ノーザリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーザリー
Northerly.jpg
2004年ターンブルステークス(M.フラハティー騎乗)
品種 サラブレッド
性別 セン馬
毛色 鹿毛
生誕 1996年10月17日
死没 2012年5月9日(15歳没・現地表記)
セリード
ノースベル
生国 オーストラリアの旗 オーストラリア
生産 N. Duncan
馬主 Mr & Mrs NG Duncan
Mrs J Kersley
調教師 Fred Kersley(オーストラリア
競走成績
生涯成績 36戦19勝
獲得賞金 9,341,850オーストラリアドル
テンプレートを表示

ノーザリーNortherly1996年 - 2012年)は、2000年代前半に活躍したオーストラリア競走馬コックスプレート連覇などG1・9勝をあげ2002/2003年オーストラリア年度代表馬に選ばれている。過去に同名の競走馬(ノーザリー)がいたことからNortherly IIとIIを付けることもある。

戦績[編集]

ノーザリーは1999/2000年シーズンにデビューした。初戦は3着に敗れたが、2戦目のアクアニタハンデキャップで勝利をあげる。その後休養に入り2000/2001年シーズン11月に復帰すると4戦目のRJピーターズステークス (G3) で初重賞制覇、5戦目のレイルウェイステークスではG1を勝つまでに至った。その後も重賞では負けることなしに勝ち進み、オーストラリアンカップをレコードで圧勝、2000/2001年シーズンを終えた。

休養を終えた翌シーズン、さらに力を付けたノーザリーは、ジョン・F・フィーハンステークス (G2) でサンラインを破り、続くG1アンダーウッドステークス、ヤルンバステークスを連勝しオーストラリア中距離最強馬決定戦コックスプレートに挑んだ。人気は3連覇を狙う名牝サンラインが1番人気、ノーザリーはサンラインに次ぐ3.5倍の2番人気に押され、レースではそのサンラインを破り勝利を収めた。

2002/2003年シーズンは3戦目のクレイグリーステークスから連勝を始め、前哨戦であるコーフィールドカップを含め4連勝でコックスプレート連覇を目指した。この年は引退レースとして出走していたサンラインを含め、ロンログランデラ、ついでにフィールドオブオマーも出走しコックスプレート史上最高のメンバーが集まったと言われレース前から盛り上がりを見せていた。レースはサンラインの逃げから始まり、ノーザリーはそれを交わすと、ディファイアーとグランデラの追撃も退け優勝した。このシーズンは二度目のオーストラリアンカップ制覇も成し遂げ、2002/2003年シーズンの年度代表馬に選出されている。

その後はコックスプレートを目標に調整されていたが、2003年7月23日屈腱炎を発症し引退が発表された。だが1年半後脚の傷が癒え復帰することになる。復帰初戦ウェルターハンデキャップでは64.5キログラムのハンデに耐え4着に入った。しかし、続くアンダーウッドステークス大敗後、屈腱炎を再発し最終的に引退が決定された。引退後はオークランドパークスタッドにて余生を送り、2012年5月9日疝痛からの合併症により、15歳でその生涯を閉じた。

シーズン別競走成績[編集]

  • 1999/2000年(2戦1勝)
  • 2000/2001年(8戦5勝)
    • オーストラリアンカップ (G1) 、レイルウェイステークス (G1) 、カーリヨンカップ (G2) 、RJピーターズステークス (G3)
  • 2001/2002年(10戦6勝)
    • コックスプレート (G1) 、アンダーウッドステークス (G1) 、ヤルンバステークス (G1) 、ジョンFフィーハンステークス (G2) 、セントジョージステークス (G2)
  • 2002/2003年(14戦7勝)
    • コックスプレート (G1) 、コーフィールドカップ (G1) 、オーストラリアンカップ (G1) 、アンダーウッドステークス (G1) 、クレイグリーステークス (G2) 、ターンブルステークス (G2) 、セントジョージステークス (G2)
  • 2004/2005年(2戦0勝)

血統表[編集]

ノーザリー血統ニジンスキー系 / Northern Dancer3×4×5=21.88%、Flaming Page3×5=15.63%、Raise a Native3×5=15.63%、Dinner Partner3×5=15.63%、Native Dancer4×5=9.38%、Menow5×5=6.25%

Serheed
1980 鹿毛
Nijinsky II
1967 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
Native Partner
1966 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Dinner Partner Tom Fool
Bluehaze

North Bell
1988 黒鹿毛
Bellwater
1982 黒鹿毛
*Bellypha Lyphard
Belga
Paddle *Jim French
Pram
North Fleur
1981 黒鹿毛
Far North Northern Dancer
Fleur
Yoka Triple Band
Royal Hula F-No.9

外部リンク[編集]