ノート:端数処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


> 履歴/丸め

> 履歴/floor 関数

> 履歴/truncate 関数

統合について[編集]

各記事の内容を見るに 整数化の関数である [[floor関数]]・[[ceil関数]]・[[truncate関数]]・[[round関数]]は、[[切り捨て]]・[[切り上げ]]・[[四捨五入]]([[五捨六入]])・[[丸め]]といった端数処理の操作を小数点以下第一位を処理して得られるもののようです。それぞれの相互の関係などもあり、統合するのが良いかと思い提案します。--218.42.227.166 14:41 2004年4月30日 (UTC)

中身がきちんと理解できているかが疑問ながら、統合しました。かなり胡散臭いですが。--218.42.227.216 18:39 2004年5月17日 (UTC)

実数を整数化する関数としてのfloor, ceiling, truncateを統合するのは構わないけど、それを端数処理に含めるのは正しくない。なぜならこれらの関数は純粋に数学的に実数と整数の関係だけであるのに対して、切り捨て・切り上げ四捨五入といった端数処理の概念は実用統計的なものであり、たとえ一部同じ結果をもたらすものを含んでいるとしても異なる範疇にある概念だから。特に四捨五入やまるめは10進数に依存する社会的なものであり、純粋に数学的なものとは区別すべきである。「端数処理」というタイトルのページが英語のFloor functionにリンクしているのもおかしい。対応するページがないにしても、概念的にはRoundingあたりが近いと思われる。つまり、「端数処理」と「床関数群」に分け、それぞれの説明では「端数処理では床関数群が使われることがある」と「床関数群は端数処理でも使われることがある」となるような構造にすべき。--HarpyHumming 2005年11月1日 (火) 09:37 (UTC)

文句もないようだし、床関数群を分離した、というか書き直した。英語版に倣った形で床関数に天井関数を含めた。--HarpyHumming 2005年11月7日 (月) 09:08 (UTC)
というようなことをやったらLemさんとかに怒られて、床関数は端数処理へのリダイレクトに戻された。ノート:床関数で議論?になった。結果ガウス関数とかの記述が消滅したままになってるけど、どしよね? 床関数が(見かけだけでも)充実した内容で突然出現するなら許してもらえそうだけど? 少しずつ育てられる環境じゃないみたいね。--HarpyHumming 2005年11月7日 (月) 18:39 (UTC)

日常的に「丸め」という言葉を使うときは、切り上げ・切り捨て・四捨五入などの端数処理のどれかを指す自由度のある言葉で、単に端数処理と同義。一方本文には「日本工業規格の計測用語としての丸め」が「丸め」の定義のように挙げてあるが、狭く定義しすぎ。ちなみにこの「4の場合切捨て、6の場合切り上げ、5の場合n桁目を最も近い偶数とする端数処理」はJavaのマニュアルでは half-even rounding と呼ばれたり、俗称かもしれないが五捨五入とか偶捨奇入と呼ばれたり、さらに俗にJIS丸めとも呼ばれるらしい。--HarpyHumming 2005年11月2日 (水) 20:15 (UTC)

JIS丸めは、英語の rounding to the nearest even number を直訳した「最近接偶数への丸め」ないし省略して「偶数への丸め」が、あまり使われてはいないが、他の表現に比べて意味をよく暗示すると思う。--HarpyHumming 2005年11月4日 (金) 11:15 (UTC)
というようなことを書いておいた。--HarpyHumming 2005年11月7日 (月) 09:08 (UTC)

丸めへの改名提案[編集]

JIS Z 8401では「丸め」、ISO 31では「丸め」に相当する「rounding」、岩波情報科学辞典では「丸め」となっていて、これらに合わせるのがいいと思います。「端数処理」は、google結果を見た限りでは、金額や期間など、特定の分野で使われているようです。--U3002 2007年7月1日 (日) 08:47 (UTC)

「丸め」だけでは、表現が項目の内容を言い表すのに、適切ではないと思います。確かに科学、工業、金融などの"数"を扱う場面で「丸め」と言えば、一意にこの項目の"端数処理"のことを指すと思いますが、「丸め」だけでは、四角いか丸いかの「丸め」(丸い傾向にある)などの別の意味も含まれると思います。そのため、他の意味に取られうるタイトル名を使うよりも、「端数処理」の項目はそのままで、項目「丸め」からリンクを貼る現在のほうが、より分かりやすいと思います。--Carl Daniels 2007年7月13日 (金) 17:49 (UTC)

>0.5を足して切り捨てるという、単純なアルゴリズムで得られる。なお、負の数に対して正常な結果を得ようとすれば、切り捨ては負の無限大への丸めである必要がある(0への丸めだと、たとえば-2が-1に丸められてしまう)。ただし、0.5を足して負への無限大へ丸めると、端数が0.5の場合

ここからの部分が

すごくわかりずらい

書いたらわかった

ほそい