ノーザン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Northern Region
位置
Location of Northern Region in Ghana
統計
州知事 Alhaji Mustapha Ali Idris
州都 タマレ
面積 70,384 km²
(国内第1位)
人口
2000年 調査値
1984 調査値

1,820,806 人
1,164,583 人
18
ISO 3166-2 GH-NP

ノーザン州(Northern Region)は、ガーナの州のひとつであり、ガーナ最大の州である。日本語では北部州とも表記される。州都はタマレで、2004年時点では州内は18の郡に分かれている。ガーナの中でも、気候的、地域的、文化的に、政治・経済的に影響力のある中南部とは大きく異なっている。

地理[編集]

この州はガーナ北部に位置し、北西はアッパー・ウェスト州、北東はアッパー・イースト州、南西はブロン=アハフォ州、南東はヴォルタ州とそれぞれ接している。西はコートジボワールとの国境で、東はトーゴとの国境である。

ノーザン州の郡

[編集]

ノーザン州は以下の18の郡に分かれている。

気候と植生[編集]

ノーザン州はサヘルサハラに近いことから、ガーナ南部よりも乾燥している。植生は主に、バオバブアカシアなどの乾燥に強い植物が群生しているサバンナである。

5月から10月が雨季、11月から4月が乾季で、年間降水量の平均は750 mmから1050 mmである。乾季の終わり頃に最高気温に達し、12月から1月頃に最低気温になるが、12月から2月初旬には、サハラからの熱いハルマタン (Harmattanが吹きつける。気温は夜間の14°Cから昼間の40°Cまで変動する。

経済[編集]

ノーザン州は、ガーナの中で最も開発されていない地域である。経済活動人口の70%以上が農業に従事している。人口密度の低さは、極貧を理由に移住する人々がいることによって引き起こされている側面もある。

民族[編集]

ノーザン州は、ガーナの中で最も人口のまばらな地域である。言語で見ると、人口の52%と最も多いのが、ニジェール=コンゴ語族Mole-Dagbane subfamilyの言語である。この集団の中で最大の民族集団を形成しているのは、ダゴンバ人Dagomba)とマンプルッシ人Mamprussi)である。

グルマ人Gurma)とコンコンバ人Komkomba)は、最大の下位集団(subgroup)を形成しており、人口の21 % を構成している。個別の民族集団として最大なのはダゴンバ人で、人口の3分の1を占める。


ノーザン州の民族紛争[編集]

ノーザン州の諸民族集団間の関係は、絶えず不安定な状態にさらされる。特に対立がくすぶりつづけているのが、ダゴンバ人と「遊牧的な」コンコンバ人である。ダゴンバ人の多くの目には、コンコンバ人は土地を持たない侵略者であり、植民地時代にダゴンバ人の土地に食いこんできたに過ぎないと映っていた。しかし、ノーザン州におけるコンコンバ人の起源と歴史に関するこの視点は、彼ら自身によって共有されたものではないし、科学的な調査、特に1994年以前にも出版されていたダゴンバやコンコンバに関する学術報告に裏打ちされたものでもなかった。1994年の民族衝突はガーナ史上最悪のものであり、他の民族にも飛び火しつつ、終結までに数千人の死者を出した。

参考文献[編集]

  • Bogner, Artur 2000: The 1994 civil war in northern Ghana: The genesis and escalation of a tribal conflict, in: Carola Lentz & Paul Nugent (eds.), Ethnicity in Ghana. London/New York: Macmillan, 2000, pp. 183-203.

外部リンク[編集]

座標: 北緯9度30分 西経1度00分 / 北緯9.500度 西経1.000度 / 9.500; -1.000