ノーナ・ゲイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーナ・ゲイ(Nona Marvisa Gaye、1974年9月4日 [1] - )は、アメリカ合衆国の歌手・映画女優・元モデル。

人物[編集]

ワシントンD.C.出身[2]。父はマーヴィン・ゲイ、祖父はジャズ・ミュージシャンのスリム・ゲイラード。 1990年代初頭から歌手業を始め、2000年代からは映画に出るようになった。

2000年以降[編集]

2001年、父マーヴィン・ゲイの楽曲"What's Going On" をカバーしたシングルを2001年のAIDS調査のキャンペーンの一環としてリリースした。同年、マイケル・マン監督の『ALI アリ』に出演して俳優デビュー。翌年には飛行機事故で急逝したアリーヤの代役として『マトリックス リローデッド』の撮影に臨んだ。

また、 R・ケリーとは "Work It" と "Just Because"で共演。 "Just Because"はw:the Gap Bandの "w:Oops Upside Your Head"が挿入されている。

2006年7月、LAW & ORDER:犯罪心理捜査班にコートニー・B・ヴァンスの代役としてキャストメンバー入りしたが、第6シーズンの制作が開始したところで[3] 制作上の不一致より彼女が降板し、代役はテレサ・ランドルが務めたが、テレサ・ランドルも2話分出演したところで降板してしまった。

2008年、AmieStreet.comから3つの楽曲(内訳: "Language of Love"、"Quarter To Three"、"Midas Lover")が収録されたEP "Language of Love"がリリースされた。

出演作品[編集]


俳優としての受賞歴[編集]

  • Black Reel Awards
    • 2006, Best Actress: The Gospel (ノミネート)
    • 2002, Best Supporting Actress: 『ALI アリ』 (受賞)

脚注[編集]

外部リンク[編集]