ハイドロ・ケベック電力公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイドロ・ケベック電力公社
Hydro-Québec
企業形態 政府運営企業
業種 電力公益事業英語版
設立 1944年4月14日 (1944-04-14)
本部 カナダケベック州モントリオール
事業地域 ケベック州
代表者等 ティエリー・ヴァンダル
会長兼CEO[1]
製品 発電送電配電
売上高 122億3000万カナダドル(2012年)
増減なし2011年比[2]
営業利益 51億8000万カナダドル(2012年)
増減なし from 2011[2]
8億6000万カナダドル(2012年)
減少 67% from 2011[2]
資産総額 705億2000万カナダドル(2012年)[2]
純資産額 189億8000万カナダドル(2012年)[2]
所有者 ケベック州政府英語版
従業員数 21,596人(2012年)[3]
ウェブサイト www.hydroquebec.com

ハイドロ・ケベック電力公社あるいはイドロ・ケベック電力公社(Hydro-Québec)とは政府による公益事業で1944年にケベック州政府英語版が設立した。モントリオールに本社を置いていて、ケベック州全体に向けた発電送電配電事業を手がけている。

60箇所の水力発電所にほとんど依存しており、ハイドロ・ケベックはカナダ最大規模の発電事業者であると同時に世界最大規模の水力発電事業者でもある[4][5][6]。2011年時点の発電所の総合発電能力は35,829メガワット(MW)で送電網は411万人をカバーできる能力だった[7]

ベルシミ英語版カリロン英語版マニック・アウターデス英語版チャーチル滝英語版、2段階で行われたジェームズ湾プロジェクト英語版といった複数の大規模水力発電所の建設は1940年代末から1990年中頃まで絶えず行ったことでケベック州は化石燃料への依存度を削減することが出来た。2009年において州内で使用される全エネルギーの40.05%を主要発電所で賄っているが[8]、発電所の建設と運営はケベック州北部に住んでいる先住民英語版との衝突を起こしている。

ハイドロ・ケベックは設立以降、地元での技術開発[9]、低価格な再生可能電力の大規模供給、持続的な設備投資[10]を行なってきたためケベック州の経済発展において「ほぼ神聖なる存在[11]」とされている。

気候変動対策で培われてきた[12]価格競争力のある再生可能電力の需要増加[13][14][15]はハイドロ・ケベックの直近の貸借対照表に好影響を与えている。2008年から2012年の間、ケベック州の電気料金が北米で低く保たれている功績[16]株主に8億9000万カナダドルの配当を出している[17]

歴史[編集]

世界恐慌英語版から数年にわたりケベック州では電力事業の公営化を求める声が巻き起こった。「電力トラスト」と称される高額で利益を過剰に出している状態に対する批判が多くあり、30年早くオンタリオ州電力事業の公有化英語版を実現したアダム・ベック英語版アメリカ合衆国ルーズベルト政権によって設立されたテネシー川流域開発公社と言った例が持ちだされ、特に地元議員フィリップ・ハメルフランス語版テレスフォア=ダミアン・ブシャールフランス語版がケベック州でも同様の電力事業を強く主張した[18]

その後1939年フランス語版首相に選出されたアデラード・ゴッドバウトフランス語版州営事業のコンセプトを温めていてモントリオール・ライト・ヒート・アンド・パワーフランス語版(MLH&P)とシャウィニガン・ウォーター・アンド・パワー・カンパニーフランス語版という2つの主な企業が関与しアングロカナディアン英語版の経済的利益や談合によって支配されていた非効率な電力システムを「経済的な独裁であり歪んでいて悪質」と批判していた[19]

2段階の公営化[編集]

モントリオールとノースショア[編集]

1943年秋、ゴッドバウト首相はケベック州最大の都市であるモントリオールに電気とガスを供給していたMLH&Pを管理下に置くための法案 (enを提出した。1944年4月14日、公営のベンチャー企業「ケベック・ハイドロエレクトリック・コミッション」通称「ハイドロ・ケベック」の設立を定めた第17号法案がケベック州立法議会フランス語版で成立した[20]。この法令 (enは電気が来ていないか限られている地域において標準以下の送電網を修復し農村電化英語版の早急な実行するために、モントリオール地域において電力とガスの供給独占する新たな公共事業体の設立や「健全な財政運営を伴った一貫した低価格」な供給をハイドロ・ケベックに委任することを定めたものだった[21]

次の日の1944年4月15日にMLH&Pは買収、急激に伸びる電力需要に応えるために今後の数年で600メガワットの発電能力を早急に増やす必要があったため経営を速やかに転換した。1948年、ハイドロ・ケベックは14番目の発電所を新設し、ボーアルノア発電所における2つのリニューアルのうちの1つの構築に着手した[22]。その後、セントローレンス川ノースショアにあるフォレストヴィル英語版近くのベルシミ川英語版に目をつけ、モントリオールから700キロメートル (430 mi)東に1953年から1959年にかけてベルシミ第一発電所とベルシミ第二発電所英語版を建設したが、設立間もない企業にとってベンチトライアル英語版になったと考える人も多い。またケベック州北部における次の30年間以上行われた大規模開発の事前調査も行った[23][24]

モーリス・デュプレシ時代に始めた他のプロジェクトにはボーアルノア発電所の第2期リニューアルやオタワ川でのカリロン発電所建設がある[25]。1944年から1962年にかけてハイドロ・ケベックは発電容量を616メガワットから3,661メガワットと6倍に増やし[26]、モントリオール地域の住宅向け電気料金を半分にした[27]

静かなる革命[編集]

Hydro-Québec's old logo: the red, blue and yellow coat of arms of Quebec surmounted by a beaver and featuring the words HYDRO-QUEBEC in bold and two bolts of lightning.
ハイドロ・ケベック初代ロゴ(1944年-1964年)

1960年に静かなる革命が始まってもダムの新規建設は止まらなかった。それどころか若手で情熱的な水資源大臣による指導の下、開発をさらに推し進める事に繋がった。かつてテレビレポーターを務めていてルサージフランス語版内閣にとって善意の閣僚とされた38歳のルネ・レヴェックフランス語版自由党英語版フランス語版党首 (enの「ドリームチーム」(フランス語: "équipe du tonnerre")の一環としてハイドロ・ケベック担当大臣に任命された。レヴェックは早急に進行中の建設を継続することやケベック州の発電、配電事業の多くのシェアを持つ残存する私企業11社を合併して国有化することを承認した。

1962年2月12日、レヴェックは国有化のためのパブリックキャンペーンを始めた。ケベック・エレクトリック・インダストリー・アソシエーションでの演説では電力業界を露骨に「信じられないほどのコストで混乱している」と発言した[28]。その後、住民の支持を集め、公営化反対の先鋒に立っているシャウィニガン・ウォーター・アンド・パワー・カンパニーの主張を論破するために各地域を遊説した[29]。1962年9月4日から5日にかけてケベック・シティー北部のフィッシングキャンプでワーキングリトリート間の計画を推し進めるためリベラル派の内閣同僚を説得した。この議論は「Maîtres chez nous」(事業は誰のものか)と銘打ち2年早く行われた解散総選挙 (en間でのリベラルなアジェンダ以上に関心を集め、ナショナリズム英語版の強い底流を持つものだった[30]

ルサージ内閣は1962年11月14日に再信任されフランス語版、レヴェックは計画を推進することになる。1962年12月28日午後6時、ハイドロ・ケベックは敵対的買収を実行し、11社の市場価値に少し上乗せするセット価格で全て内周した。数週間の買い付け後、経営陣は自社の株主に州政府による6億400万カナダドルの提供を承認することを申し入れた[31]。11社買収に加えて、ほとんどの共同、自治体所有の施設をハイドロ・ケベックの既存所有施設に引き継ぎ統合を行ったことで1963年5月1日、ケベック州最大の電力会社になった[32]

1960年代から1970年代にかけて[編集]

A big concrete structure.
ジーン=ルサージ発電所。かつてはマニック第二発電所という名前で1961年から1965年にかけて建設された

1963年の買収に続いて、対処すべき問題が3つあった。まず初めに様々な形で荒廃している状態である数十のネットワークを標準化やアビティビのシステムの大部分を25ヘルツから60ヘルツに更新するために既存の仕組みに新たな子会社をシームレスに取り込むために再構成する必要があった[33][34]

現在の企業ロゴはモントリオールにあるデザイン会社ギャグノン/バルカス インコーポレイテッドが1960年にデザインした[35]

マニク=ウタルド[編集]

1959年、マニク=ウタルドプロジェクトとして世界最大の水力発電ダムになった幅1,314メートル (4,311 ft)のダニエル=ジョンソンダム英語版を含む7基の水力発電複合施設の建設に1000人もの作業員が参加した。マニクアガン川英語版ウタルド川英語版での建設は1978年に完成、同時にウタルド第二発電所の稼働も開始した[36]

しかし、これらの大規模プロジェクトは、経済的なやり方でケベック州南部の都市中心部から700km離れた発電所が発電した大量の電力の送電に関し、数年で企業技術者が占有する新たな問題を引き起こした[37]ジーン=ジャック・アルシャンボーフランス語版という若手技術者が既存のよりはるかに高い電圧である735キロボルトの送電線を敷設する計画を提出、同僚や大手機器メーカーを粘り強く説得した結果、1965年11月29日に735キロボルト送電網の商用利用が始まった[38]

チャーチル滝[編集]

1963年にシャウィニガン・ウォーター・アンド・パワー・カンパニーとその子会社数社を買収した後、ハイドロ・ケベックは銀行と実業家のコンソーシアムであるブリティッシュ・ニューファンドランド・コーポレーション・リミテッド(Brinco)が進めていた、ラブラドール地方にあるハミルトン滝英語版[note 1]で計画されている水力発電所の20%の権利を取得した。数年に渡る困難な交渉を経て、1969年5月12日に発電所の建設に出資するための取引が成立した[39]

この協定[40]はハイドロ・ケベックが1kWhあたり1セントの25%で2016年まで1kWhあたり0.25425セント、契約の最後の25年間は0.20セントと定めたテイク・オア・ペイに基づき英語版発電所からの電力のほとんどを買い取る[41]ことやリスク共有を定めた内容だった。ハイドロ・ケベックは発電所を所有しているチャーチルフォールズ・ラブラドール・カンパニー・リミテッド英語版の株34.2%を取得することを引き換えに金利のリスクの一部を請け負い、Brincoの負債を買い取った[39][42]。1971年12月6日にチャーチル滝発電所が最初に発電した量は5,428 MWだった[43]。1974年6月にチャーチルフォールズ・ラブラドール・カンパニー・リミテッドの11基のタービンはフル稼働している。

しかし、ニューファンドランドにあるジョーイ・スモールウッド英語版率いる自由党英語版は1972年にフランク・ムーア英語版率いる保守党英語版に取って代わられた。オイルショックの影響により契約条件の不満を持つようになったニューファンドランド政府英語版はハイドロ・ケベックが持っていないチャーチル・フォールズ・カンパニーの株を1億6千万カナダドルで全て買収した[39][44]

ニューファンドランド政府はその後、契約再開をハイドロ・ケベックに求めたが需要を理由に拒否された。2つの隣接する州間の長期法廷闘争後、1984年と1988年にカナダ最高裁判所英語版は契約の有効性を二度にわたって認めた[45][46]

ジェームズ湾プロジェクト[編集]

ロバート・ブラッサ発電所フランス語版の放水路はセイントローレンス川の2倍の水量が流れる[47]。1979年に稼働した5,616 MW規模の発電所はジェームズ湾プロジェクトと称する8基で構成される水力発電所網の中心となっていた。

1970年4月の選挙フランス語版からほぼ1年後、ロバート・ブラッサフランス語版英語版首相は十万人の雇用を創出すること掲げた選挙公約を実現するためのプロジェクトを立ち上げた。1971年4月30日、熱狂的な自由党支持者の群衆に対して、ジェームズ湾に1万メガワット規模の水力発電所を建設する計画を発表した[48]。3つの可能な候補地の評価を経て、ハイドロ・ケベックと政府はラグランデ川フランス語版LG-2フランス語版LG-3フランス語版LG-4フランス語版といった3つの新たな発電所を建設することを決定した[49]

厳格かつ遠隔的な設定でのこのような公共事業によってもたらされた第一に挙げられる技術的および論理的な課題において責任者であるジェームズ・ベイ・エナジー英語版社長のロバート・A・ボイドフランス語版が建設予定地の地域に居住している5,000人のクリー族がこのプロジェクトによって自身の伝統的な生活が守れなくなるとという理由で反対運動を起こしたことに直面したことだった。1973年11月、クリー族達の訴えによってダム建設に必要な基本インフラ建設の仮差し止め英語版が認められブラッサ政権はクリー族たちとの交渉を余儀なくされた[50]

2年にも及ぶ難しい交渉の末、1975年11月11日、ケベック州およびカナダ政府、ハイドロ・ケベック、ジェームズ・ベイ・エナジー、クリー族評議会英語版ジェームズ湾と北ケベック合意フランス語版に署名した。この合意はプロジェクトの継続と引き換えにクリー族の金銭的補償および教育と医療に関するサービスを行うことを定めたものである[51]

