ハイメ・アルベルト・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイメ・ロドリゲス Football pictogram.svg
名前
本名 ハイメ・アルベルト・ロドリゲス
Jaime Alberto Rodríguez
愛称 ラ・チェローナ (La Chelona)
ラテン文字 Jaime Rodríguez
基本情報
国籍 エルサルバドルの旗 エルサルバドル
生年月日 1960年1月17日(54歳)
出身地 サンサルバドル
身長 181cm
体重 80kg
選手情報
ポジション DF
代表歴
1982-1990 エルサルバドルの旗 エルサルバドル 50 (2)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ハイメ・アルベルト・ロドリゲス(Jaime Alberto Rodríguez , 1960年1月17日 - )は、エルサルバドル出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはDF(リベロ)。愛称はチェローナ(Chelona)[1]で、日本ではそれが登録名にもなっていた。

来歴[編集]

16歳でアリアンサFCとプロ契約、以来ドイツ、メキシコ、フィンランドの海外のクラブを渡り歩いた。1982年にエルサルバドル代表に選出され、同年のワールドカップ・スペイン大会を始め1990年までに50試合に出場した。

1991年秋に日本でのプレーを希望し来日[2]。当初はJリーグに参加予定だった日産自動車の練習に参加[2]。当時監督だった清水秀彦は彼のリベロとしての能力に注目し、「オスカー(元ブラジル代表主将)以上かもしれない」と評した[2]。しかし日産には井原正巳柱谷哲二らセンターバックの有望株が在籍していた上、翌年には小村徳男の加入も控えていたために獲得は見送られ、最終的に日本サッカーリーグ2部NKKに入団した[2]。NKK入りが決まると、母国の国民的英雄ということもあり、エルサルバドルの国営放送のクルーが送り込まれた[2]。活躍が認められ翌1992年にJリーグ横浜フリューゲルスへ移籍[2]加茂周監督の下でゾーンプレスを志向するチームの中心選手として期待されたが[2]、1年目は怪我、2年目は外国人枠の関係で出場機会は少なかった。

帰国後は引退試合サンサルバドルロサンゼルスで開催され、後者の試合は現地のエルサルバドル人出稼ぎ労働者が集まり4万人ものファンが来場した[2]

アリアンサFCの監督[1]、エルサルバドル代表のアシスタントコーチを経て、2009年6月にエルサルバドル国立スポーツ研究所スペイン語版(INDES) の会長に就任した[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1991-92 NKK JSL2部 15 4 - - 15 4
1992 横浜F - J - 4 0 0 0 4 0
1993 2 0 0 0 0 0 2 0
通算 日本 J 2 0 4 0 0 0 6 0
日本 JSL2部 15 4 - - 15 4
総通算 17 4 4 0 0 0 21 4

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “La Chelona” asume las riendas del deporte” (スペイン語). DiarioCoLatino.com (2009年6月1日). 2014年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h No.132 チェローナ エルサルバドルを率いる”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1996年1月9日). 2013年9月7日閲覧。
  3. ^ "Aquí hubo medallitis y se descuidó el deporte en general"” (スペイン語). La Pagina (2009年6月29日). 2014年4月3日閲覧。