ノミンギア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノミンギア
生息年代: 70 Ma
Nomingia gobiensis.png
生体復元図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
階級なし : コエルロサウルス類 Coelurosauria
階級なし : オヴィラプトロサウルス類 Oviraptorosauria
: オヴィラプトル科 Oviraptoridae
: ノミンギア Nomingia
学名
Nomingia
Barsbold2000

ノミンギア(Nomingia)は白亜紀後期に現在のモンゴルに生息していたオヴィラプトル科獣脚類恐竜の属に一つである。化石はブギン・ツァブ層から発見されている。

発見と命名[編集]

ホロタイプ標本の椎骨と尾

ホロタイプ標本GIN 100/119 は1994年にネメグト層英語版の白亜紀後期マーストリヒト期の地層から発見され、脊椎、骨盤、左の脛と足首で構成されている。2000年にリンチェン・バルスボルド英語版ハルツカ・オスモルスカ英語版、渡部 真人、フィリップ・カリー英語版およびKhishigjaw Tsogtbaatarにより命名、記載された。学名の由来は化石発見地にちなんだものであり、属名はゴビ砂漠近郊のNomingiin Gobiに言及したもので、種小名はゴビ砂漠そのものに言及したものである[1]

特徴[編集]

ノミンギアは中型のオビラプトロサウルス類であり、グレゴリー・ポール英語版による推定では体長1.7 m、体重20 kgほどである[2]。尾の先端の尾端骨英語版に似た5つの癒合した尾椎で特徴付けられ、バルスボルドらはここにカウディプテリクスのものに似た扇状の羽毛があったと推測している[1]。この化石が発見されるまでは同様の構造の骨は鳥類にしかみつかっていなかった。

キロステノテスなどの他のオヴィラプトル科の種と同様にN. gobiensis はくちばし状の顎を持つ中型の獣脚類であり、おそらくディスプレイ英語版として使用されたであろうとさかを持っていた。

系統[編集]

バルスボルドらはノミンギアがカエナグナトