ハイビジョンブラウン管テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイビジョンブラウン管テレビ(ハイビジョンブラウンかんテレビ)とは、ハイビジョン映像を高精細のまま表示できるハイビジョンブラウン管を採用したデジタルテレビまたはデジタル放送対応テレビのこと。本項目では主に日本国内のハイビジョンブラウン管テレビについて記述する。

概略[編集]

特徴[編集]

1080本以上の走査線を持ってハイビジョン映像を高精細に映し出すことができる高品位ブラウン管を採用しており、デジタルハイビジョン放送の高精細映像に対応する。各社のフラグシップブラウン管モデルに採用されていた。しかし後述するように薄型テレビの普及により、2000年代半ば以降は特に日本では生産がほとんど行われず入手が難しくなっている。それでもブラウン管が現在最も高画質なTVであると考える愛好者が存在するほか、インターネットオークション等で購入するユーザーも存在する。また2000年代中盤までは薄型テレビに比べて低価格であり、数サイズ上のハイビジョンブラウン管テレビのほうが安いというケースも多かった[1]が2000年代後半になると薄型テレビの低価格化が進んだことと後述の理由で発売終了となっていった。NHKは、デジタルハイビジョン放送の視聴に最も適したテレビの1つに「ブラウン管テレビ」を挙げている。

ハイビジョン画質放送を標準画質映像で映すタイプ[編集]

デジタルハイビジョンチューナを内蔵しつつもハイビジョンブラウン管を採用していない(ハイビジョン画質で放送されている番組をワイドサイズ保持のまま通常画質に落として画面表示)モデルも存在する。このタイプは基本的にハイビジョンブラウン管テレビには該当しない[2]

このタイプもそうでないタイプ(普通にハイビジョン画質で映すタイプ)もカタログおいて一括りに「デジタルテレビ」などとだけ記載されていたり、あるいは取扱説明書の目立たない箇所に小さくSDTV: Standard Definition TV(標準画質テレビ)」とだけ記載されている場合がある。

例えば該当機種として、三洋電機のC-32DT2、C-28DT2、C-28DT3が挙げられる。またソニーのKD-32SR300、KD-28SR300など、外部入力映像に限りハイビジョン画質で表示可能な機種もある。

長所[編集]

ブラウン管の成熟した技術による高画質
数十万 - 測定限界超対一に及ぶコントラスト、色再現性、数μs(薄型は数ms)の応答速度など、画質面におけるスペックで現行の薄型テレビを上回る。視野角、応答速度といった液晶テレビの弱点、階調表現といったプラズマテレビの弱点は持たない。総じて最新技術(ブラウン管テレビに比べ劣るものも)が次々に導入される最新薄型テレビと比較し、決して最新技術が積極導入されているとは言い難いハイビジョンブラウン管のほうが薄型テレビより画質面でアドバンテージを得ている(画像処理を行いソース映像を改変している薄型テレビよりも、比較的枯れた技術を搭載したハイビジョンブラウン管テレビのほうがネイティブな映像を映し出せている)。その高画質から地上デジタル放送やBSデジタルハイビジョン放送だけでなく、動きの激しいゲームを楽しむにも適している。VHSなどのSD画質ソースを映し出す場合、一般ブラウン管テレビの方が鮮明に映し出すことができる。
フルハイビジョン
ほとんどのハイビジョンブラウン管テレビは、ハイビジョン放送の情報(有効走査線数1080本)をそのまますべて映し出しているので、その意味ではフルハイビジョンテレビである。しかしそもそもフルハイビジョンという呼称は固定画素のテレビでの名称であり、固定画素では無いブラウン管テレビにこの呼称を用いること自体間違いである。だが実際にはフォーカスが甘かったり、アパーチャグリルピッチにより、情報量すべてを映しきる性能をもったブラウン管は存在しない。しかし現行のフルハイビジョン液晶テレビは(静止画こそそれなりの画像は表示可能だが、動画となると)残像によりハイビジョンブラウン管よりも画質が劣るので、ハイビジョンブラウン管のほうがフルハイビジョン液晶テレビよりも精細に映像を映すことができるのである。プラズマテレビのフルハイビジョンのみ、一部の型でハイビジョンブラウン管を超えるものはある。JEITAによる定義では、有効走査線数650本以上のテレビがハイビジョンテレビに該当するが、液晶テレビプラズマテレビなどの薄型テレビは有効走査線数が650本以上あればハイビジョンと表記してもよいため、いわゆる間引きした擬似ハイビジョンであり、ハイビジョン放送本来の画質ではないと主張する人が多い。ただし現行のデジタル放送(1080i)はブラウン管テレビなどでそのままインターレースで表示した場合1080本の解像度は出ず、約7割の700本程度の解像度にとどまる(ケル係数)。故に1080iの放送では700本程度の解像度しかなく、その意味合いからは固定画素の薄型テレビを「間引きした疑似ハイビジョン」と言う言い方は間違いである(1080iはインターレースであるが故に1フィールドでは540本の解像度しか持っていない)。Blu-ray DiscHD DVDプレイステーション3用ゲームソフト、Xbox 360用ゲームソフトなどの1080p(フルハイビジョン)出力に対応したコンテンツにおいて、フルハイビジョンに対応しない薄型テレビはその情報を全て映し出すことは出来ない[3](なお、国内向けのハイビジョンブラウン管テレビでも対応する入力端子がD4までなので、同様に情報を全て映せない。詳細は短所の欄を参照)。