延伸工事期間だった1977年から1981年まで14,000人から18,000人の職人がジェームズ湾の様々な現場に参加した[52]。1979年10月27日[53]にLG-2発電所が稼働を開始、最大発電量5,616 MWはこの種の発電所としては世界で最も高い発電量だった。この発電所、ダムと関連する貯水池はブラッサ首相を讃え、彼の死後1996年10月に改名された[54]。プロジェクトにおける第一段階の建設は1982年にLG-3が、LG-4が1984年5月27日にそれぞれ稼働したことで一区切りとなった[55][56][57]。第二段階では1987年から1996年にかけてさらにLG-1フランス語版 (1,436 MW)LG-2-A (2,106 MW)ラフォージ1フランス語版 (878 MW)ラフォージ2フランス語版 (319 MW)ブリセーフランス語版 (469 MW)といった5基の発電所を複合体として建設した[58]

1980、1990年代[編集]

持続的な成長を遂げた20年間の後、1980年代終わりから1990年代にかけてハイドロ・ケベックは多数かつ困難な問題に直面した。新たに建設したジェームズ湾の発電所における水流での発電量が緩やかに増加していく中でハイドロ・ケベックは電力の「建設会社」から「売電会社」に変貌していった。1980年代初め、根本的なリストラや合理化を実行するためにガイ・コロンビーフランス語版英語版率いる新経営陣が組まれたが、社員に士気の低下や極度の緊張がもたらされた[59]

環境問題も顕在化するようになり、ニューイングランドへ電気を送るための新しい水力発電開発と直流高電圧線の敷設はクリー族や米加環境保護団体による反対運動に直面した。ニューイングランドに電気を送るためのジェームズ湾プロジェクトにおいてハイドロ・ケベックはケベック-ニューイングランド送電線英語版と称した全長1,200キロメートル (750 mi)、送電量2,000 MWの直流送電線を計画した。建設はデシャンボー=グロディーヌフランス語版ロトビニエールフランス語版間でセントローレンス川と交差する地点を除いて問題なく行われた。

地元住民からの強い反対に直面したハイドロ・ケベックは他の手段として川の真下に全長4 km (2.5 mi)のトンネル英語版を1億4400万カナダドルで敷設した[60]ことでプロジェクトの完遂が2年半遅れた。結局この送電線が完成したのは1992年10月15日の事だった[61][62]

グレートホエールプロジェクト[編集]

Two men rowing in a canoe.
1990年代初頭、北ケベックのクリー族はグレートホエールプロジェクトに猛反対した。

ハイドロ・ケベックとブラッサ政権は北ケベックにおいて次なる困難を回避することにかなり苦心していた。ロバート・ブラッサは9年ぶりに首相に再選出フランス語版、就任後間もなくジェームズ湾地域での新たな水力発電開発を発表。「グレートホエールプロジェクト」と命名され、126億カナダドルの予算をかけ合計3,160MWの発電量で年16.3TWh発電する3基の発電所を建設する開発で1998年か1999年に完成するとされていた[63]

しかし、この計画は論争を呼んだ。1973年と同様、クリー族はプロジェクトに反対し、ケベック州とカナダで建設差し止めを求めてハイドロ・ケベックを提訴、さらに多くのアメリカ合衆国の州で電力の販売を阻止する運動を始めた[64][65]

1994年の議会選挙フランス語版から2ヶ月後、新首相のジャック・パリゾーフランス語版はケベック州での電力需要に合わないとしてグレートホエールプロジェクトの凍結を発表した[66]

自然災害による大規模停電[編集]

A flame erupts from red sphere.
1989年3月13日、太陽の爆発が原因でケベック州にて大規模停電が発生した。

同じ時期、ハイドロ・ケベックでは自然災害が主原因である送電網の顕著な障害が3度発生し、その度に対処を余儀なくされた。この障害は電力需要の高いケベック州南部と発電所との間の距離が長いというハイドロ・ケベックによる送電網がもつ深刻な弱点を浮き彫りにした[67]

1988年4月18日午前2時05分、チャーチル滝からマニクアガン地域間の送電を担う、コート・ノール地域にある重要な変電所の機器故障が原因でケベック州全域とニューイングランドニューブランズウィック州の一部地域で停電が発生した[68]。この停電は一部地域で8時間続いたが、アルノー変電所にある変電設備に氷が堆積していたことが原因だった[69]

一年近く経った1989年3月13日午前2時44分、大規模な磁気嵐地磁気に変動を引き起こし、送電網の遮断器が作動、ジェームズ湾ネットワークは約90秒の止まってしまい、前回から11ヶ月後に2度目の大規模停電が発生した[70]。停電は9時間続いたため[71]、ハイドロ・ケベックは地磁気誘導電流英語版を伴う危険性を軽減するプログラムの改善に力を入れるようになった[72]

1998年の着氷性暴風雨[編集]

1998年の北米着氷性暴風雨フランス語版は140万人のハイドロ・ケベック使用者に5週間の停電という影響を与えた。

1998年1月、5日間連続で発生した深刻な雨氷でハイドロ・ケベックの歴史上最も大規模な停電が発生した。氷の重みで南ケベックにある600キロメートル (370 mi)の高圧電線と3,000キロメートル (1,900 mi)以上の中圧、低圧電線が崩壊、最大140万人のハイドロ・ケベック使用者が5週間の停電という被害を受けた[73]

モントリオールが停電中、ハイドロ・ケベックのシンボルはそれでも点灯していた。モンテレジー地域の一部、モントリオール南部は停電被害が最悪だったため、地元メディアや住民から「暗闇の三角形(フランス語: Triangle noir)」と揶揄された。氷の量は数カ所で100 mm (4 in)を超えた[74]モントリオール島英語版ウタウエ地域も停電に見まわれ、多数のケベック住民が暖房に使用する電力に関して重大な懸念が示されるようになった。ハイドロ・ケベックは即時1万人以上の労働者を動員し、南ケベックにある送電網の大部分の再建に乗り出した[75]。今回の危機の絶頂となった1998年1月9日、モントリオール島へは単一の電線で供給されていた。そしてケベック州政府は市街地に飲料水を供給するために計画停電に頼らざるをえない悲惨な状況に追い込まれていた[75]

電気供給が完全に復旧したのは1998年2月7日のことだった。1998年におけるハイドロ・ケベックの嵐による被害額は7億2500万カナダドルで[73]、同じような災害への対策として今後数年間かけて電力系統を強化する予算に10億カナダドルを投じた[76]。しかし、一部の運転でモントリオール周辺のループを閉じるために735 kVが必要で、過去の環境アセスメント無しで危機の絶頂期の時に承認したため直ちに反対運動が発生した。イースタンタウンシップス住人は裁判所に送電線を承認する枢密院勅令を撤回するように求めた[77]。建設作業は議会フランス語版で着氷性暴風雨の直後に行われた作業を遡って承認する法案[78]を可決した後に再開されたが、プロジェクトの継続には公聴会の開催が必要とされた[77]。ハーテル=デス・カントン高圧電線の建設は2002年7月に承認され、翌年作業が行われた[79]

2000年代[編集]

シュホワ問題[編集]

増加する電力需要に応えるために新たな電力源を開発する方針によりグレートホエールプロジェクト中止後に策定した北ケベックでの新たな水力発電計画を一時凍結英語版した。2001年9月、ハイドロ・ケベックはモントリオール南西部のボーアルノアフランス語版にセントレール・デュ・シュホワ発電所という新規のコンバインドサイクルガスタービン発電所を建設することを発表、電力需要が差し迫っていて貯水池水循環が不足していることによる影響を抑えるために電力供給源を追加しなければいけない上[80]、発電所の費用対効果や2年の間で建設することを強調した[81]

しかし、この発表はカナダが京都議定書を批准したことにより仇となった。二酸化炭素を年推定2.25メガトン排出していることで、シュホワ発電所が実際に稼働するとCO2排出量がこの地域で3%増加すると予想された[82]。この計画は反発を招き、2004年1月に行われたケベック州住民の住民投票で反対が65%を占めた。結局2004年11月にジーン・チャレストフランス語版英語版首相は計画中止を発表した[83]

新たな水力発電開発[編集]

Map of the Eastmain watershed
ルパート川の水路はロバート・ブラッサ貯水池へ流れる川の自然流域(地図のオレンジ部分)の経路部になる。

1990年代の中断後、ハイドロ・ケベックは2000年代初期から開発を再開した。最近のプロジェクトには2004年のセイント=マルグリット第三発電所(SM-3,884 MW)、2005年のトゥルニュストゥック発電所(526 MW)、2007年のイーストメイン第一発電所 (480 MW)[84]、2008年のペリボンカ発電所 (385 MW)[85]、メルシエ発電所 (50.5 MW)、2009年のラピア=デ=コアー発電所 (76 MW)、シュート=アラード発電所 (62 MW)[86]がある。

2002年2月7日、ベルナード・ランドリーフランス語版首相とクリー族評議会会長のテッド・モーゼス英語版は北ケベックに新たな水力発電所を建設することで合意した。このクリー族・ケベック州政府間新関係尊重合意ジェームズ湾と北ケベック合意における、クリー族へ50年間で総額45億カナダドルを補償することや、野生動物と森林の特別な保護体制の確立、クリー族の労働者にこの地域で将来行われる建設で経済的なスピンオフの分前を得ることを補償するといったいくつかの既定を明確にしたものだった[87]

そしてその代わりにクリー族は1993年3月に政府が建設したイーストメイン第一発電所のようなこの地域での新たな建設に反対しないことや[88]ロバート=ブラッサ貯水池英語版に流れるルパート川の一部分水路において自然・社会環境の保護を定めた数ある規定を順守することを承認した[89]

最初の480 MW発電所の建設が開始されたのは2002年春で建設現場と80キロメートル (50 mi)離れたネミスコ変電所と道路で繋いだ。さらに発電所はイーストメイン川英語版の左岸に建てられたが幅890メートル (2,920 ft)、高さ70メートル (230 ft)のダムと33箇所の小規模ダム、放水設備を必要とした。イーストメイン第一発電所に備えられた3台の発電機は2007年春に稼働を開始、年間発電量は2.7 TWhである[90]。イーストメイン第一A発電所 (768 MW)とサルセル発電所 (125 MW)の2箇所の新規発電所はロバート=ブラッサ貯水池に流れるルパート川の一部分水路で2007年から2011年にかけて建設され2012年に完成した[91]

これらのプロジェクトはケベック州の2006–2015年版エネルギー戦略の一環である。この戦略では4,500 MWの新規水力発電を開発することを明記しており、その一環として2009年5月から建設が進められている1,550 MWのロメイン川英語版複合発電所[92]、4,000 MW規模の風力発電、電力輸出の増加、新たなエネルギー利用効率化英語版プログラムの実行が盛り込まれている[93]

2004年の水力発電タワーテロ[編集]

2004年、アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュがカナダを訪れた時、カナダ=アメリカ合衆国国境近くのイースタンタウンシップスにあるケベック-ニューイングランド送電線英語版の塔が爆破によって損傷した。CBCレジスタンス・インターナショナリスト英語版からのとされる声明を報じ、ラ・プレッセフランス語版紙やレ・ジャーナル・ド・モンレアルフランス語版英語版紙、CKACラジオも取り上げた。その声明ではアメリカ合衆国がケベック州の資源を略奪していることに抗議するために犯行に及んだと表明している[94][95]

沿海州への進出失敗[編集]

2009年10月29日、ニューブランズウィック州知事のショーン・グラハム英語版とケベック州首相のジーン・チャレスト英語版ニューブランズウィック・パワー英語版(NBパワー)が持つ資産のほとんどをハイドロ・ケベックに売却する了解覚書[96]に署名したが論争を招いた[97]。47億5千万カナダドルでニューブランズウィッククラウンコーポレーションが持つほとんどの発電、送電、配電に関連する資産をケベックユーティリティの子会社に譲渡する合意だったが、さらに企業向け電気料金をハイドロ・ケベック並に引き下げることや住宅、商業地域の料金も5年間据え置くことを規定していた[98]

しかし、この取引はニューブランズウィック州で大きな反発を招き[99]、2つの州では売却は原子力発電所と水力発電所に絞ることに変更した[100]。2回目の合意では、送電、配電に関する資産はニューブランズウィック州が保持し続け、NBパワーの一般使用者の電気料金を5年間据え置くためにハイドロ・ケベックとの長期間の買電契約英語版を締結することになった。しかし、企業向け電気料金の値下げ額は当初の了解覚書と比べて小さくなった[101]。さらに2回目の取引は反対運動の高まりによって失敗に終わり、2010年3月24日、グラハム知事はダムのセキュリティや水位などいくつかの側面の想定外なリスクとコストといったハイドロ・ケベックによる懸念が原因だと述べた[102]

企業構造と決算[編集]

企業構造[編集]

Map of Quebec showing the location of power stations and 450 kV and 735 kV power lines.
2008年時点のハイドロ・ケベックの発電所と主な送電網

北米の公共事業と同様、ハイドロ・ケベックは1990年代末にアメリカ合衆国における電力自由化を受けて再編成された。未だに垂直統合企業ながら、ハイドロ・ケベックは発電、送電、配電それぞれを扱う事業を子会社として独立させた。

送電部門であるトランスエナジー英語版米国連邦エネルギー規制委員会英語版が発した議事第888号を受ける形で最初に独立した子会社として1997年に設立された[103]。再編成はハイドロ・ケベックの「Act respecting the Régie de l'énergie」として改正された第116号法案が成立した2000年に完了した[104]

電力の「ヘリテージプール」(フランス語: volume patrimonial)の分離と創設はメリルリンチの調査による推奨が反映されルシアン・ブシャールフランス語版政権によって承認された。2000年1月のレポートは特に家庭向けに州全体で均一で安定した低価格を定めた「ケベック・ソーシャル・パクト」を維持しながら大陸的な傾向に合った電力市場における規制緩和の方法を模索することを目的に作成された[105]

