2次世界大戦後は、サナトリウムや回復病棟として使われた。だが、戦後東ドイツの統治下で、有名な建物のいくつかが破壊され、より実用的な建物へと置き換えられた。ドイツ再統一後は投資家グループが多くの建物を買い取り刷新を図った。2003年の春には、新しい建物であるケンピンスキー・グランドホテルが開業した。開発により小さな裏通りが撤去されたため、居住者との間で対立が広がっている。

外部リンク[編集]