ノルウェー民話集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Asbjørnsen og Moes norske folke- og huldre-eventyr. 1896年からの版。

ノルウェー民話集[1][2](ノルウェーみんわしゅう。『ノールウェイの民話[3]、『ノルウェーの民衆の冒険物語[4]の日本語題も。ノルウェー語: Norske Folkeeventyr英語: Norwegian Folktales)は、ペテル・クリスティン・アスビョルンセンヨルゲン・モー英語版による、ノルウェー伝承伝説を収集した本である。収集した2人にちなんで『アスビョルンセンとモー』(Asbjørnsen and Moe)としても知られている[5]

アスビョルンセンとモー[編集]

動物学者であるアスビョルンセンと、聖職者であるモーは、15歳の頃に学校で出会って以来の友人であった[3]。アスビョルンセンは学生時代から民話をいくつか記録しており、学校を卒業した後、3年間の家庭教師の仕事の合間にも収集を続けていた。1833年に聖職者のアンドレアス・ファイエノルウェー語(ブークモール)版がノルウェーの民話をまとめて出版し、次の民話集の出版の準備に入った頃、ファイエの元に国立古文書館の助手から未収録の民話が送られたが、その中に、助手の友人であったアスビョルンセンが収集した民話が含まれていた。間もなくアスビョルンセンはファイエから「民話特命大使に任命する」という趣旨の言葉で締めくくられた礼状を受け取った。アスビョルンセンは他に収集していた伝説などをファイエに見せたが、自身でも民話集を刊行することを考え始めた[6]。いっぽう、モーは卒業後に家庭教師となり、その傍ら民話の研究をしていた[3]。二人は、グリム兄弟による『キンダー・ウント・ハウスメールフェン』を読んだことをきっかけに、共同しての民話集の刊行に本格的に乗り出した[6]

アスビョルンセンとモーに先立ってノルウェーの民話をまとめたアンドレアス・ファイエ(1802年 - 1869年)。
ペテル・クリスティン・アスビョルンセン(1812年 - 1885年)。
ヨルゲン・モー(1813年 - 1882年)。

その著作物は、ノルウェーが新たに得た独立と、19世紀に国内に広まった国家主義のうねりと関連づけて見るべきである[7]。14世紀の半ばのペストの流行によって人口の半分を失い、14世紀末にデンマークを中心としたスカンディナヴィア連合に加わったノルウェーは、1442年からデンマークの統治下となっていたが1814年にようやく独立した。その時代、ヨーロッパ各地では民族意識がわき起こり、特に北欧では、キリスト教を受け入れる以前の古い信仰が見直され、神話に基づく作品がさまざまに創作されていた。ノルウェーでも民族意識に基づいた自国の誇りを取り戻す様々な取り組みがなされていた。そこには言語の問題があったが、ノルウェーの本来の言語を取り戻すことは、デンマークと合併する前の偉大なるノルウェー民族の誇りの回復であった[8]

ノルウェー語の当時の正書法、すなわち書き言葉であるブークモールは、デンマーク語に非常に類似していた。しかし話し言葉はノルウェー語が使われていた。ノルウェーで民族意識が高まる中、デンマーク語の強制を離れて新たに再生されたノルウェー語として、各地の方言に基づいたニーノルシェクが成立していた。こうした背景の中、話し言葉によって語り継がれ、それらが今日あるよりさらに特有だった方言に基づいた情報源を持ったノルウェーの伝承を語り直すことには、書き言葉はあまり適していなかった[7]。アスビョルンセンとモーは、ノルウェー語の口語に沿って物語を表現して文学として成立させ、デンマーク語とは異なった、独立的なノルウェー語の書き言葉を創出するのを促進することとなった[8]。それはまた、アスビョルンセンとモーが、グリム兄弟の信条を適用することによって表現の問題を解決したことによる。すなわち、物語の原形を維持しつつ、方言の代わりに扱いやすい言語表現の様式を用いることとしたのである。

諸本の発行[編集]

アスビョルンセンとモー『ノルウェー民話集』は、いわば原集60話と、新撰集50話の計110話から成る。このうち原集は、1841年をはじめとして、数編ずつ小冊子として小出しに刊行されたという経歴をもつ。これは編者・書名の記載や目次すらない粗末なつくりであったが好評を博し、ピーター・アンドレアス・ムンク英語版がドイツ語の新聞で絶賛した[9]。こうした支持を得たことで、今度はきちんとした装丁の書物として改めて出版された。既刊分の第1部(1843年)の再版と、新たな第2部(1844年)である。ふたつの部を統合した第2版は1852年に出されている[10]。 原集は当初58話、のちの版で60話となった。新撰集50話(Norske Folke-Eventyr. Ny Samling)は1871年に発行された。