2000年に発電部門をハイドロ・ケベック・プロダクションに、配電部門をハイドロ・ケベック・ディストリビューションに譲渡、年間のヘリテージプール165 TWhまで に、損失に備えた13.9 TWhや保証最大発電量34,342 MW[106]を含む補助的なサービスを加えたエネルギーのヘリテージプールを年間165 TWhまで引き上げ、kWhあたり2.79カナダドルで提供することが議会で承認された。また、議会での議事第1277-2001号では11,420から34,342 MWに修正する時に1時間あたり8,760 MW引き上げることを定めている[107]

ハイドロ・ケベック・ディストリビューションは必要とする電力とエネルギーの残り(2007年は約8.2 TWh[108])を買う必要があり、ハイドロ・ケベック・プロダクションや風力、火力、小規模水力といった特定のエネルギー源を持つ発電会社といった全ての供給元を対象とした入札を行い長期契約を結んでいる[109]。例として、ハイドロ・ケベック・ディストリビューションは2003年と2005年に1,000と2,000 MWの風力発電に関する入札を行った。初期の納入は2006年に始まり、23基の風力発電を2015年12月までに完成させなければならない契約になっている[110]

トランスエナジーと配電部門はケベックエネルギー委員会(Régie de l'énergie du Québec)というサービスコストのアプローチに基づく州内の家庭、商業、工場向け電力と天然ガスの料金を設定するための行政裁判所で規制されている。この委員会はまた、全ての送電網や1000万カナダドルを超える設備投資計画の承認権限、サービスと長期供給契約の条件承認、顧客からの苦情対応、電力系統の標準的な安全性と信頼性の設定と実施といった拡張された権限も有している[111]

発電部門であるハイドロ・ケベック・プロダクションは委員会による規制を受けていない。しかし、未だに常に新たな建設計画の承認には大規模な環境調査結果の公表を含む完全な環境負荷プロセスが必要となる。調査結果の公表に続いて「Bureau d'audiences publiques sur l'environnement」が公聴会を開催する。

ハイドロ・ケベックの従業員数は2009年時点で23,659人[112]でこのうち技術者が2,060人でケベック州の企業で最多の技術者を抱えている[113]


決算[編集]

2002年から2011年までの財務実績(12月31日時点)
100万カナダドル[114][115][116]
2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002
売上高[note 2] 12,392 12,484 12,217 12,646 12,442 11,162 10,887 10,341 10,197 13,002
純利益[note 2] 2,611 2,515 2,871 3,015 2,798 3,637 2,252 2,435 1,938 1,526
配当金 1,958 1,886 2,168 2,252 2,095 2,342 1,126 1,350 965 763
総資産[note 2] 69,637 65,809 64,918 62,850 61,107 59,698 60,431 58,072 57,823 59,078
長期借入金 42,050 38,660 37,943 36,415 34,534 34,427 33,007 33,401 35,550 36,699
純資産[note 2] 18,834 18,566 18,419 18,250 17,206 15,264 17,376 16,220 15,128 14,208

終了年度にあたる2011年12月31日、ハイドロ・ケベックは輸出市場において低価格な電気料金やカナダドル高にも関わらず2010年より3.8%高い26億1100万カナダドルの純利益を計上した。売上高は12億3920万カナダドルと3.8%下げ、経費は2010年と比べて2010年から1億5900万カナダドル下げて72億8400万カナダドルだった。主要因として電力と燃料の短期的な購入額が下がったのとケベック州で資本税が廃止されたことによるとされる[117]

総資産額は696億3700万カナダドルでそのうり有形資産は569億100万カナダドルとなっている。2011年の長期借入金は42億500万カナダドルで、資本比率の31.0%と公表されている[118]。ハイドロ・ケベックによって発行された債券はケベック州政府によって支えられている。2011年12月31日、ハイドロ・ケベックの長期英語版証券ムーディーズはAa2(安定)、フィッチはAA-(ポジティブ)、スタンダード&プアーズはA+に格付けられた[119]

2011年、ハイドロ・ケベックは19億5800万カナダドルの配当を唯一の株主であるケベック州政府フランス語版に支払った[117]。2007年から2011年までの総配当額は103億5800万カナダドルに上る[120]

民営化議論[編集]

Montreal skyline at night with the Hydro-Québec Building in the center.
ハイドロ・ケベックビルディング英語版はモントリオールのダウンタウンにあるランドマークである。

1981年、ケベック党政府は1944年の「社会的協定」の規約を変更することでハイドロ・ケベックの使命を再定義した。政府は自身が持つ43,741,090株の価値を各100カナダドルにし[121]、改正法でハイドロ・ケベックは配当として純利益の75%を現在支払うことにした[122]。この改正法「ハイドロ・ケベック法」をきっかけにハイドロ・ケベックを完全、もしくは一部を民営化するべきかどうかの議論が始まった。近年ではモントリオール・エコノミック・インスティテュートという保守的なシンクタンクの関係者であるエコノミストのマーセル・ボイヤーや実業家のクロード・ガルシアは度々この問題を提起し、民営化するほうがよりよい経営ができることや売却による収入で公債を減らせると主張している[123][124]

他にもケベック民主行動党英語版党首のマリオ・デュモン英語版2008年の選挙運動フランス語版で簡単ながらハイドロ・ケベックの少数株を売却できる可能性について議論を交わした[125]レガー・マーケティング英語版が2008年11月に行った調査でケベック州での回答者の半数(53%)が企業の株式英語版のうち7.5%をケベック州住人や企業に売却する提案に反対だったが38%は賛成だった[126]

かつてケベック党党首だったジャック・パリゾーはガイ・レパージフランス語版トーク番組でこの問題に触れ、売却は市民の支持を得ていない上、ハイドロ・ケベック自体ケベックのサクセスストーリーや誇りと見なしていると述べている[127]。過去の様々な民営化提案が一般市民に多少注目された理由としてリベラルな州政府は繰り返しハイドロ・ケベックを売るつもりはないとしていたためとされている[128]

多くの他のエコノミストのように[129][130]HECモントリオール英語版ビジネススクールのイヴァン・アライアも民営化に頼ること無く政府の年間配当額を増やすためには電力料金値上げが有効と主張している[131]。その他、サグネにあるレ・クオティディエンフランス語版のバートランド・トレンブリーは 民営化はケベック州の天然資源が外国人に非常に安い値段で大量に売られてしまう状況に陥ってしまうと主張している。長い間トレンブリーは「ケベック州はほぼ森林・水資源を渡してしまうバナナ共和国になっている徴候があった。さらにこれらの外国人の私利私欲は地元のハゲタカとつるんで天然資源開発と共に我々の仕事を奪っていった。」と記述している[132]

ケベック大学モントリオール校のレオ=ポール・ロウゾンやガブリエル・セイント=マリーといった左翼系の教職員は、民営化は高い料金を払っている家庭向け使用者が犠牲になる上、住民と政府との社会的協定を裏切ることになり、州は最低限の短期的な利益のために選んだ資産を譲渡することによる空売りをしていることになると主張している[133][134]

事業[編集]

発電[編集]

A large concrete dam with multiple arches
マニクアガン川英語版にあるダニエル=ジョンソンダムにはマニック第5水力発電所がある
A diagram showing the source of the electricity supply. Hydroelectric power account for 92.33%, followed by Thermal (3.63%), Nuclear (2.97%) and Others (1.07%).
ハイドロ・ケベックの動力源別発電量(2007年)[135]

2011年12月31日時点でハイドロ・ケベック・プロダクションは59箇所の水力発電所(このうち12箇所は1,000 MW以上の発電能力を持つ)と26箇所の貯水池と原子力発電所を1箇所管理運営しており、ケベック州のセントローレンス川ベルシミ川英語版ラグランデ川フランス語版マニクアガン川英語版オタワ川ウタルド川英語版セントモーリス川フランス語版を含む430箇所ある流域のうち13箇所にある[136]。これらの発電所で発電、販売する電力の大部分を担っている。

水力発電以外の発電所として総ベース負荷英語版675 MWのジェンティリー原子力発電所フランス語版があるがCANDU炉は2012年12月28日で運転を終了[137]、660 MWのトレーシー汽力発電所フランス語版でも重油火力炉が2011年3月に運転を終了しているが[138]2基のガスタービンピーカー発電炉英語版は2011年時点で36,971 MWの発電量となっている[139]。ハイドロ・ケベックの平均発電コストは2011年時点で1kWhあたり2.11セントである[140]

また、ラブラドールにある5,428MWの出力を誇るチャーチル滝発電所から発電される電力を買っており、2041年までの長期契約を結んでいる[141]。2009年、ハイドロ・ケベックはベー=コモーフランス語版近くのマニクアガン川河口にあるマコーミック発電所英語版の権利60%を6億1600万カナダドルでアビティビボウォーター英語版から買収した[142]

ハイドロ・ケベック・プロダクションが持つ主な発電所(2011年現在)[139][note 3]
発電所 河川 総発電量 (MW)
ロバート・ブラッサ英語版 ラグランデ川 5,616
ラグランデ4英語版 ラグランデ川 2,779
ラグランデ3英語版 ラグランデ川 2,417
ラグランデ2A英語版 ラグランデ川 2,106
ボーアルノア英語版 セイントローレンス川 1,906
マニック5英語版 マニクアガン川 1,596
ラグランデ1英語版 ラグランデ川 1,436
レネ=レベックフランス語版 マニクアガン川 1,244
ベルシミ1英語版 ベルシミ川 1,178
ジーン=ルサージ英語版 マニクアガン川 1,145
Manic-5-PA マニクアガン川 1,064
ウタルド3英語版 ウタルド川 1,026
その他(水力47箇所、原子力1箇所、汽力3箇所) 13,302

2010年時点でハイドロ・ケベックが顧客に販売している電力の供給源は主に水力によるものである(94.22%)。二酸化炭素(13,635トン/TWh)、二酸化硫黄(24トン/TWh)、窒素酸化物(23トン/TWh)の排出量は北米東北部の産業平均値より30倍から38倍低い量である。近隣市場から輸入している電力はこれらの排出のほとんど全ての責任を伴っている[135]

送電[編集]

Power lines reach a hub in a densely forested area. A road going downhill leads to a forest of metal pylons.
ケベック州のノースショアにあるミコウア変電所は5箇所の水力発電所から来る315 kVの電力を735 kVに変電している。このトランスエナジーの施設は距離11,422キロメートル (7,097 mi)に及ぶ735 kV送電網におけるメインノードの1つである。

長距離に及ぶ非常に高電圧な送電網を構築し管理しているハイドロ・ケベックの専門的技術は電力業界で長い間認識されており[143][144]、ハイドロ・ケベックの送電部門であるトランスエナジーは北米最大の送電網を管理している。北米電力信頼度協議会英語版のシステムのケベック・インターコネクションフランス語版において独立したシステム管理や信頼出来る調整役として北東域電力調整評議会英語版の一翼を担っている。トランスエナジーはケベック州での電力の流れを管理し、卸売市場全参加者に差別なくアクセスできるように保証している[145]。この差別の無いアクセスポリシーは例としてナルカー英語版が送電料を払った上でトランスエナジーの送電網を使ってニューヨーク州のオープン市場でチャーチル滝で発電された電力の一部を販売することを可能としている[146][147]

近年、トランスエナジーの「Contrôle des mouvements d'énergie」 (CMÉ)というシステム制御ユニットがRégie de l'énergie du Québecとアメリカ合衆国の米国連邦エネルギー規制委員会英語版による米加二国間協定の下、ケベック州全体の一括送電網における信頼出来るコーディネーターとして機能している[148]

トランスエナジーの高電圧網は33,630 km (20,900 mi)以上に及んでおり、11,422 km (7,097 mi)の765、735 kV送電線や514箇所の変電所のネットワークが含まれていて[149]、10,850 MWの最大受電容量[note 4]と7,994 MWの最大送電容量で隣接するカナダの州やアメリカ合衆国を17箇所で接続している[150]

インターコネクション[編集]

A yellow-tinted room with wires and other metallic structures.
ランジュ=ガルディアン英語版にあるウタウエ変電所の1,250 MWバック・トゥ・バック直流送電地点はオンタリオ州のハイドロ・ワン英語版の送電網を使ってケベック州の配電網を繋いでいる。

トランスエナジーの送電網はイースタン・インターコネクション英語版において隣接地域のとは同期せずに動作している。ケベック州は北米の他地域と同じ60ヘルツの周波数だが、送電網は周囲の送電網と同じ位相を使用しているわけではない[151]。そしてトランスエナジーは他地域と電力を輸出入するためとして主にバック・トゥ・バックの直流送電変電器に依存している。

ケベック州の送電網にあるこの機能は2003年8月14日に北米で停電があった間でもオタワ川にある5箇所の水力発電所は例外的に運転され、オンタリオ州の送電網へ放射的に繋がっていたためハイドロ・ケベック自体には損害がないままだった[152]。新しい1250 MWのバック・トゥ・バックの直流送電地点はオンタリオ州州境近くのランジュ=ガルディアン英語版にあるウタウエ変電所で稼働した。新しいインターコネクションも2009年より稼働を開始し、2010年からは315 kV電線も完全稼働している[151]

