ハイパーラマン散乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像
ウィキプロジェクト 物理学

ハイパーラマン散乱(Hyper-Raman Scattering)は、高強度のレーザー光を物質に照射したとき、2個の入射光子が消滅し、消滅した2個の光子のエネルギーの和とは異なるエネルギーの光子が散乱光として放出される現象。消滅する光子のエネルギーと生成される光子のエネルギーの差が振動・回転等のエネルギーに対応していることから、ラマン散乱と同様に物質の同定などに用いられることがある。ラマン散乱の強度が入射光強度に比例するのに対し、ハイパーラマン散乱の強度は入射光強度の2次に比例すると共に、ラマン散乱とは選択則も異なっている。

ラマン散乱過程(左)とハイパーラマン散乱過程(右)のエネルギーダイヤグラム

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • R. W. Terhune, P. D. Maker, and C. M. Savage (1965). “Measurements of Nonlinear Light Scattering”. Phys. Rev. Lett. 14 (17): 681-684. doi:10.1103/PhysRevLett.14.681. 
  • L. D. Ziegler (1990). “Hyper-Raman spectroscopy”. J. Raman Spectroscopy 21 (12): 769-779. doi:10.1002/jrs.1250211203. 
  • L. D. Ziegler, "Hyper-Raman Spectroscopy", Handbook of Vibrational Spectroscopy, Wiley, 2002, ISBN:0471988472, vol. 1, p. 611.

外部リンク[編集]