ハイドンのピアノ曲一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイドンのピアノ曲一覧では、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが作曲したピアノ曲の作品リストである。ホーボーケン番号 (Hob.) では17番 (XVII) に分類される。また4手のピアノのための作品は17a (XVIIa) である。ピアノソナタについては別の項目を参照されたい。

ハイドンが作曲したピアノ曲は、ピアノソナタより多くはないが、偽作も含まれている。

ピアノ小品 (Hob. XVII)[編集]

XVII タイトル 作曲年代 備考
1 カプリッチョ ト長調『8人のへぼ仕立て屋』 1765 『カプリッチョ』とされているが、実質は変奏曲である。
2 アリエッタと20の変奏曲 イ長調 1765頃/1771以前
3 アリエッタと12の変奏曲 変ホ長調 1770-74以前?
4 幻想曲 ハ長調 1789? 『ファンタジア』とも。ハイドンは当初『カプリッチョ』と名付けていた。
5 アンダンテと6つの変奏曲 ハ長調『やさしく快適』 1790 晩年の作品。
6 アンダンテと変奏曲 ヘ短調 1793 最も有名な作品である。原題は『ディヴェルティメント』。
7 5つの変奏曲 ニ長調 1750-55頃?/1766以前 1766年に書かれた写譜には、ハイドンの名が記されており、「旧ハイドン全集」はハイドンの作品として収録しているが、信憑性は乏しいとされている。
8 8つの変奏曲 ニ長調 作曲年不明
9 アダージョ ヘ長調 1785/86以前 1786年に出版された小品集に収録されていることから、1785年頃書かれたと推測されている。
10 アレグレット ト長調 作曲年不明 Hob. XIX-27の編曲
11 アンダンテ ハ長調 1786以前?/1807頃?
12 アンダンテと変奏曲 変ロ長調 1807以前 偽作の可能性が大きい。
C1 小品 作曲年不明 偽作。タイトル不明。
C2 3つの前奏曲 ハ長調 偽作?
D1 変奏曲 ニ長調 かつては『ピアノソナタ』とされていた。
F1 メヌエット ヘ長調 偽作?
F2 アンダンテ ヘ長調
F3 ソナタ ヘ長調 ヨハン・クリスティアン・バッハ作。
G1 小品 偽作?
G2 カプリッチョ ト長調 偽作。
A1 変奏曲 イ長調 偽作?
A2 主題と変奏曲 イ長調
A3 変奏曲 イ長調

4手ピアノのための作品 (XVIIa)[編集]

XVIIa タイトル 作曲年代 備考
1 変奏曲 ハ長調『先生と生徒』 1778 『ディヴェルティメント』とも。
2 パルティータ ヘ長調 作曲年不明
C1 大ソナタ ハ長調 偽作?

作品番号無し[編集]

いずれも作曲年代は不明である。

子供の協奏曲
偽作?
アレグロ・モルト ニ長調
変奏曲 ハ長調
イギリス皇太子妃お気に入りのダンス
偽作?