ハイパードルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイパードルフィン

ハイパードルフィン海洋研究開発機構が所有、運用している遠隔操作無人探査機である。 支援母船はなつしまおよびかいよう

概要[編集]

3,000m(建造当初)の深海底の潜水調査を目的とした遠隔操作無人探査機で支援母船なつしまにあるコントロールルームで有線で遠隔操作される。コントロールルームには8つのモニターがあり、搭載された超高感度ハイビジョンカメラの映像がそこに映しだされ、海中に漂う1~2cmほどの小さな生物を映しだすことができる。熊野灘沖に敷設されている地震・津波観測監視システム(DONET)計画に係わり、2010年にペイロードの増強と潜行深度 4,500mに対応できるよう改造がおこなわれた[1]

主要目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DONET 運用開始と観測網展開計画 (PDF) 海洋研究開発機構

関連項目[編集]

外部リンク[編集]