短所[編集]

入手が困難
ソニーがスーパーファインピッチFDトリニトロンを生産終了し、松下東芝映像ディスプレイ(現:MT映像ディスプレイ)がブラウン管事業から撤退したため、ハイビジョンブラウン管を採用した新・旧機種はほぼ完全に生産を打ち切られており、オークション等で手に入れる以外で国内メーカー製のハイビジョンブラウン管テレビを新品で購入することはほぼ不可能である。家電量販店もHDブラウン管は2006年頃、SDブラウン管は2008年頃に販売を終了し、薄型テレビのみの扱いに移行しており、店頭でハイビジョンブラウン管テレビの入手は不可能である。国外向けの「HDTVブラウン管テレビ」を入手するという方法もあるが電圧変換や輸送コスト、保証などの問題があるため現実的ではない。
画質調整が必須
ハイビジョンブラウン管テレビはそのままでは画質調整をしていなかったり、映りの悪いままだったりする型が存在する。よって画質調整を行うことは必須である。なお、輝度を上げ過ぎるとブラウン管の寿命を縮めることになるため、用途に応じ適切な画質を設定する必要がある。
HDMI端子、D5端子入力非装備
HDMI端子の製品化が始まった2004年頃には既にHDブラウン管テレビの新製品はあまり発売されなくなり、HDMI端子が薄型テレビに標準装備される2006年頃には完全にHDブラウン管テレビの新製品が発売されなくなったため、ハイビジョンブラウン管テレビを含むすべての国内向けブラウン管テレビは、HDMI端子を装備していない。ゆえにデジタルハイビジョン出力やデジタルフルハイビジョン出力には対応せず、アナログハイビジョン出力のみに対応している。また、D5端子入力があるフルハイビジョンブラウン管テレビは存在しないため、アナログフルハイビジョン出力は出来ない。アナログ出力にのみ対応するため、アナログ特有のノイズが入るばかりか、2011年からはアナログ出力の規制が開始されたため(2011年~2013年の製造品はSD限定、2014年以降の製造品は全面禁止)、HDMI端子を搭載したデジタル出力が可能な薄型テレビと比較すると劣る。さらに、1997年以前の製品はコンポーネント端子自体がDVDなどのSD出力にも対応していないことが多く、SDソースの画質がD端子を搭載したテレビと比べると劣るという弱点も存在する。
なおアメリカ市場向けなどのテレビはHDMI端子を標準装備しないと(14型テレビであっても)販売できないようになっており、同様に国外向けの「HDTVブラウン管テレビ」もHDMI端子を装備している物が多い。
PS4などはHDMI端子しか搭載されていないため、国内向け製品では使用できない(正確にはサポート対象外になる)[4]
非常に重くかつ小型化が困難
ソニーKD-36HR500の約90kg、松下TH-36D60の79.5kg等、特に32型以上は非常に重量があり、大人2人でも非常に設置に苦労するほどである。28型も40kgを超えるものが少なくなく、安全のためにも1人で設置するのは避けたほうがよい。またブラウン管製造の技術的問題から民生用では36型までしか販売されておらず、その36型も2005年下半期頃から早々と姿を消した。薄型テレビに比べて、同一面積に少ない個数しか置けないことと上記の重量のために小売店が入荷を控えた事も衰退の理由の一つとなった。
廃棄時の環境負荷
ブラウン管には大量の有害化学物質が含まれており、適正で無い処理の方法をとった場合に環境破壊を引き起こす恐れがある。また、中古家電を輸出する際にブラウン管はバーゼル条約により越境移動の規制対象品目に挙げられている。消費電力も同一サイズの薄型テレビに比べ大きい事も不利な点となった。

主なハイビジョンブラウン管[編集]

NEWオールフォーカス・チューブ管/ブラックブライトロン管[編集]

