ノメンターナ街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノメンターナ街道にあるノメンターノ橋。2008年の洪水で水位が上がった状態の写真

ノメンターナ街道(Via Nomentana)はイタリアの古代ローマ街道の1つで、ローマから北東のNomentum(現在のメンターナ)まで、23km(14マイル)の道のりである。もともとは Via Ficulnensis という名で、ローマから古いラテン人の村 Ficulnea までの13km(8マイル)の道だった。それが Nomentum まで延長されたのだが重要な街道にはならず、Nomentumから数km進んだところでサラリア街道と合流している。今ではメンターナまでは舗装された道路で置き換えられているが、かつてのローマ街道の舗装が何箇所かで残っている。

もともとはセルウィウス城壁の現存しないコッリーナ門を起点としていたが、3世紀の皇帝アルレリアヌスアウレリアヌス城壁を作り、ノメンターナ門を起点とするようになった。教皇ピウス4世はノメンターナ街道の起点を移すことを決め、そのために新たにピア門が建設された。

ローマ橋[編集]

この街道沿いのローマ橋としては、ノメンターノ橋が現存している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]