トランスエナジー送電網の欠点の1つとされているのが発電所と主要電力消費地がかなり離れている点である。例としてラディソンフランス語版変電所はジェームズ湾プロジェクトの発電所とセイントローレンスの南にあるサン=トゥラリ英語版近くのニコレット変電所を繋いでいるが距離は1,200キロメートル (750 mi)以上ある[153]

投資[編集]

2011年、トランスエナジーは送電網拡張に投入する4億6000万カナダドルを含む13億カナダドルを資本支出として設備投資した[154]

オンタリオ州での新たな地点に加えて、ケベック州イースタンタウンシップスウィンザー英語版にあるデカントン変電所とニューハンプシャー州ディアフィールド英語版とを繋ぐ新しい1200 MWの直流送電線とニューハンプシャー州フランクリンに直流送電変換ターミナルを建設する計画を立てた[155]。アメリカ合衆国側はノースウェスト・ユーティリティーズ英語版 (75%)とNSTAR (25%)が共同出資したノーザン・パス・トランスミッション社が11億USドル[156]をかけて建設することになった[157]。計画を進めるために、プロジェクトはケベック州とアメリカ合衆国の規制当局から承認を受けなければならず、今回の計画されている送電網が稼働するのは2015年を予定している[158]。ノースウェスト・ユーティリティーズ幹部のジム・ロッブによれば、ニューイングランドでは水力発電のみを介する新しい電力線で地域温室効果ガスイニシアチブ英語版の3分の1を満たすことができるとしている[159]

配電[編集]

A man with a hard hat helps a machinery operator lower a transformer to an underground pit in a residential neighborhood. The roads and cars are covered with snow.
ハイドロ・ケベックの作業員によるモントリオールでの地下変圧器交換作業

ハイドロ・ケベック・ディストリビューションはケベック州の電気販売においてほとんどの電気使用者を抱えており、112,089キロメートル (69,649 mi)の中圧・低圧 (en送電網を管理している[160]。さらにアルマフランス語版アモス英語版ベイ=コモーフランス語版コアティクックフランス語版ジョリエットフランス語版マゴグサグネシェルブルックウエストマウントといった9つの自治体やセント=ジーン=バプティスト・ド・ルーヴィルフランス語版の電気協同組合を除いて州内唯一の電力共有者となっている[161]

また、ハイドロ・ケベック・プロダクションが提供する165 TWhのヘリテージプールで発電される電力のほとんどを2.79¢/kWhの価格で購入するだけでなく追加の電力は通常、一般募集入札を経て長期契約を締結することで購入している。短期的な需要に応じて近隣の発電システムからの電力を市場価格で購入することもある。さらに最終手段としてハイドロ・ケベック・プロダクションは短期的救援を提供することも可能である[115]。ヘリテージプールからの供給契約はRégie de l'énergie du Québecの承認を得なければならず、それに伴うコストは電気使用者に上乗せされる。

2003年に民間部門の発電事業者と、天然ガスコージェネレーション507 MWの合意に、2004、5年に3件の森林バイオマス発電取引 (47.5 MW)、2005年と2008年に風力発電に関する10件の契約を、2002年にハイドロ・ケベック・プロダクションと600 MWのフレキシブルな契約2件を締結した[162]

ハイドロ・ケベック・ディストリビューションはまた、主要電力網に繋がっていないリモートコミュニティでの発電も手がけていて、バース=コート=ノール英語版の地域社会に電力を提供するための送電網外の水力発電ダムやマドレーヌ諸島モリシー地域ヌナビクにて小規模のディーゼル発電所を23箇所運営している。

他の事業[編集]

研究開発[編集]

A demonstration car with an electric engine is shown as an exhibit.
ハイドロ・ケベックが開発したTM4電気エンジン
A small curved car at an automobile show.
モントリオール国際モーターショー英語版にて展示されたハイドロ・ケベック仕様の三菱・i-MiEV

ハイドロ・ケベックは過去40年間にわたって研究開発にも多額の投資を行なっている。大学による研究への投資に加えて、同社はハイドロ・ケベック研究所フランス語版(IREQ)という大規模な研究所を抱える北米で唯一の電力ユーティリティとなっている。1967年にライオネル・ボウレットフランス語版が設立、モントリオールリヴ・シュッドフランス語版郊外であるヴァレンヌフランス語版に位置している[163]。IREQは年間推計1億カナダドルの研究予算[164]で運営されていて、高圧電流、力学、熱機械力学、ネットワークシミュレーション、キャリブレーションに特化している[165]

科学者や技術者によって行われるIREQでの研究はダム寿命の延長、発電用水車の性能向上、送電網管理の自動化、高圧電線の送電量増加に貢献している[166]

シャウィニガンには別の研究施設として1988年に設立された[167]Laboratoire des technologies de l'énergie (LTE)は事業者顧客のエネルギー効率改善に貢献するために順応させた新製品を開発している[168]

過去20年に渡り研究所は地上輸送の電化に向けた研究開発を行なってきた。現在のプロジェクトにはリン酸鉄リチウム英語版やナノチタネートの革新的な活用を含む電池の材料[169]電力系統において電気自動車の大規模展開に貢献できる電気ドライブトレイン英語版の性能向上がある[170]。そして走行距離の延長や寒冷地での性能向上、充電時間の短縮にも力を入れている[171]

しかし、ハイドロ・ケベックは自身が生み出したいくつかの技術革新が生かされなかったことで批判されている。その1つにケベック州住民の共感を集めた電気ホイールモーターのコンセプトがあり[172]、1994年にIREQ所属の物理学者であるピエール・クチュールが初代試作機を製作した[173][174]。このクチュールによるホイールモーターの後継機は1998年に独立の形で設立した[175]TM4エレクトロダイナミック・システムズ英語版が現在売り込んでいて、フランスのダッソーフランス語版ユーリエが電気自動車を開発するために取引しており2006年にクリーンノヴァ英語版の試作車が製作された[176]。2009年初頭、ハイドロ・ケベックはモントリオール国際モーターショー英語版にて自社開発エンジンがタタ・モーターズに採用、インディカのデモ車に搭載されノルウェーでテスト走行が行われることを発表した[177][178]

建設[編集]

ハイドロ・ケベック・エクイップメントという部門はジェームズ・ベイ・エナジー英語版という子会社が手がけているジェームズ湾と北ケベック合意英語版に基づく地域での現場を除く主な建設現場を手がける主要建設業者である。

ロメーヌ川で4基の水力発電所で構成される複合施設(1,550 MW)の建設は2009年5月13日に始まり[179]、2014年から2020年の間に完成、運転開始が予定されている[180]

2009年3月、ケベック州首相のジャン・シャレ英語版が自身の就任演説にて、州内の水力発電発展を推し進めることを発表した[181]。ハイドロ・ケベックでも2009年7月30日に公開した2009年-2013年戦略計画で水力や他の再生可能エネルギーによる発電のさらなる発展を訴えており、具体的にはジーン=ルサージ発電所 (120 MW)とレネ=レベック発電所 (210 MW)、SM-3プラントの3号機 (440 MW)の発電容量を増加することとなっている。また、コート=ノール地域にあるプチ=メカティナ (1,200 MW)とマグパイ (850 MW)、ケベック州西部のアビティビ・テミスカマング地域にあるタバレット発電所 (132 MW)の再稼働に向けて技術と環境に関する調査研究と地元住民との協議を実行するとしている[182]

海外事業[編集]

ハイドロ・ケベックの海外事業は1978年から始まった。自社が持つ配電、発電、送電のノウハウを売り込むためにハイドロ・ケベック・インターナショナルという新たな子会社を設立、既に豊富な専門知識を活用することにしている[183]

25年間にわたってハイドロ・ケベックは海外の送電網と発電に投資しており、チリのトランセレク[184]、アメリカ合衆国のクロス・サウンド・ケーブル英語版[144]ペルーのコンソールシオ・トランスマンタロ、コスタリカのハイデロエレクトリカ・リオ・ラジャス、オーストラリアマレーリンク英語版パナマフォルトゥーナ発電所英語版といった実績を挙げている[185]

1999年、セネガル政府が同国の電力会社であるセネレック(SENELEC)をフランスにあるスエズの子会社であるエルヨ(Elyo)による合弁企業に一部の株式を売却する決定を下した時にハイドロ・ケベック・インターナショナルはセネレックの株17%を取得する予定だったが[186]、2000年、この取引はアブドゥライ・ワッド大統領の選挙によって中止となった[187]

また同じ1999年にハイドロ・ケベック・インターナショナルは中華人民共和国のメイヤ・パワー・カンパニーの株20%を8300万カナダドルで取得[186]、2004年6月まで所有していた[188]。ハイドロ・ケベックが持つ専門知識は世界中の数ある水力発電開発企業からの需要を得ていて、三峡ダムではハイドロ・ケベックの社員が経営、金融、ダムに関して中国人技術者に指導を行った[189]

しかし、ハイドロ・ケベックは2003年から2006年にかけて段階的に海外事業から撤退、利益改善のため全ての対外投資を売却した。これらの売却で得られた収入はケベック州政府によるジェネレーションズ・ファンドという次世代負う公的債務の負担を軽くするために州政府が設立した信託基金に支払われた[190]

環境問題[編集]

A fish.
ロバート=ブラッサ貯水池英語版においてノーザンパイクは貯水池で洪水が発生する前以上に現在個体数が増加しているが、一方ウォールアイの個体数は減少で釣り合っている形となっている[191]

発電、送電、配電施設の建設や管理による環境への影響やハイドロ・ケベックの活動も例外ではなく、水力発電開発において施設を建設する時に現場地域の環境や地元住民に影響を与える。例として、新たな貯水池の開発は食物連鎖を乱し湖や川の水銀濃度を上げてしまうという[192]。これにより一時的に貯水池からの温室効果ガス排出が増加し[193]、汀線の侵食を進めてしまう。

加えて、水力発電所は人間の住環境にも変化をもたらしており、航行への新たな障害、伝統的な狩猟場所での洪水、一部の魚類で水銀濃度が上昇したことによる食生活の強制的な変化、影響を受ける地域において歴史を辿れる貴重な遺跡の破壊、発電所近くに居住する原住民の社会や文化の混乱といった諸問題が生じている。

1970年代よりハイドロ・ケベックは事業の環境外部性を認識している。1972年にケベック州が環境保護を定めた法律を制定したことで、1973年、ジャック=カルティエ川英語版の渓谷に揚水発電所を建設する計画であるチャンピグニー計画を中止、1975年にジェームズ湾に関する交渉の末ジェームズ湾と北ケベック合意英語版が交わされ、事業の見直しを余儀なくされた[194]

環境問題への対処として、ハイドロ・ケベックは1970年に環境保護委員会を、1973年9月に環境管理部を設置した[195]。科学者との協力で研究プロジェクトの推進を交えて同社が環境に与える影響の研究や測定、影響評価準備、新規及び既存施設の緩和戦略策定を業務としている。

自然環境への影響[編集]

A herd of Cariboo crossing a remote river.
北ケベックにある主要な貯水池において1970年から2000年にかけてトナカイの個体数が増加している[196]

1970年代終わり、ハイドロ・ケベックはジェームズ湾プロジェクトの影響を測定するための観測地点を27箇所設けることで[197]北部の環境に関するデータを大量に得られている。ジェームズ湾地域での30年に渡る研究の結果、貯水池の洪水が発生して最初の5年から10年後に魚の水銀濃度が3から6倍に増加したことが分かったが、20年から30年後にかけて徐々に初期値に戻ることが分かった。この結果はカナダ、アメリカ合衆国、フィンランドといった他の場所でも実施された同様の研究でも確認されている[196]。この研究はまた魚が人々の主食となっている場合でも水銀が人々に与える影響を軽減する事が可能であることや特定の魚類や釣り場所を避ければ魚の消費量を減らすこと無く水銀の影響を抑えられることが判明した[196]

しかし、この事実にもかかわらず、生物の陸生環境から水性環境への転換は大きな変化となっているだけでなく、洪水が移動性でない動物の追放同然の移動や死を招いたり、洪水によって失われた水辺の環境は一部で流量が減少したことで新たに露出した川岸に置き換わっている。貯水池の島における生物多様性は地域や貯水池の水位低下英語版場所にある他の島に匹敵するほど数種類の野生生物がいる。トナカイのような興味を集める移動性動物の個体数は狩猟が行われている場所で増加している[198]

温室効果ガスの排出量も貯水池の湛水後数年間で大幅に上昇するが、10年後周辺の湖沼と同じ量に安定する[193]。ジェームズ湾地域の貯水池における温室効果ガス総排出量は1TWhの発電ごとで3万トンの二酸化炭素と同等とされる[199]。ハイドロ・ケベックは自社の水力発電所が排出する温室効果ガスの量はガス火力発電所より35倍、石炭火力発電所より70倍少なく、自社発電所は最高の性能を持つオプションで構成されていると主張している[193]

社会的影響と持続可能な開発[編集]

A road sign welcoming people to Chisasibi.
全クリー族コミュニティの中でチサシビ英語版はジェームズ湾における水力発電開発の影響を最も受け[196]、フォート・ジョージ島に住んでいたクリー族は1980年から81年にかけてラグランデ川の左岸にある新たな村に移住した。

もう一つの主要な環境問題は水力発電開発の影響を受けた地元住民、特にコート=ノールのインヌ人英語版や北ケベックのクリーイヌイットとの問題である。20世紀最後の四半期に行われた水力発電開発は1950年代から始まった先住民との解決プロセスを加速させるものだった。 先住民が定住型生活を取ることが増えた原因は先住民によるビジネスの成立、有給労働の導入、新たな貯水池が原因である伝統的な狩猟や釣り場所の水害、そしてジェームズ湾と北ケベック合意に基づいたコミュニティ自身による社会や教育サービスの運営によるものである[198]

