ノーマン・ナイマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーマン・ナイマーク(Norman M. Naimark、1944年 - )は、アメリカ合衆国の歴史学者。専門は、ヨーロッパ現代史、
ロシア・東欧近現代史。ノーマン・ネイマークとも表記される。

ニューヨーク出身。スタンフォード大学卒業後、1972年、同大学大学院を修了し、博士号取得。ボストン大学ハーバード大学ロシア研究センターを経て、1988年から、スタンフォード大学歴史学部教授および同大学フーバー研究所フェロー。

著書[編集]

単著[編集]

  • The History of the "Proletariat": the Emergence of Marxism in the Kingdom of Poland, 1870-1887, (Columbia University Press, 1979).
  • Terrorists and Social Democrats: the Russian Revolutionary Movement under Alexander III, (Harvard University Press, 1983).
  • The Russians in Germany: A History of the Soviet Zone of Occupation, 1945-1949, (Harvard University Press, 1995).
  • Fires of Hatred: Ethnic Cleansing in Twentieth-century Europe, (Harvard University Press, 2001).
  • Stalin's genocides, (Princeton University Press, 2010).
根岸隆夫訳『スターリンのジェノサイド』 (みすず書房, 2012年)

共編著[編集]

  • Reexamining the Soviet Experience: Essays in honor of Alexander Dallin, co-edited with David Holloway, (Westview Press, 1996).
  • The Establishment of Communist Regimes in Eastern Europe, 1944-1949, co-edited with Leonid Gibianskii, (Westview Press, 1997).
  • Yugoslavia and its Historians: Understanding the Balkan Wars of the 1990s, co-edited with Holly Case, (Stanford University Press, 2003).
  • The Lost Politburo Transcripts from Collective Rule to Stalin's Dictatorship, co-edited with Paul R. Gregory, (Yale University Press, 2008).
  • A question of genocide: Armenians and Turks at the end of the Ottoman Empire, edited by Ronald Grigor Suny, Fatma Müge Göçek and Norman M. Naimark, Oxford University Press, 2011.