松下東芝映像ディスプレイが開発したハイビジョンブラウン管。松下はNEWオールフォーカス・チューブ、東芝はブラックブライトロンと呼ぶ。オールフォーカス・チューブよりコントラストを1.3倍向上。松下と東芝の画像処理傾向の相違により、共通のブラウン管ながら画質の方向性は少なからず異なる。

ブラウン管そのもののポテンシャルや解像力ではスーパーファインピッチFDトリニトロンに劣る。 36/32DX100は外部入力での遅延や横伸び(画面サイズがフル表示に固定される)が見られやすい。

  • 搭載機種 松下TH-36/32D60・東芝36/32DX100

フラットスーパーブライトロン管[編集]

東芝が開発したブラウン管で、色鮮やかなハイビジョンブラウン管。

独自の3原色カラーフィルターと透明度の高いガラスを採用。画面のすみまでクッキリと色あざやかな映像を映し出し、映り込みも抑える。 なお、デジタルチューナー搭載機には外部入力での遅延や横伸びの問題がある。

  • 搭載機種 28型(DX100/D4000/3000/2700/2500) 28/32/36D2000 HD3Z 28型(ZP58/57) 28/32/36(ZP55/ZP50) Z6P/5P/5E/6X ZX720 (ZP35/37 *32型/36型のみ)

新フラットスーパーブライトロン管[編集]

東芝が開発したブラウン管で色鮮やかなハイビジョンブラウン管。 フォーカス感の向上のため、ファインビーム電子銃採用で電子ビームの絞込みを約25%改善。 コンバージェンスズレが少なくボケの少ない映像を実現。32型と36型のみ

  • 搭載機種 32/36(D2500・2700、D3000・4000・DX100) 32/36(ZP57・58)

新リアルフォーカスファインピッチブラウン管[編集]

ビクターが開発したブラウン管でダーククリアガラスの採用により黒の再現性を向上し、ハイコントラストの映像を実現。また周辺ピッチの精細化を実現したテンションマスクの相乗効果で画面の隅々までフォーカスのよさを実現したハイビジョンブラウン管。

地上・BSデジタルハイビジョン放送の信号をDET回路にデジタル直結することで信号の伝送ロスを解決。ノイズの少ない緻密なハイビジョン映像を映し出し、すべての映像ソースを1500iにアップコンバート表示する。

  • 搭載機種 HD-32/36D1500 AV-32/36X1500 HD-32/36DZ4

FDトリニトロン[編集]

ソニーが開発したトリニトロンブラウン管。元々トリニトロン管は縦方向が平面に近かったが、完全に平面化されたことで外光の映り込みが減り、映像も丸みを帯びなくなった。ピッチも通常管より精細化されハイビジョン放送にも対応する。1996年に開発が発表、1997年に発売された「WEGA(ベガ)」から採用された。

初期のものは「内側が凹んでいる」と言われていたが、次第に改良された事でその心配がなくなった。 ただし平面なのはあくまで表面のみで、表示部は直径100mの円柱の一部を切り取ったものと同じだけの歪みがある。(従来は直径10m)

第一世代ではSDテレビの「KV-○○SF○」とMUSEハイビジョンの高級機「KW-○○HDF○」に採用。 後の高級モデル「KD-○○HD900」などにはよりピッチが狭まった高精細なSFP(スーパーファインピッチ)トリニトロンが採用された。

  • 搭載機種 KD-28HR500B DX550/650/750 DRX7/DRX9 HDF7/HDF9 KV-36DX750/32DX750/28DX750 KV-32DX550/28DX550など

スーパーファインピッチFDトリニトロン[編集]

ソニーが開発したFDトリニトロン管より約1.6倍ピッチが細かく、電子銃は10%フォーカス性能が上昇。ブラウン管技術の結晶とも評される。ソニー最後の民生用ブラウン管。

搭載機種で初めて地上デジタルチューナーが内蔵されたのはHR500だったが、それがスーパーファインピッチFDトリニトロン搭載機種の最終機種であったため、地上デジタル放送対応モデルはHR500が最初で最後となった。

HD900やHR500などこのブラウン管が搭載された機種で、統合デジタル高画質システム「ベガエンジン」が採用されているモデルは薄型テレビが主流となってもネットオークションや中古屋等で取引されている。

チューナーがアナログのみのDZ900/950やDX850、デジタルチューナーがBSのみのHD700や800などのモデルを購入し、地上デジタル・BS・CS110°三波対応のデジタルチューナーやデジタルチューナー付きレコーダーなどをD端子かコンポーネント端子接続で後付けすることで、D4までのデジタルハイビジョン環境に対応する。

  • 搭載機種(太字は統合デジタル高画質システム「ベガエンジン」搭載モデル)