いくつかの先住民のコミュニティ、特にクリー族は「ますます南部の工業化社会に似てきた」という見方をしているが、ハイドロ・ケベックによる1970年から2000年の間でのこの地域における研究をまとめた報告書でも指摘されている。さらにこの報告書では、同様の現象は北カナダとスカンジナビアでの孤立したコミュニティ近くに道路や水力発電所が建設された後にも見られたとしている。しかし、1990年代、大規模な建設プロジェクトが終わったことで社会問題の深刻化や仕事が無い人々の増加が浮き彫りになった。この報告書ではまた、この地域における将来の経済と社会の発展に関して「様々な人々による協働作業によるやる気に強く依存される」と結論付けている[198]。シュホワプロジェクトへの強い反発で2004年11月に中止が決定した後、新しいCEOであるシェリー・ヴァンダルの下、ハイドロ・ケベックはエネルギー効率、水力発電、代替エネルギー開発といった自社の責務を再主張した[200]。それ以降、ハイドロ・ケベックは定期的に自社が行う新たな水力発電開発において3つの基準を強調している。その3つの基準とは、プロジェクトは費用対効果を実現しなければならないこと、環境に許容的であること、地元住民の好感を得なければいけないことである[115]。ハイドロ・ケベックはまた1980年代終わりより持続可能な開発を重視し、経済発展、社会的発展、環境保護の3つの原則を基にしている[201]。2007年より持続可能性的行動情報の収集と公表を担うGlobal Reporting Initiativeに準拠している[202]。そして、環境分野の専門家や管理職を250人雇用し、ISO 14001認証環境管理システムを実装している[203]

電気料金と電気使用者[編集]

ケベック州[編集]

2010年と2011年それぞれの12月31日の営業統計[204]
電気使用者数 ケベック州での電気販売量 (GWh) 収益 (C$M) 平均年間消費量 (kWh)
2011 2010 2011 2010 2011 2010 2011 2010
家庭と農場 3,746,397 3,698,169 62,748 59,534 4,536 4,302 16,857 16,205
商業と団体 291,212 300,163 33,569 33,865 2,599 2,648 113,529 113,347
企業 18,573 9,589 67,621 68,439 3,262 3,185 4,802,287 7,049,027
その他 4,013 3,868 6,028 7,647 323 371 1,529,755 2,033,506
総計 4,060,195 4,011,789 169,966 169,495 10,720 10,506
Graph showing the evolution of inflation and Hydro-Québec rates. Inflation raised more rapidly than Hydro-Québec's residential rate between 1998 and 2011.
1998年から2011年までのハイドロ・ケベックの住宅向け電気料金(青緑色)とケベック州の消費者物価指数(紺色)の上昇。

2010年終わりの時点で、ハイドロ・ケベックには406万195人の顧客がおり[204]、家庭と農場(D料金)、商業と団体(G料金)、企業(M及びL料金)と3つにグループ分けされる。その他区分には公共照明システムや自治体流通システムが含まれる。

この数ある電気料金は毎年公聴会の後に「Régie de l'énergie」で決められる。値段は供給、送電のコストや固定資産の減価償却費、施設の保全、顧客の成長率、利益率に関する規定を含む配電コストが基になっている。

ブロック内で異なる全ての料金はケベック州中で均一であり、顧客の種類と消費量に基づいている。全て料金は住宅、商業、企業顧客間の相互補助効果を軽減している。

ハイドロ・ケベックの商業料金は北米で最も安い[205]。料金据え置きは1998年5月1日から2004年1月1日まで5年間で[206]、2004年から2010年の間「Régie」は値上げを8回行った。総計18.4%にのぼる[207]。一方で2011年に0.4%、2012年に0.5%と調整の意味合いで連続して値下げを行った。2010年のケベック州予算にてヘリテージプール電力の緩やかに増加することを受けて2014年から2018年にかけて料金は3.7%上昇すると予想されている[208]

家庭使用者[編集]

Electronic thermostat showing a temperature of 22°C.
ハイドロ・ケベックによれば、家庭使用者による電力使用の半数以上が電気暖房器の使用だという。

家庭や農業使用者の平均電力消費は比較的高く2011年で年16,857 kWhとなっている[204]、これは主な空気 (77%)や (90%)の温めるのに電力が幅広く使われているためである[209]。ハイドロ・ケベックは電気暖房器の使用が家庭での電力需要の半分以上を占めていると推測している[210]

電気暖房器の優先使用は電力需要予測を難しくしているが、環境的利点もいくつか生じている。ケベック州の冬は厳しいにも関わらず、家庭使用での温室効果ガス排出量は2006年時点で全排出量の5.5%(推定4.65メガトン CO2)に抑えられており、1990年から2006年にかけてのケベック州における家庭使用での排出量も30%減少している[211]

電気の家庭利用は年ごとに変動し、気象にも強く関係英語版している。隣接電力網の常識に反して、ハイドロ・ケベックの電力需要がピーク英語版に達するのは冬である[212]。過去の記録では2011年1月24日に37,717 MW、2009年1月16日に37,230 MW[213][214]、2004年1月15日にはピークとして36,268 MWを記録した[215]

An old, 1960-style power meter.
ハイドロ・ケベックの電力量計

家庭と農業の電気料金には毎日の加入料が含まれ、消費電力量に応じて値段が2段階となっている。料金は発電、送電、配電のコストが含まれ、物品サービス税英語版ケベック州消費税英語版も課せられている[216]。2012年4月1日時点で、使用者は最初の30日は1kWhあたり5.32¢であるが、それ以外は1kWhあたり7.51¢となっている[217]。2008年時点で家庭使用者の平均月額は約100カナダドルである[218]

電力量計の読み取りは通常隔月だが、請求も隔月である。しかし、同社が提供している「イコライズ・ペイメント・プラン」では家庭使用者は現住所での過去の電気使用傾向とその場所の平均気温に基いて12ヶ月の分割払いで年間電気使用量を払うことができる[219]

2007年、ハイドロ・ケベックはカナダ政府の主導による自治体中のスマートメーター導入から撤退することにした。同社は「電気料金を低く抑えるためにはコストが掛かり過ぎる」と述べている[220]。その後、ハイドロ・ケベックは2年間かけたパイロットプロジェクトとして4都市2000人の使用者向けに使用時間測定英語版を始めた。「Régie de l'énergie」がまとめた報告によれば2010年夏において、冬での3段階価格を伴う限界費用の価格設定の影響でエネルギーの節約になると結論づけた[221]。同社は2011年から2017年にかけてAdvanced Metering Infrastructure (AMI)を段階的に導入する予定だという。まず初めにメーターのデータ転送、接続・切断や停電の検出と電気窃盗を抑えることに力を入れるとしている[222]

企業顧客[編集]

A large aluminium smelter.
サグネにあるリオ・ティント・アルキャンのラテリエール精錬所。大規模な企業顧客、時に冶金や紙パルプ企業がケベック州における電気売却先の40.6%を占める。

1世紀以上にわたって、ケベック州における産業発展は豊富な水力資源によって支えられている。資源の主要な消費元が紙パルプやアルミニウム生産であり、ケベック州における伝統的な産業となっている。2010年、企業はハイドロ・ケベックから68.4 TWhの電気を購入しており、同社が州内で売っている全電力量の40.4%を占めている[223]

A large paper mill.
ラ・トゥーク英語版にあるスムールフィット=ストーン社の製紙工場

ケベック州政府は新たなビジネスを誘致し既存のビジネスと融合させるために電気料金を低く押さえている。電気を求める人が出てくる度に売らなければいけない法的義務があるのにも関わらず、ケベック州では1974年よりケースバイケースで企業に大規模な負荷配分を留保する権利を付与している。1987年から2006年までのしきい値は175 MW[224]、2006年から2015年までのエネルギー戦略では50 MWに設定している[225]

大規模な企業顧客は家庭、商業資料者より低い電気料金を払っているが、配電コストがより小さいためである。2010年での最も大規模な企業顧客やL料金顧客が払った料金の平均は4.66¢/kWhだが、特別な契約を結んだ企業は3.07¢/kWhだった[226]

1987年、ハイドロ・ケベックとケベック州政府は大手アルミニウム企業であるアルキャンアルコアとの一連の問題のある取引に関して合意を結んだ。これらのリスク分担契約は世界のアルミニウム価格やカナダドルの価値といった一連の要因に基いて電気料金を設定するものとなっている[227]。これらの合意は段階的に公表レートに基づいたものに置き換えるとしている。

2007年5月10日、ケベック州政府はアルキャンとの合意に署名した。この合意はリオ・ティント・グループとの合併に関わらず効力のあるもので、サグネとペリボンカの河川における水利権を更新するものである。交換条件としてアルキャンはケベック州の施設に投資し、雇用とモントリオールにある本社を維持することに合意した[228]

2008年12月19日、ハイドロ・ケベックはアルコアとも同じような合意を交わした。この合意は2040年まで有効で、州内のベイ・コモ英語版ベキャンクール英語版、デシャンボー=グロディーヌにあるアルコアが持つ3箇所のアルミニウム精錬所英語版への電力供給を維持したものになっている。加えて、この取引でアルコアがベー=コモー発電所の発電容量を11万トンに増加する現代化が出来るようになり、最終的に総計54万8千トンにするとしている[229]

ラヴァル大学英語版のジーン=トーマス・ベルナルドとジェラルド・ベランジャーを含む複数のエコノミストは政府の戦略に反する大手企業顧客への販売はケベック州経済にとって大きな負担だと主張している。2008年に出た記事では、研究者の推定によると現政権下において、ニューヨーク市場に余剰電力を売った時に得られるお金を考慮した時、アルミニウムの新精錬所や拡張プロジェクトでの仕事に伴う州のコストは年間で255,357カナダドルから729,653カナダドルの間とされる[230]

この問題は大規模な企業顧客によって論議されており、2000年から2006年までのデータによると電気の輸出量が増加すると輸出価格が下がるという逆の結果になっている点が指摘されている。「我々はより輸出することで数少ない有利な点を得られることを発見した」とケベック州の大規模企業顧客を代表する団体のトップであるリュック・ブーランジェは述べており、自身の意見の中で、変動性が高い電力市場や送電インフラの物理的限界は価格が高くなった時に輸出することで電気の量を減らしているとしている[231]

輸出市場[編集]

米加でのハイドロ・ケベックによる輸出と委託売買業務(2002年-2011年)[232][115][116][233]
2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002
輸出 (GWh)[note 5] 26,763 23,270 23,357 21,299 19,624 14,458 15,342 14,392 15,786 54,199
歳入 ($M) 1,399 1,513 1,506 1,919 1,617 1,149 1,464 1,084 1,345 3,467
平均歳入 ($/MWh) 52.27 65.02 63.93 90.10 82.40 79.47 95.42 75.32 85.20 63.97
Christmas tree near Boston's Quincy Market.
ボストンで使用される電気の一部ははるばるジェームズ湾地域のダムから送電されている。

ハイドロ・ケベックはニューイングランド、ニューヨーク、オンタリオ州におけるバルク電力市場英語版での長期の契約や取引の下、カナダやアメリカ合衆国の近隣システムに余剰電力を売っている。HQエナジーマーケティングとHQエナジーサービス(アメリカ合衆国)の2社の子会社がハイドロ・ケベックを代表して電気の取引に従事している。2010年の電気輸出売り上げは10億3400万ドルで取引量は23.3TWhだったが、同社によれば例外的に少ない取引量だったのにもかかわらず意外に多かったとしている。純輸出で10億3400万ドルの純利益に12.5 TWhの貯水池純ドローダウンとなった[234]

ほとんどの輸出販売は現在短期取引だが、ハイドロ・ケベックは以前より長期輸出契約を締結している。1990年、バーモント州にある配電企業13社と328 MW規模の取引に調印、ハイドロ・ケベックからの輸出は州内の全使用電力の28%を占めている[235]。2010年3月21日、バーモント州にある2つの最大規模の電力企業であるグリーンマウンテンパワーとセントラルバーモントパブリックサービスがハイドロ・ケベックより2012年から2038年まで26年間、225 MWの水力発電電力を購入する覚書を交わした。この覚書では市場価格の上昇からバーモント州の電気使用者を守るための価格の円滑化を実現するとしている。この契約は大型水力発電を「再生可能エネルギー」と定義することを条件としている[236]

再生可能エネルギー法のH.781[237]は両院で可決され2010年6月4日にバーモント州知事のジム・ダグラス英語版によって署名され成立した[238]

次の契約はフォーティス インコーポレイテッド英語版の子会社でオンタリオ州コーンウォール内2万3千人の電気使用者を擁するコーンウォール・エレクトリックと交わされたが2008年に更新され2019年まで有効となった[239]

ハイドロ・ケベックは電気輸出に関して複数の強みを持っており、まず初めに水力発電に燃料が要らないためコストは化石燃料の値段の変動に左右されないこと、次に同社には需要と供給を合わせるための多くの柔軟性があり、日中は高い価格で電力を販売し、卸売価格が下がった時に自身の貯水池で電力を補充することが出来る。最後に家庭やオフィスでのエアコン需要で電力ピークが夏の非常に暑い日となる近隣のシステムと異なり、ケベック州における電力のピークは暖房需要により冬となっていることである[240]

