ノースカロライナ州会議事堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノースカロライナ州会議事堂

ノースカロライナ州会議事堂(ノースカロライナしゅうかいぎじどう、North Carolina State Capitol)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の州都ローリーに立地する議事堂。このギリシア復古様式の議事堂はイシール・タウンとアレクサンダー・ジャクソン・デイビスが設計したもので、1833年に建設が始まり、7年後の1840年に完成した。1888年までは、ノースカロライナ州政府全体がこの議事堂内に置かれていた。ノースカロライナ州最高裁判所もかつては議事堂内にあったが、1940年にノースカロライナ州司法府の庁舎が完成し、移転した。1963年まではノースカロライナ州議会の議場があったが、その後州議会の議場は1ブロック北に隣接して建てられたノースカロライナ州立法府内に移転した。1969年には、副知事室が数ブロック離れたノース・ブラウント通り沿いに建てられた。その結果、現在では州知事室のみが残っている。

ノースカロライナ州会議事堂は1970年には国家歴史登録財[1]、また1973年には国定歴史建造物に指定されている[2][3]

[編集]

  1. ^ National Register Information System. National Register of Historic Places. National Park Service. 2007年1月23日.
  2. ^ Capitol (North Carolina). National Historic Landmark summary listing. National Park Service.
  3. ^ Zehmer, Jack and Ingram, Sherry. National Register of Historic Places Inventory-Nomination: Capitol. (PDFファイル/768KB)およびAccompanying five photos, exterior and interior, from c. 1940 and 1969. (PDFファイル/1.87MB) National Park Service. 1970年4月22日.

外部リンク[編集]