後の版には、ノルウェーの画家、エーリック・ヴァーレンショルドテオドール・キッテルセンOtto Sinding、その他の画家によって、広く知られる挿絵を入れられた[11]。ヴァーレンショルドはアスビョルセンにその絵を喜ばれて民話集の制作に招かれ、民話集によってノルウェーで広く知られることとなった。またキッテルセンは、ヴァーレンショルドが民話集の続刊の制作に招かれた時、民話の世界を描き出すのに優れているからとアスビョルンセンに紹介した、まだ無名の画家であった。アスビョルンセンは同時代のロマンティシズムとは無縁の彼の作風に驚きつつも、その絵を見た子供達が民話世界への憧れを掻き立てさせられたのを目の当たりにし、キッテルセンを挿絵に迎えた[12]

また、アスビョルンセンが単独で発表した民話集に『ノルウェー妖精話と民間伝説』Norske Huldre-Eventyr og Folkesagn I-II (1845–48年)があり[5]、これも第2集Norske huldre-eventyr og folkesagn: anden samling (1866年)によって補完されている[13]

『ノルウェーの民話集』はグリム兄弟からも高く評価され、『グリム童話』に続いて世界に受け入れられた[2]。1844年、アスビョルンセンとモーはヤーコプ・グリムに宛てた手紙において、『キンダー・ウント・ハウスメールフェン』を読んだことなどで多くのアイディアを得た旨の礼を述べている。なお、モーは聖職者としての仕事が多忙となったため民話の収集と研究が困難となったが、彼の息子モルケ英語版が父を継いでアスビョルンセンと共に研究を続けた。後にモルケは民俗学者となった[14]

英語・ドイツ語への翻訳[編集]

民話集は、サー・ジョージ・ダセント英語版によって、110話中のほとんどが英語に翻訳されている。そのPopular Tales from the Norse(1859年)は、原集の最初の58話をすべて収録する[3][注 1]ダセントはそののちTales from the Fjeld: A Second Series of Popular Tales (1874) を発表し、原集の残り2話と、新撰集のうち45話を収録した[注 2]

アスビョルンセンとモーは、ダセントの翻訳を明らかに良いと思った。「フランスとイギリスで収集本が出版されたが、それにおいて我々の物語は、徹底的な支配力のもと、正確にそして完全に翻訳されるだけではなく模範的な事実ならびに無関心を伴って表現された。ジョージ・ダセントによるものは、英訳で出版された我々の物語の中で最高で最も適切な表現である。」

H・L・ブレクスタ(Hans Lien Braekstad)英訳Round the Yule Log: Norwegian Folk and Fairy Tales (1881年)には、『ノルウェー妖精話と民間伝説』からかいつまんでの訳出も含まれる[15]。ドイツ訳にはクララ・ストレーベ女史『北欧民話集』(Nordische Volksmärchen 1922年)があるが、これをマーテンズが英語に抄訳したNorwegian Fairy Book(1922年)は、それまでかつての英訳者がやり残した諸話を一部おぎなうものである。 パット・ショー・イヴァーセンとカール・ノーマン共訳Norwegian Folktales (1960年)に選出された民話には、ダセントが訳出しなかった新撰集(Ny Samling )の作品のうち数篇が含まれている[16]

民話[編集]

日本語題が不明である作品は、翻訳元の英語版記事に基づき、英語題を記載した。

テオドール・キッテルセンによる『トロールと大食い競争をしたアスケラッド英語版』に添えられた挿絵。
テオドール・キッテルセンによる『灰つつきとすてきな仲間たち』に添えられた挿絵。

脚注[編集]

モーの息子、モルケ(Moltke Moe)。

補注[編集]

  1. ^ Bjørnen og revenは原書では1話と数えるが、ダセントは2つの小話に分けているのため、つごう計数が59話に増している。
  2. ^ ダセントTales from the Fjeld" が計上する51話= 原集の2話 + 新撰集 45 話 + 3 (原書ではBjørnen og reven1篇とするのを4篇の小話に計上した結果) + 1 ("The Haunted Mill" は原話"Kværensagn"で、これはアスビョルンセン単独の"Norske Huldre-Eventyr og Folkesagn"よりとられている。
  3. ^ 「囁くダチョウのたまご」という和名表記と、英訳がThe Greedy Youngster (正しくは)である記述。がBreakstad1919, pp.94-107.次の論文にあらわれる:粉川, 光葉 (2013)). 北欧文化圏に伝承される超自然的存在“トロル”像の変遷―ノルウェーとアイスランドの民間説話を中心に― (M.A. thesis). Tohoku University.. p. 111. http://hdl.handle.net/10097/55447  pdfで使われる。