バラク・オバマ2008年選挙再生可能エネルギー温室効果ガス排出量取引電気自動車の普及を訴えたことはハイドロ・ケベックにとって良い材料となった。近隣のシステムにおける以前の短期販売政策が成功したにも関わらず、ケベック州政府はジェームズ湾プロジェクトでの試運転後に、ハイドロ・ケベックにアメリカ合衆国の配電企業との長期販売に力を入れた新たな戦略計画を練るように求めた[241]。この新たな計画は2009年7月に公開された。

ハイドロ・ケベックは2012年の10月、11月に発生したハリケーン・サンディを受けてニューヨーク都市圏に作業員を派遣した。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ウィンストン・チャーチルイギリス首相を称える形で死去間もない1965年に改称された。
  2. ^ a b c d 2006年から2010年までの純利益、総資産、純資産は有形固定資産の減価償却についての会計方針変更に伴い2010年の年次報告書にて修正再表示している。
  3. ^ この表ではハイドロ・ケベック・ディストリビューションは所有運営する24箇所の汽力発電所と1箇所の水力発電所は記載していない。
  4. ^ 電力輸出ができないチャーチル滝送電線の5,200 MWを含んでいる。
  5. ^ 数値には市場での電力委託売買が含まれるがこの電力はハイドロ・ケベックの発電所で発電されたものとは限らない。

脚注[編集]

