ノラの戦い (紀元前215年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第二次ノラの戦い
戦争第二次ポエニ戦争
年月日紀元前215年
場所ノラ
結果:カルタゴ軍の退却
交戦勢力
カルタゴ 共和政ローマ
指揮官
ハンニバル・バルカ マルクス・クラウディウス・マルケルス
第二次ポエニ戦争

第二次ノラの戦いは、第二次ポエニ戦争において紀元前215年ハンニバル・バルカ率いるカルタゴ軍とマルクス・クラウディウス・マルケルス率いるローマ軍との間で戦われた戦闘である。

経過[編集]

前年の失敗にもかかわらず、ハンニバルは再びノラ奪取を試みた。ハンニバルはノラのマルケルスに会戦を挑んだものの、マルケルスはそれに応じなかった。このため戦う気が失せたカルタゴ軍は略奪を始めたが、マルケルスはそれに襲いかかった。その時ローマ軍は会戦で使う長い槍を装備しており、このため短い突き槍を用いていたカルタゴ軍に対して優勢に戦い、カルタゴ軍は撤退した[1]。プルタルコスは「後に残された戦死者の遺体は5000、捕虜は600、死んだ象は4頭、生け捕りにした象は2頭であった」[2]としているが、この記述ではこれがカルタゴ軍だけの損害か、双方合わせての損害かは不明確である(少なくとも象に限ってはカルタゴ軍のものであると言える)。

その後[編集]

この戦いから3日目に、カルタゴ軍よりローマ軍へとイベリア人とヌミディア人の騎兵300騎が脱走してきて、以後彼らはローマ側で忠実に戦った。

[編集]

  1. ^ プルタルコス, 「マルケルス」, 12
  2. ^ ibids, 12

参考文献[編集]