ソニーHD700(32,36型のみ)/800/600/900・DZ900/950・DX850HR500Q015-KX36

高精細ブラウン管の性能すべてを使い切るためにQUALIA 015(Q015-KX36)ではさらに高画質を追求。デジタルコンバージェンスや電子銃の改良、一層の広帯域化、マイスターと呼ばれる調整人による1台ごとのチューニングにより、画質は民生用ブラウン管の中で最高となった。しかし値段が100万円を超す受注生産方式で、薄型テレビが売り場を独占し始めた時期に発売されたのも相まって販売は苦戦することとなった。

HRトリニトロン[編集]

ソニーが開発した業務用ブラウン管。PVMシリーズやBVMシリーズで使われ、「HR」と付いているが、HR500/HR500Bを含めた民生用テレビで使われることはない。

非常に高精細で鮮明な画像を映し出す。電子銃の性能など、管以外の性能も民生用テレビとは違ってしっかりしており、コスト切詰めを行っていないので高価。BVMの24型や32型などはQUALIA 015をも超える正確緻密な映像品質で、映像制作の映像評価用モニター(マスモニといわれるマスターモニター)としてプロ業務で使われる。

一般的に映像評価用に最適化された暗めの映像なので、暗室で使われることが多い。

  • 搭載機種 PVM-D20L5J BVM-D32E1WJ など

フラットHDダイヤトロン[編集]

三菱電機が「1000本画質」「フラットワイド36」を売り文句に採用したブラウン管。

走査線525本のアナログ放送を1050iまでアップコンバート表示できる(通常の525p表示も可能)。同社初のフラットブラウン管。同年期の東芝製テレビと共通のブラウン管ともいわれているが定かではない。

  • 搭載機種 三菱36W-CZ11/CZ22など
アナログハイビジョン放送を見越して開発されたため型は古いが、現行のデジタルハイビジョン放送もデジタルハイビジョンチューナーをコンポーネント端子またはD端子に接続することで対応可能。

T(タウ)フラットハイビジョン管[編集]

松下電器産業(現パナソニック)が、1998年に発売した松下初のフラットテレビT(タウ)に搭載したブラウン管。歪みが少なく明るい映像を売りにしていた。

このタウシリーズ用のブラウン管には松下電器としては民生用ではじめてテンションマスクシステムを搭載した。トリニトロンとの違いはシャドウマスクにブリッジ構造を有することであるが、それまでのプレスマスクに比べシャドウマスクの板厚みを薄く出来、またブリッジも細くしたことからシャドウマスクの電子透過率を増加することが可能となった。このため明るい画像が表示出来るようになった。また、シャドウマスクがスピーカによる振動を抑制する目的でシャドウマスク周辺に制振子を用い、ワイヤーを用いるトリニトロンでは画像で制振用ワイヤーが視認されることに対して制振子は画像には影響を与えないという特徴を持っていた。当初シャドウマスクに熱膨張の小さなINVAR(36%Ni合金)を用いていたが、その後材料を鉄化した。 しかし、暗部再現性に乏しくフォーカスが甘いボケ気味の画質や動的歪みがある。

  • 搭載機種 TH-36/32FH10/FM10/FP10 TH-36/32/28FP20/FG/FP15 TH-36/32/28D10/TH-28D30など

T(タウ)ファインピッチフラットハイビジョン管[編集]

「T(タウ)フラットハイビジョン管」からマスクピッチを中央で約10%、周辺で約5%細密化し、より高精細化を図った。

  • 搭載機種 TH-36/32FP30/FP25 TH-36/32D20など

オールフォーカス・チューブ[編集]

「T(タウ)ファインピッチフラットハイビジョン管」の後継として、約10%マスクピッチを細分化するなどの高画質化を計った。

  • 搭載機種 TH-36/32D30 TH-36/32D50 TH-36/32FP50

最終機種が発売された時期[編集]

登場作品[編集]

テレビドラマ・映画[編集]

レスポンス(応答速度)が早いという理由で池沢佳主馬が使用した。

脚注[編集]

  1. ^ 2004年頃の薄型テレビは32インチで50〜70万円程度であり、36インチのハイビジョンブラウン管テレビ(当時実売30万円前後)と比べても非常に高価であった。
  2. ^ 薄型テレビでもデジタルチューナは内蔵しているがハイビジョン画質では表示できないモデルも存在する(シャープのLC-22AD5など)。
  3. ^ http://melog.info/works/article/lcd.html 液晶ディスプレイの解像度変更
  4. ^ PS4™を使いたいのですが、テレビにHDMI端子がありません”. PlayStation®サポート. ソニー. 2014年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]