出典[編集]

  1. ^ 山室静「少年少女のための北欧文学の歩み」(『少年少女世界の名作文学 第39巻 北欧編2』、1967年、小学館、ASIN B000JBPPIW)488頁で確認した日本語題。
  2. ^ a b 『ノルウェーの民話』333頁(訳者あとがき)。
  3. ^ a b c d 『太陽の東 月の西』260頁(訳者あとがき)。
  4. ^ 『太陽の東 月の西』268頁(三瓶恵子「三度出会う物語」)で確認した日本語題。
  5. ^ a b  Chisholm, Hugh, ed (1911). “Asbjörnsen, Peter Christen”. Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press. 
  6. ^ a b 『ノルウェーの民話』(パット・ショー「ノルウェーの民話と挿絵について」)9-10頁。
  7. ^ a b 『ノルウェーの民話』(訳者あとがき)333-336頁。
  8. ^ a b 『ノルウェーの民話』(訳者あとがき)335-336頁。
  9. ^ Wells & 2013 35–36
  10. ^ Rudvin 1999, p. 41
  11. ^ Rudvin 1999
  12. ^ 『ノルウェーの民話』(パット・ショー「ノルウェーの民話と挿絵について」)11-13頁。
  13. ^ Asbjørnsen, Peter Christen, ed (1870). Norske huldre-eventyr og folkesagn: anden samling (3 ed.). Christiania: P.J. Steensballes Forlag. http://books.google.com/books?id=SGYJAAAAQAAJ. 
  14. ^ 『ノルウェーの民話』(パット・ショー「ノルウェーの民話と挿絵について」)10-11頁。
  15. ^ Braekstad 1881
  16. ^ Iversen 1990 [1960]
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 『ノルウェーの昔話』で確認した日本語題。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 『ノルウェーの民話』(1999)で確認した日本語題。青土社
  19. ^ Norske folke- og huldre-eventyr i udvalg Kværnsagn 日本語題名は "Ja, jeg heder Sjøl jeg" の応用であろう。(英訳Legends of the Mill "My name is Self"
  20. ^ Lunge-Larsen, Lise (translator) (1999). The Troll With no Heart in His Body. HMH Books for Young Readers. ISBN 0395913713. 所収
  21. ^ Eventyrbog for Barn 1883-1887 所収
  22. ^ a b c d e f g h i j ‎Pat Shaw Iversen、Carl Norman 共訳 Norwegian folk tales (1960)
  23. ^ D. L. Ashliman (200-2010). “Bride Tests: The Storehouse Key in the Distaff”. Folklore and Mythology Electronic Texts. 2013年11月27日閲覧。
  24. ^ a b c Dasent 1874の英語題名
  25. ^ a b c d e f g h i j 『太陽の東 月の西』で確認した日本語題。
  26. ^ a b アンドルー・ラング世界童話集 第1巻 あおいろの童話集』(西村醇子監修、東京創元社、2008年1月、ISBN 978-4-488-01856-6)で確認した日本語題。
  27. ^ 『アンドルー・ラング世界童話集 第2巻 あかいろの童話集』(西村醇子監修、東京創元社、2008年1月、ISBN 978-4-488-01857-3)で確認した日本語題。
  28. ^ 『世界傑作絵本シリーズ 三びきのやぎのがらがらどん - アスビョルンセンとモーによるノルウェーの昔話』(瀬田貞二訳、福音館書店、1965年、ISBN 978-4-8340-0043-6)で確認した日本語題。
  29. ^ Brækstad, Hans Lien, 1845-1915 (translator) (1881). Round the Yule Log: Norwegian Folk and Fairy Tales. Hans Peter Hansen (illustrator). London: , Sampson Low, Marston, Searle &Rivington. pp. 94-107. http://books.google.co.jp/books?id=8nYsWIjf7s4C. 
  30. ^ "Asbjörnsen has.. 'the mumbling goose egg' (Mumle Gaaseæg)" Mab Merion (1890). “On the Similarity of Northern Folk Tales”. The Highland Monthly 1: 561. http://books.google.co.jp/books?id=u14aAQAAIAAJ&pg=PA561. 
  31. ^ Braekstad 1881, Peik, pp.194-に所収
  32. ^ Moltke Moe 編 Barne-Eventyr (1909年)所収。フォークロア・インデックス番号 AT 65 (The she-fox's suitors) "Fox-Widow"

参考文献[編集]

邦書
英訳
その他

外部リンク[編集]