ノールボッテン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノールボッテン県
Norrbottens län
Norrbotten län vapen.svg
(紋章)
SverigesLän2007Norrbotten.svg
行政府所在地 ルーレオ
地区数 14
面積 98,429km2
人口 252,585人(2005年)
ISO 3166-2:SE SE-BD
隣接県 ヴェステルボッテン県

ノールボッテン県Norrbottens län)は、スウェーデンの一つで、略号はBD。県庁所在地はルーレオ市(Luleå)市。県の面積は9万8249平方キロメートルで、2005年現在の人口は25万2585人。スウェーデン最北端の県で、1平方キロメートルあたりの人口密度が3人と国内最低の県でもある。

地理[編集]

西の県境で、隣国ノルウェーと接し、北部及び東部でもう一方の隣国であるフィンランドと接する。南東部ではバルト海の北端を形成する。県の西部はスカンディナビア山脈であり、2,000m級の山岳地帯となっている。トルネ谷などもその例である。スカンディナビア山脈中には、氷河地形が起源のトルネ湖やウッド湖などの湖があり、それらから流出したトルネ川ルレ川ピーテ川などの河川がある。

県の北半分は北極圏内に位置し、キルナ市(Kiruna)市などでは真夏は一日中太陽が沈まず(白夜)、逆に真冬は一日中太陽が昇らない日が続く(極夜)。

産業[編集]

ノールボッテン県の産業のほとんどは県内の天然資源を基にした林業鉱業であるが、最近はサービス業への従事者が増えている。鉱業分野ではキルナで良質のが産出されており、一眼レフカメラで有名なハッセルブラッド(Hasselblad)はその鉄を利用して製造されていた。冬の間にはオーロラが見られることが多く、それを目当てにした観光が見受けられる。キルナ郊外のユッカスイェルヴィ(Jukkasjärvi)は冬場、全てが氷で作られたアイスホテルで有名。

ルーレオ工科大学(国立)が県内のルーレオピーテオ(Piteå)の二ヶ所にキャンパスを持っている。

言語[編集]

ノールボッテン県には少数民族のサーミ人が住んでおり、サーミ語を母国語としている。また、北東県境部はフィンランドへの国境と重なるため、フィンランドからの移民も多い。特に国境沿いのハパランダ(Haparanda)市はフィンランドとの交流が盛んである。県内にはフィンランド語サーミ語をもとに名付けられた地名が多く見受けられる。

[編集]

ノールボッテン県には14のがある。

ノールボッテン県下の市の位置

関連項目[編集]

外部リンク[編集]