  1. ^ Hydro-Québec (2010年1月5日). “Senior Management”. 2010年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e Hydro-Québec 2013a, p. 2.
  3. ^ Hydro-Québec 2013a, p. 3.
  4. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 5.
  5. ^ Ed Crooks (2009年7月6日). “Using Russian hydro to power China”. Financial Times. http://blogs.ft.com/energy-source/2009/07/06/using-russian-hydro-to-power-china/ 2009年7月7日閲覧。 
  6. ^ PennWell (2009年10月29日). “Hydro-Quebec agrees to buy NB Power for C$4.75 billion”. HydroWorld. http://www.hydroworld.com/index/display/article-display/9416279805/articles/hrhrw/News-2/2009/10/hydro-quebec-agrees.html 2009年10月29日閲覧。 
  7. ^ Hydro-Québec 2012a, p. 3.
  8. ^ Government of Québec. “Consommation d'énergie par forme” (French). Ministère des Ressources naturelles et de la Faune. 2012年3月11日閲覧。
  9. ^ Langford & Debresson 1992.
  10. ^ Norrie, Owram & Emery 2008, p. 247.
  11. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, p. 193.
  12. ^ Hydro-Québec (2011年). “Hydro for the future: Developing outside markets”. 2012年5月16日閲覧。
  13. ^ The Canadian Press (2006年11月14日). “Hydro-Québec investit 684 M$ pour doubler ses exportations en Ontario” (French). La Presse. http://affaires.lapresse.ca/economie/200901/06/01-682560-hydro-quebec-investit-684-m-pour-doubler-ses-exportations-en-ontario.php 2012年5月15日閲覧。 
  14. ^ Yakabuski, Konrad (2008年12月30日). “New England lusts for Quebec's power”. The Globe and Mail (Toronto). http://v1.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20081230.wxrhydro30/business/Business/Business/ 2012年5月16日閲覧。 
  15. ^ Vermont Department of Public Service 2011, p. 104.
  16. ^ Hydro-Québec 2011d, p. 9.
  17. ^ Hydro-Québec 2013a, p. 98.
  18. ^ Bellavance 1995, p. 74.
  19. ^ Gallichan 1995, p. 66-68.
  20. ^ Gallichan 1995, p. 68.
  21. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, p. 126.
  22. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, p. 133.
  23. ^ McNaughton 1960, p. 135.
  24. ^ Productions Vic Pelletier. “Les barrages de la rivière Bersimis” (French). 2009年3月15日閲覧。
  25. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, p. 144.
  26. ^ Jobin 1978, p. 29.
  27. ^ Boyd 1995, p. 98.
  28. ^ Brassard, Jacques (2000年2月11日). “Pacte social et modernité réglementaire : des enjeux réconciliables - Allocution de monsieur Jacques Brassard, ministre des Ressources naturelles, à l'occasion du déjeuner conférence de l'Association de l'industrie électrique du Québec” (French). 2009年3月15日閲覧。
  29. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, p. 156.
  30. ^ Bélanger 1995.
  31. ^ Tremblay, Joël. “Bilan du siècle : 28 décembre 1962 - Nationalisation de onze compagnies d'électricité par la Commission hydroélectrique du Québec” (French). Université de Sherbrooke. 2009年3月14日閲覧。
  32. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, pp. 178–181.
  33. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, pp. 181–182.
  34. ^ Linteau, Paul-André (1994年). “Hydro-Québec and Québec society: Fifty years of shared history”. Forces (104): pp. 14–17. ISSN 0015-6957 
  35. ^ Hydro-Québec Logo: Design and History”. FamousLogos.us. 2011年10月12日閲覧。
  36. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, pp. 201–207.
  37. ^ Archambault 1984.
  38. ^ Sood 2006.
  39. ^ a b c Bolduc, André (1982年). “Churchill Falls, the dream... and the reality”. Forces (Montreal) (57–58): pp. 40–42 
  40. ^ Quebec Hydroelectric Commission & Churchill Falls (Labrador) Corporation Limited 1969.
  41. ^ Nalcor Energy 2009, p. 76.
  42. ^ Hydro-Québec 2010a, p. 52
  43. ^ Green, Peter. “The History of Churchill Falls”. IEEE Canada. 2009年3月16日閲覧。
  44. ^ Smith 1975, p. 372.
  45. ^ Reference re Upper Churchill Water Rights Reversion Act, 1 S.C.R. 297 (Supreme Court of Canada 1984).
  46. ^ Hydro-Québec v. Churchill Falls (Labrador) Corp., 1 S.C.R. 1087 (Supreme Court of Canada 1988).
  47. ^ Turgeon 1992, p. 110.
  48. ^ Gravel & Vennat 1979, pp. 5–6.
  49. ^ Société d'énergie de la Baie James 1987, p. 8.
  50. ^ Godin, Pierre (1994年3月12日). “Robert Bourassa : les mégaprojets. À mille kilomètres de Montréal, arracher des milliards de kilowatts à une région nordique fabuleuse et hostile..” (French). Le Devoir (Montreal): p. E7 
  51. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, pp. 274–279.
  52. ^ Société d'énergie de la Baie James 1987, p. 416.
  53. ^ Bolduc 2000, p. 233.
  54. ^ Commission de toponymie du Québec (2010年6月7日). “Centrale Robert-Bourassa” (French). Topos sur le web. 2010年10月9日閲覧。
  55. ^ Bolduc, Hogue & Larouche 1989, pp. 290–293.
  56. ^ Radio-Canada (2007年3月6日). “La grande aventure de la baie James : Détourner les eaux” (French). Radio-Canada Archives. 2008年8月3日閲覧。
  57. ^ Radio-Canada (2007年3月6日). “La grande aventure de la baie James : Lancement des premières turbines” (French). Radio-Canada Archives. 2008年8月3日閲覧。
  58. ^ Hydro-Québec Production (2011年). “Hydroelectric Generating Stations (as of December 31, 2010)”. Hydro-Québec. 2012年3月18日閲覧。
  59. ^ Hafsi 2001, pp. 563–565.
  60. ^ Gingras, Pierre (1990年12月1日). “Sans être spectaculaire, la ligne de Grondines n'en est pas moins unique au monde” (French). La Presse (Montreal): p. G2 
  61. ^ Fleury 1999, p. 393.
  62. ^ Presse canadienne (1992年10月17日). “Grondines : la ligne électrique sous-fluviale est terminée” (French). La Presse (Montreal): p. H1 
  63. ^ Bernard, Genest-Laplante & Laplante 1992, p. 155.
  64. ^ Parent, Rollande (1990年2月22日). “Ventes d'électricité : la contestation des Cris tourne court” (French). La Presse. Canadian Press: p. D9 
  65. ^ Tremblay, Frédéric (1992年10月3日). “Les Cris perdent la bataille du Vermont” (French). Le Devoir. Canadian Press (Montreal): p. A5 
  66. ^ Francoeur, Louis-Gilles (1994年11月19日). “Parizeau gèle le projet Grande-Baleine” (French). Le Devoir (Montreal): p. A1 
  67. ^ Munich Re 2003, p. 6–7.
  68. ^ Bisson, Bruno (1988年4月19日). “Panne d'électricité majeure : le Québec dans le noir” (French). La Presse (Montreal): p. A1 
  69. ^ Lamon, Georges (1988年4月20日). “Hydro-Québec : retour à la normale après la panne d'électricité qui aura duré jusqu'à huit heures” (French). La Presse (Montreal): p. A1 
  70. ^ Morin, Michel (1989年3月13日). “Le Québec dans le noir” (French). Radio-Canada. 2009年3月21日閲覧。
  71. ^ Hydro-Québec. “Electricity in nature - March 1989”. 2007年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月15日閲覧。
  72. ^ Bonhomme, Jean-Pierre (1991年6月13日). “La tempête géomagnétique n'a pas perturbé le réseau d'Hydro-Québec” (French). La Presse (Montreal): p. A18 
  73. ^ a b Hydro-Québec (1999). Annual Report 1998 : for today and tomorrow. Montreal: Hydro-Québec. pp. 96. ISBN 2-550-34166-X. オリジナルの2004-04-07時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040407145244/http://www.hydroquebec.com/publications/en/annual_report/1998/pdf/fulle.pdf 2010年1月10日閲覧。. 
  74. ^ Environment Canada (2009年12月23日). “Canada's Top Ten Weather Stories of 1998”. 2010年1月7日閲覧。
  75. ^ a b Lévesque, Kathleen (2008年1月5日). “Autopsie d'un cauchemar de glace” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/politique/quebec/170810/autopsie-d-un-cauchemar-de-glace 2010年1月7日閲覧。 
  76. ^ Turcotte, Claude (2008年1月5日). “L'après-crise aura coûté deux milliards” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/environnement/170771/l-apres-crise-aura-coute-deux-milliards 2010年1月7日閲覧。 
  77. ^ a b Bureau d'audiences publiques sur l'environnement 2000.
  78. ^ National Assembly of Quebec (1999). “Loi concernant la construction par Hydro-Québec d’infrastructures et d’équipements par suite de la tempête de verglas survenue du 5 au 9 janvier 1998” (French). Projet de loi no 42 (1999, chapitre 27). Quebec City: Éditeur officiel du Québec. p. 6. http://www2.publicationsduquebec.gouv.qc.ca/dynamicSearch/telecharge.php?type=5&file=1999C27F.PDF. 
  79. ^ Radio-Canada (1998年5月23日). “Non à la ligne Hertel Des Cantons” (French). Radio-Canada Archives. 2009年3月23日閲覧。
  80. ^ Hydro-Québec Production (2004年3月19日). “Réponses d'Hydro-Québec Production à la demande de renseignements N° 1 de la Régie au Producteur en date du 5 mars 2004 (HQP-3, document 1) |série=Demande d'avis sur la sécurité énergétique des Québécois à l'égard des approvisionnements électriques et la contribution du projet du Suroît (R-3526-2004)” (French). Régie de l'énergie du Québec. p. 51. 2009年3月29日閲覧。
  81. ^ Boutin 2004, p. 554.
  82. ^ Boutin 2004, p. 555.
  83. ^ “Centrale du Suroît : le gouvernement du Québec retire son autorisation de réaliser le projet” (French) (プレスリリース), Quebec Department of Natural Resources and Wildlife, (2004年11月17日), http://www.mrn.gouv.qc.ca/presse/communiques-detail.jsp?id=3574 2010年1月7日閲覧。 
  84. ^ Hydro-Québec. “Eastmain-1 Hydroelectric Development. Read a Summary”. 2009年5月6日閲覧。
  85. ^ Hydro-Québec. “Aménagement hydroélectrique de la Péribonka. En bref” (French). 2009年3月14日閲覧。
  86. ^ Hydro-Québec. “Aménagements hydroélectriques de la Chute-Allard et des Rapides-des-Cœurs. En bref” (French). 2008年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月14日閲覧。
  87. ^ Radio-Canada (2002年2月7日). “La paix des braves est signée” (French). 2009年3月15日閲覧。
  88. ^ Hydro-Québec. “Eastmain-1 Hydroelectric Development - See the Schedule” (French). 2009年3月15日閲覧。
  89. ^ Hydro-Québec. “A project for sustainable development: Social Acceptability”. 2010年1月7日閲覧。
  90. ^ Hydro-Québec. “Eastmain-1 Hydroelectric Project. Read a Summary”. 2009年3月17日閲覧。
  91. ^ Hydro-Québec. “Eastmain-1-A-Sarcelle-Rupert Project. Project Description”. 2012年5月9日閲覧。
  92. ^ “Ground broken for $6.5B hydro project on Quebec's Lower North Shore”. Canadian Broadcasting Corporation. (2009年5月13日). http://www.cbc.ca/canada/montreal/story/2009/05/13/romaine-river-hydro.html 2009年8月10日閲覧。 
  93. ^ Government of Quebec 2006.
  94. ^ CBC News (2004年12月6日). “Group claims responsibility for hydro tower bomb”. Canadian Broadcasting Corporation. http://www.cbc.ca/montreal/story/qc-hydro20041206.html 
  95. ^ Earth Liberation: "Bomb Attack On a Hydro-Quebec Tower", December 6, 2004 (from Google cache).
  96. ^ MOU between Quebec and New Brunswick. (2009). オリジナルの2010-01-07時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5mbo1lBXd 2009年10月31日閲覧。. 
  97. ^ Baril, Hélène (2009年11月12日). “Vente d'Énergie NB à Hydro: l'opposition s'accroît”. La Presse (Montréal). http://lapresseaffaires.cyberpresse.ca/economie/energie-et-ressources/200911/12/01-920847-vente-denergie-nb-a-hydro-lopposition-saccroit.php 2009年11月13日閲覧。 
  98. ^ “Quebec, N.B. strike $4.8B deal for NB Power”. Canadian Broadcasting Corporation. (2009年10月29日). http://www.cbc.ca/canada/new-brunswick/story/2009/10/29/nb-power-sale.html 2009年10月29日閲覧。 
  99. ^ CBC News (2010年6月25日). “NB Power deal unpopular from start: documents”. Canadian Broadcasting Corporation. http://www.cbc.ca/canada/montreal/story/2010/06/25/nb-nbpower-poll-focus-groups-154.html 2010年6月25日閲覧。 
  100. ^ CBC News (2010年1月19日). “Province retains control of NB Power in revised deal”. Canadian Broadcasting Corporation. http://www.cbc.ca/canada/nbpower/story/2010/01/19/nb-power-amended-deal.html 2010年10月6日閲覧。 
  101. ^ Morris, Chris (2010年1月19日). “Power deal reworked”. Telegraph-Journal (Saint John, NB): p. A1. http://telegraphjournal.canadaeast.com/front/article/925190 2010年1月19日閲覧。 
  102. ^ CBC News (2010年3月24日). “Quebec balked at NB Power sale costs”. Canadian Broadcasting Corporation. http://www.cbc.ca/canada/new-brunswick/story/2010/03/24/nb-nbpower-graham-1027.html 2010年3月25日閲覧。 
  103. ^ International Energy Agency 2004, p. 127.
  104. ^ National Assembly of Quebec. “An Act respecting the Régie de l'énergie, R.S.Q. c. R-6.01”. 2009年3月14日閲覧。
  105. ^ Trabandt 2000.
  106. ^ Hydro-Québec Distribution (2008年12月16日). “Respect du critère de fiabilité en puissance - bilan du Distributeur pour l'année 2008-2009”. Régie de l'énergie du Québec. p. 12. 2009年3月27日閲覧。
  107. ^ Government of Quebec (2001年11月14日). “Décret 1277-2001 du 24 octobre 2001 concernant les caractéristiques de l'approvisionnement des marchés québécois en électricité patrimoniale” (French). Gazette officielle du Québec (Quebec City: Government of Quebec) 133 (46): pp. 7705–7725. http://www.regie-energie.qc.ca/regie/Decrets/Decret_1277-2001_24oct01.pdf 2009年10月24日閲覧。 
  108. ^ Hydro-Québec Distribution (2008年8月1日). “Approvisionnements — Demande R-3677-2008 à la Régie de l'énergie du Québec, document HQD-2, document 2” (French). 2009年3月19日閲覧。
  109. ^ Hydro-Québec Distribution. “Electricity Supply Contracts by Technology”. 2009年11月14日閲覧。
  110. ^ Hydro-Québec Distribution. “Wind farms under contract with Hydro-Québec Distribution”. 2009年11月14日閲覧。
  111. ^ Régie de l'énergie du Québec 2008, p. 4.
  112. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 3.
  113. ^ Morazain, Jeanne (2008年). “Top 45 - Hydro-Québec” (French). Plan - La revue de l'Ordre des Ingénieurs du Québec: p. 14. ISSN 0032-0536 
  114. ^ Hydro-Québec 2012a, p. 95.
  115. ^ a b c d Hydro-Québec (April 2008). 2007 Annual Report : Green Energy. Montreal. p. 124. ISBN 978-2-550-52014-6. http://www.hydroquebec.com/publications/en/annual_report/pdf/hydro2007en_complete.pdf. 
  116. ^ a b Hydro-Québec (2003). Annual Report 2002 : Energy is Our Business. Montreal: Hydro-Québec. pp. 115. ISBN 2-550-40534-X. オリジナルの2004-04-07時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040407151013/http://www.hydroquebec.com/publications/en/annual_report/2002/pdf/hydro2002en_complete.pdf 2010年1月10日閲覧。. 
  117. ^ a b Hydro-Québec 2012a, p. 48.
  118. ^ Hydro-Québec 2012a, p. 50.
  119. ^ Hydro-Québec 2012a, p. 52.
  120. ^ Hydro-Québec 2012c, p. 16.
  121. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 90.
  122. ^ Bolduc 2000, p. 245.
  123. ^ Boyer, Marcel (2007年8月). “Privatising Hydro-Québec : An idea worth exploring”. Montreal Economic Institute. 2009年5月5日閲覧。
  124. ^ Garcia 2009.
  125. ^ Radio-Canada (2008年11月8日). “Faut-il privatiser Hydro ?” (French). Québec 2008. http://elections.radio-canada.ca/elections/quebec2008/2008/11/08/001-privatisation_hydro-quebec.shtml 2009年3月18日閲覧。 
  126. ^ Léger Marketing (2008年11月10日). “Léger Marketing / Journal de Montréal / TVA / The Gazette Poll- Analysis Report”. 2009年11月23日閲覧。
  127. ^ Lepage, Guy A. (2008年11月16日). “Tout le monde en parle (interview)”. Radio-Canada. 2009年4月11日閲覧。
  128. ^ Lessard, Denis (2009年2月4日). “Privatisation d'Hydro : " pas dans les cartons du gouvernement "” (French). La Presse (Montreal). http://www.cyberpresse.ca/actualites/quebec-canada/politique-quebecoise/200902/04/01-823908-privatisation-dhydro-pas-dans-les-cartons-du-gouvernement.php 2009年3月19日閲覧。 
  129. ^ Fortin, Pierre (15 September year=2008). “Vive l'électricité plus chère !” (French). L'actualité. http://www.lactualite.com/20080820_152623_25296 2010年1月7日閲覧。 
  130. ^ Bernard (2005年4月). “Le marché québécois de l'électricité : à la croisée des chemins”. Groupe de recherche en économie de l'énergie, de l'environnement et des ressources naturelles (GREEN). Université Laval. p. 17. 2009年4月11日閲覧。
  131. ^ Allaire, Yvan (2007年9月10日). “Privatiser Hydro-Québec ?” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/economie/actualites-economiques/156213/privatiser-hydro-quebec 2010年1月7日閲覧。 
  132. ^ Tremblay, Bertrand (2009年3月10日). “Non à la privatisation” (French). Le Quotidien. http://www.cyberpresse.ca/le-quotidien/opinions/chronique/200903/10/01-834994-non-a-la-privatisation.php 2010年1月7日閲覧。 
  133. ^ Lauzon, Léo Paul (1994年). “Continuer à privatiser Hydro-Québec, ou consolider ses opérations”. 2009年3月18日閲覧。
  134. ^ Sainte-Marie, Gabriel (2009年2月27日). “Vendre Hydro ne règle rien” (French). Le Soleil. http://www.cyberpresse.ca/le-soleil/opinions/points-de-vue/200902/27/01-831785-vendre-hydro-quebec-ne-regle-rien.php 2009年3月18日閲覧。 
