ハイメ・デ・ボルボン (マドリード公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マドリード公ハイメ

ハイメ・デ・ボルボン・イ・ボルボン=パルマスペイン語全名:Jaime Pío Juan Carlos Bienvenido Sansón Pelayo Hermenegildo Recaredo Álvaro Fernando Gonzalo Alfonso María de los Dolores Enrique Luis Roberto Francisco Ramiro José Joaquín Isidro Leandro Miguel Gabriel Rafael Pedro Benito Felipe de Borbón y Borbón-Parma, duque de Anjou y de Madrid, 1870年6月27日 - 1931年10月2日)は、スペイン王位およびフランス王位請求者。カルリスタの王位請求者としてスペイン王ハイメ3世(Jaime III)、レジティミストのフランス王としてジャック1世(Jacque I)と称した。フランスではアンジュー公ジャック・ド・ブルボン(Jacques de Bourbon, duc d'Anjou)の名で知られていた。

生涯[編集]

マドリード公カルロス・マリア・デ・ボルボンマルゲリータ・ディ・ボルボーネ=パルマの一人息子としてスイスヴォー州で生まれた。彼はパリのイエズス会コレージュで教育を受け、イギリスのイエズス会派パブリック・スクールであるボーモント・カレッジで学んだ。その後、ヴィーナー・ノイシュタットのテレジアニシュケ軍事アカデミー(en)へ入学した。

1896年ロシア帝国軍に入隊し、グロドノ・ユサールの陸軍中佐となった。1900年から1901年にかけ、義和団の乱制圧に派遣された。1904年から1905年には日露戦争に従軍し、遼陽会戦で戦った。

1909年、父カルロスの死により王位請求者となった(ハイメの名の王は、スペイン王国の前身の一つであるアラゴン王国に2人いたため、3世とした)。公式にはマドリード公を称し、フランスではアンジュー公と称した。

ロシア軍を退役後、ハイメはオーストリアやパリのアパルトマンで暮らした。彼は幾度か秘密裡にスペインへ入国している[1]。イタリアのヴィアレッジョ近郊に母親から相続した別荘も所有していた[2]

1931年、スペイン王アルフォンソ13世第二共和政の成立によって国外追放された。ハイメは声明を発表し、全ての王党派を正統な王位継承者のもとへ再集結させるとした[3]。9月23日、ハイメはパリの自宅で公にアルフォンソの訪問を受けた [4]。2日後、アルフォンソと王妃ビクトリア・エウヘニアフォンテーヌブロー近郊のサヴォイ・ホテルへハイメを招いた[5]。ハイメはアルフォンソに、フランス王国の勲章である聖霊騎士団(L'Ordre du Saint-Esprit)の勲章を贈った。これらの対談は、スペイン王位請求者たちの間の和解として取り上げられた。

アルフォンソとの会談から1週間後、パリでハイメは死んだ。子供のないハイメの後継者となったのは、叔父サン・ハイメ公アルフォンソ・カルロスだった。ハイメの葬儀はアルフォンソ13世出席のもと行われ、ヴィアレッジョの礼拝堂へ埋葬された。

ハイメは“赤い王位請求者”として知られた左派志向の人物で、カルリスタより保守的といわれたアルフォンソ13世と対比された。

脚注[編集]

  1. ^ "The Death of the Duke of Madrid", The Times (October 5, 1931): 14.
  2. ^ "Contradicts Reports of Zita's Poverty. The New York Times (June 15, 1922): 6.
  3. ^ "Legitimist Manifesto", The Times (April 24, 1931): .14
  4. ^ "King Alfonso and the Duke of Madrid", The Times (September 25, 1931): 12.
  5. ^ "The Duke of Madrid at Fontainebleau", The Times (September 26, 1931): 9.
先代:
カルロス7世
スペイン王位請求者
(カルリスタ)
1909年 - 1931年
次代:
アルフォンソ・カルロス1世
先代:
シャルル11世
フランス王位請求者
(正統派)
1909年 - 1931年
次代:
シャルル12世