  135. ^ a b Hydro-Québec (2011年). “Hydro-Québe's Electricity Facts: Energy Supplies and Air Emissions 2010”. 2012年3月28日閲覧。
  136. ^ Hydro-Québec. “Discover our Hydroelectric Facilities”. 2008年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月6日閲覧。
  137. ^ CBC News (2012年10月3日). “Quebec nuclear reactor shutdown will cost $1.8 billion”. Canadian Broadcasting Corporation. http://www.cbc.ca/news/canada/montreal/story/2012/10/03/montreal-gentilly-2-shutdown-cost-hydro-quebec.html 2012年10月4日閲覧。 
  138. ^ Grégoire-Racicot, Louise (2011年11月4日). “Sorel-Tracy: Hydro-Québec ferme la centrale thermique” (French). La Voix (Sorel-Tracy, Quebec). http://www.hebdosregionaux.ca/monteregie/2011/11/04/hydro-quebec-ferme-la-centrale-thermique 2013年1月15日閲覧。 
  139. ^ a b Hydro-Québec 2012a, p. 114.
  140. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 12.
  141. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 92.
  142. ^ Hydro-Québec 2010a, p. 10.
  143. ^ Hafsi 2001, pp. 561–562.
  144. ^ a b Fairley, Peter (2005年4月). “TransÉnergie : Playing Two Power Games”. Technology Review. http://www.technologyreview.com/business/14287/page1/ 2009年3月21日閲覧。 
  145. ^ Hydro-Québec TransÉnergie. “Discover Hydro-Québec TransÉnergie and its system - Profile”. 2009年3月14日閲覧。
  146. ^ “Nouvelle entente avec Hydro-Québec - Terre-Neuve vendra son électricité directement aux Américains” (French). Le Devoir (Montreal). (2009年4月3日). http://www.ledevoir.com/societe/243501/nouvelle-entente-avec-hydro-quebec-terre-neuve-vendra-son-electricite-directement-aux-americains 2009年4月3日閲覧。 
  147. ^ Lessard, Denis (2009年4月3日). “Fragile entente avec Terre-Neuve sur Churchill Falls” (French). La Presse (Montreal). http://lapresseaffaires.cyberpresse.ca/economie/energie-et-ressources/200904/03/01-843076-fragile-entente-avec-terre-neuve-sur-churchill-falls.php 2009年4月3日閲覧。 
  148. ^ Reliability Coordinator for Québec. “Reliability Functional Model for North America”. Hydro-Québec TransÉnergie. 2009年3月20日閲覧。
  149. ^ Hydro-Québec 2012a, p. 14.
  150. ^ Hydro-Québec TransÉnergie. “Hydro-Québec TransÉnergie”. 2012年3月29日閲覧。
  151. ^ a b Hydro-Québec (2007年6月). “315/230-kV Outaouais Substation - Start of Work”. 2009年3月20日閲覧。
  152. ^ U.S.-Canada Power System Outage Task Force (April 2004). “6. The Cascade Stage of the Blackout”. Final Report on the August 14, 2003 Blackout in the United States and Canada : Causes and Recommendations. Washington, DC & Ottawa. p. 93. http://www.nerc.com/docs/docs/blackout/ch6.pdf 2009年3月20日閲覧。. 
  153. ^ Hydro-Québec TransÉnergie. “Discover Hydro-Québec TransÉnergie and its system - Features of Our Transmission System”. 2009年3月14日閲覧。
  154. ^ Hydro-Québec 2012a, p. 15.
  155. ^ Northern Pass Transmission (2010年). “Route Information”. Northern Pass Transmission LLC. 2010年10月13日閲覧。
  156. ^ Dillon, John (2010年10月8日). “New Transmission Line Reaches Milestone”. Vermont Public Radio. http://www.vpr.net/news_detail/88975/ 2010年10月12日閲覧。 
  157. ^ Alspach, Kyle (2010年10月5日). “NStar to build hydro power line”. Boston Business Journal. http://boston.bizjournals.com/boston/stories/2010/10/04/daily23.html 2010年10月12日閲覧。 
  158. ^ Constant, Kenny (2010年10月13日). “Energy project unveiled; impact called 'staggering'”. The Citizen of Laconia (Laconia, NH). http://www.citizen.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20101013/GJNEWS02/710139923/-1/CITNEWS 2010年10月13日閲覧。 
  159. ^ Penty, Rebecca (2009年11月14日). “U.S. calls power line a landmark investment”. Telegraph-Journal (Saint John, NB): p. C1. http://telegraphjournal.canadaeast.com/front/article/856987 2009年11月14日閲覧。 
  160. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 20.
  161. ^ Association des redistributeurs d'électricité du Québec. “Membres de l'AREQ” (French). 2009年3月14日閲覧。
  162. ^ Hydro-Québec Distribution. “Electricity Supply Contracts by Technology”. 2009年3月15日閲覧。
  163. ^ Gauthier, Johanne (2007年10月). “L'IREQ : leader de l'innovation technologique à Hydro-Québec” (French). Choc 25 (2): pp. 26–29. http://www.aieq.net/_site/documents/applications/pdf/ChocOct07-IREQ.pdf 2009年3月20日閲覧。 
  164. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 32.
  165. ^ Hydro-Québec Technologie. “Hydro-Québec Research Institute”. 2009年5月16日閲覧。
  166. ^ Hydro-Québec Technologie. “Our Innovation Avenues”. 2009年5月6日閲覧。
  167. ^ Ouellet, Danielle; Fortier, Alain (1993–1994). “Hydro-Québec and its partners in research and development”. Forces (104): pp. 31–33. ISSN 0015-6957 
  168. ^ Hydro-Québec Technologie. “Energy Technology Laboratory (LTE)”. 2009年3月18日閲覧。
  169. ^ Templier, Sébastien (2009年10月16日). “Moteur électrique: percée majeure chez Hydro-Québec” (French). La Presse (Montreal). http://lapresseaffaires.cyberpresse.ca/economie/automobile/200910/16/01-911848-moteur-electrique-percee-majeure-chez-hydro-quebec.php 2009年11月18日閲覧。 
  170. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 36–37.
  171. ^ Cardinal, François (2008年11月19日). “Une batterie dans les cartons d'Hydro-Québec” (French). La Presse (Montreal). http://monvolant.cyberpresse.ca/dossiers/la-folie-de-lhybride/200811/19/01-802158-une-batterie-dans-les-cartons-dhydro-quebec.php 2009年3月28日閲覧。 
  172. ^ Lavallée, Pierre (15 April 2003), “Pourrait-on construire une voiture électrique au Québec?” (French), 5 sur 5 (Radio-Canada), http://www.radio-canada.ca/nouvelles/5sur5/shtml/clips/362.shtml 
  173. ^ Francoeur, Louis-Gilles (2008年1月15日). “Volvo sur les traces d'Hydro” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/environnement/171841/moteur-roue-volvo-dans-les-traces-d-hydro 2010年1月7日閲覧。 
  174. ^ Provost, Gilles (1997年3月9日). “La Voiture électrique d'Hydro” (French). Découverte. Radio-Canada. 2009年3月30日閲覧。
  175. ^ TM4 Electrodynamic Systems. “History”. 2010年10月9日閲覧。
  176. ^ Radio-Canada (2006年9月22日). “Voiture électrique: Moteur québécois, fabrication étrangère ?” (French). 2009年3月18日閲覧。
  177. ^ Hydro-Québec (2009年1月15日). “TM4 partners with Tata Motors and Miljø in electric vehicle demonstration project”. 2009年5月6日閲覧。
  178. ^ Francoeur, Louis-Gilles (2009年1月16日). “Hydro-Québec est en voiture” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/economie/actualites-economiques/227671/hydro-quebec-est-en-voiture 2009年1月7日閲覧。 
  179. ^ Hydro-Québec (2009年5月13日). “The Romaine Hydroelectric Complex - Premier Charest launches largest construction project in Canada”. CNW Group. http://www.newswire.ca/en/releases/archive/May2009/13/c3507.html 2009年5月13日閲覧。 
  180. ^ Hydro-Québec. “Projet du complexe de la Romaine. En bref” (French). 2009年3月14日閲覧。
  181. ^ Francoeur, Louis-Gilles (2009年3月11日). “Une autre rivière à harnacher dans la mire de Jean Charest” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/politique/quebec/238531/une-autre-riviere-a-harnacher-dans-la-mire-de-jean-charest 2010年1月7日閲覧。 
  182. ^ Hydro-Québec 2009a, p. 19.
  183. ^ Cloutier 1984, pp. 172–174.
  184. ^ Hydro-Québec (2006年6月16日), “Transelec Chile: Hydro-Québec sells its stake for C$1.7 billion” (プレスリリース), http://www.hydroquebec.com/4d_includes/headlines/PcAN2006-100.htm 2010年1月7日閲覧。 
  185. ^ Enel acquires joint stake in Fortuna”. Business News America (2006年8月4日). 2010年1月7日閲覧。
  186. ^ a b Hydro-Québec (2000). Annual Report 1999 : All our energy for you. Montreal: Hydro-Québec. pp. 102. ISBN 2-550-35575-X. オリジナルの2004-04-07時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040407145644/http://www.hydroquebec.com/publications/en/annual_report/1999/pdf/rapann_a.pdf 2010年1月10日閲覧。. 
  187. ^ Société nationale d'électricité du Sénégal. “Histoire” (French). 2009年3月14日閲覧。
  188. ^ Hydro-Québec (2004年7月30日). “Hydro-Québec International Sells its Stake in Meiya Power Company Limited of China for US$84.6 Million”. 2010年1月7日閲覧。
  189. ^ Presse canadienne (2006年5月19日). “Il y a un peu d'Hydro-Québec dans le barrage des Trois Gorges” (French). Le Soleil 
  190. ^ Dutrisac, Robert (2006年10月24日). “Un milliard au Fonds des générations” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/politique/quebec/121178/un-milliard-au-fonds-des-generations 2010年1月7日閲覧。 
  191. ^ Hydro-Québec (2003年). “8- Fish Communities”. Hydro-Québec. 2009年3月23日閲覧。
  192. ^ Hydro-Québec. “The Issue of Mercury for Hydro-Québec”. 2009年3月22日閲覧。
  193. ^ a b c Hydro-Québec. “Greenhouse Gas Emissions and Hydroelectric Reservoirs”. 2009年5月6日閲覧。
  194. ^ Dubeau 1995, p. 242.
  195. ^ Dubeau 1995, p. 241.
  196. ^ a b c d Hayeur 2001, p. 110.
  197. ^ Dubeau 1995, p. 243.
  198. ^ a b c Hayeur 2001, p. 89.
  199. ^ Gagnon, Luc (2003年1月). “Comparing Power Generation Options”. Hydro-Québec. p. 8. 2009年5月6日閲覧。
  200. ^ Vandal 2005, p. 236.
  201. ^ Hydro-Québec. “Our Integrated Approach: Defining Sustainable Development”. 2009年5月6日閲覧。
  202. ^ Hydro-Québec. “Adhering to the Global Reporting Initiative (GRI) Guidelines: Summary”. 2009年5月6日閲覧。
  203. ^ Hydro-Québec (2008). Sustainability Report 2007: Sustainable Energy. Montreal. p. 44. ISBN 978-2-550-52018-4. http://www.hydroquebec.com/publications/en/enviro_performance/pdf/rdd_2007_en.pdf. 
  204. ^ a b c Hydro-Québec 2012a, p. 96.
  205. ^ “Fitch Rates Hydro-Quebec's US$3B Medium-Term Note Program 'AA-'; Outlook Stable” (プレスリリース), Fitch Ratings, (2012年1月31日), http://www.businesswire.com/news/home/20120131007037/en/Fitch-Rates-Hydro-Quebecs-US3B-Medium-Term-Note-Program 2012年3月11日閲覧。 
  206. ^ Hydro-Québec (2003). Strategic Plan 2004-2008. Montreal: Hydro-Québec. p. 220. ISBN 2-550-41592-2. http://www.hydroquebec.com/publications/en/strategic_plan/pdf/plan-strategique-2004-2008.pdf. 
  207. ^ Bourque, Olivier (2010年8月3日). “Pas de hausse de tarifs pour Hydro l'an prochain” (French). Argent. http://argent.canoe.ca/lca/affaires/quebec/archives/2010/08/20100803-103238.html 2012年3月11日閲覧。 
  208. ^ Moore, Lynn (2012年3月9日). “Hydro-Québec ordered to roll back its rates”. Global Montreal. http://www.globalmontreal.com/hydro-qu%C3%A9bec+ordered+to+roll+back+its+rates/6442597622/story.html 2012年3月11日閲覧。 
  209. ^ Hydro-Québec 2012b, p. 14.
  210. ^ Hydro-Québec. “Factors that Influence your Consumption”. Hydro-Québec. 2010年1月7日閲覧。
  211. ^ Government of Quebec (2008年11月). “Inventaire québécois des émissions de gaz à effet de serre en 2006 et évolution depuis 1990” (French). Quebec Department of Sustainable Development, Environment and Parks. 2009年3月19日閲覧。
  212. ^ CBC News (2013年1月23日). “Quebec hits all-time high for power consumption during cold snap”. CBC.ca. http://www.cbc.ca/news/canada/ottawa/story/2013/01/23/montreal-hydro-quebec-power-reduction-heating.html 2013年1月23日閲覧。 
  213. ^ Hydro-Québec 2010a, p. 20.
  214. ^ “Vague de froid: Hydro prévoit une pointe de consommation historique” (French). Le Soleil (Quebec City). (2011年1月23日). http://www.cyberpresse.ca/le-soleil/actualites/environnement/201101/23/01-4362935-vague-de-froid-hydro-prevoit-une-pointe-de-consommation-historique.php 2011年1月23日閲覧。 
  215. ^ Bélair-Cirino, Marco (2009年1月16日). “Froid sibérien - Le réseau d'Hydro poussé à son extrême limite” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/societe/227663/froid-siberien-le-reseau-d-hydro-pousse-a-son-extreme-limite 2010年1月7日閲覧。 
  216. ^ Hydro-Québec. “Regular bill”. 2010年9月4日閲覧。
  217. ^ Hydro-Québec (2012年4月). “Rate D – Domestic rate (residential and farms)”. 2012年5月9日閲覧。
  218. ^ Régie de l'énergie du Québec (2009年3月6日). “La Régie de l'énergie rend sa décision relative à la demande de modifier les tarifs d'Hydro-Québec dans ses activités de distribution, en appliquant une hausse tarifaire de 1,2 % à compter du 1er avril 2009” (French). 2009年3月18日閲覧。
  219. ^ Hydro-Québec Distribution. “Equalized Payments Plan and Authorized Payment”. 2009年5月6日閲覧。
  220. ^ CBC News (2007年12月10日). “Hydro Quebec shelves smart meters”. Canadian Broadcasting Corporation. http://www.cbc.ca/canada/montreal/story/2007/12/10/qc-hydrosmart1210.html 2009年5月6日閲覧。 
  221. ^ Hydro-Québec Distribution (2010年8月2日). “HQD-12, Document 6 – Rapport final du Projet Tarifaire Heure Juste” (French). Régie de l'énergie du Québec. 2011年1月17日閲覧。
  222. ^ Wright, Kristen (2010年12月). “Electric Light & Power 2010 Utility of the Year: Hydro-Quebec”. Electric Light & Power 88 (6). http://www.elp.com/index/display/article-display/1243086279/articles/electric-light-power/volume-88/issue-6/features/electric-light-power-2010-utility-of-the-year-hydro-quebec.html 2011年1月17日閲覧。 
  223. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 97.
  224. ^ Régie de l'énergie du Québec (30 May 2005) (French). Avis de la Régie de l'énergie sur la distribution d’électricité aux grands consommateurs industriels (A-2005-01). Montreal. p. 96. http://www.regie-energie.qc.ca/audiences/3563-05/A-2005-01_31mai2005.pdf. 
  225. ^ Government of Quebec 2006, p. 24.
  226. ^ Hydro-Québec Distribution (2011年5月20日). “Rapport annuel 2010: HQD-10, document 2 - Historique des ventes, des produits des ventes, des abonnements et de la consommation” (French). p. 10. 2012年3月9日閲覧。
  227. ^ Couture, Pierre (2008年8月28日). “Les alumineries coûtent cher à Hydro-Québec : plus de 3 milliards $” (French). Le Soleil (Quebec City). http://www.cyberpresse.ca/le-soleil/200809/08/01-665217-les-alumineries-coutent-cher-a-hydro-quebec-plus-de-3-milliards.php 2009年3月18日閲覧。 
  228. ^ Gouvernement du Québec (2007年8月7日). “Le projet d'acquisition d'Alcan par Rio Tinto respecte les accords qui lient Alcan et le gouvernement du Québec”. Quebec Department of Economic Development, Innovation and Exports. 2009年3月19日閲覧。
  229. ^ Presse canadienne (2008年12月20日). “Alcoa et Hydro-Québec ont renouvelé des ententes jusqu'en 2040” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/economie/actualites-economiques/224271/alcoa-et-hydro-quebec-ont-renouvele-des-ententes-jusqu-en-2040 2010年1月7日閲覧。 
  230. ^ Bélanger & Bernard 2008.
  231. ^ Boulanger 2008.
  232. ^ Hydro-Québec 2012a, p. 97.
  233. ^ Hydro-Québec (2004-04-08). Annual Report 2003 : The Power of Change. Montreal: Hydro-Québec. pp. 124. ISBN 2-550-42159-0. オリジナルの2004-04-09時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040409162823/http://www.hydroquebec.com/publications/en/annual_report/2003/pdf/hydro2003en_complete.pdf 2010年1月10日閲覧。. 
  234. ^ Hydro-Québec 2011a, p. 9.
  235. ^ Baril, Hélène (2007年4月25日). “Hydro et le Vermont négocient un contrat” (French). La Presse (Montreal). http://lapresseaffaires.cyberpresse.ca/economie/200901/06/01-673542-hydro-et-le-vermont-negocientuncontrat.php 2009年3月15日閲覧。 
  236. ^ “Governor, Premier announce preliminary Vermont-Hydro-Québec agreement” (プレスリリース), Hydro-Québec, (2010年3月11日), http://www.hydroquebec.com/4d_includes/of_interest/PcAN2010-036.htm 2010年10月6日閲覧。 
  237. ^ State of Vermont (2010年6月4日). “An Act Relating to Renewable Energy”. Vermont Legislature. 2010年7月4日閲覧。
  238. ^ Carlson, Kristin (2010年6月4日). “Gov. Douglas signs final bill”. WCAX News. http://www.wcax.com/Global/story.asp?S=12597553 2010年10月6日閲覧。 
  239. ^ Cornwall Electric (2008年5月26日), “Cornwall Electric Rates Decreasing July 1, 2008 Due to New Long Term Power Contract with Hydro Quebec” (プレスリリース), Cornwall, ON, http://www.fortisontario.com/assets/news/ce_rates_release_may2008.pdf 2009年3月15日閲覧。 
  240. ^ North American Reliability Corporation 2008, p. 138.
  241. ^ Presse canadienne (2009年2月4日). “Exportations d'électricité - Retour des contrats à long terme avec les États-Unis” (French). Le Devoir (Montreal). http://www.ledevoir.com/politique/quebec/231459/exportations-d-electricite-retour-des-contrats-a-long-terme-avec-les-etats-unis 2010年1月7日閲覧。 

出典[編集]

書籍[編集]

記事[編集]


ハイドロ・ケベック電力公社による刊行物[編集]

外部リンク[編集]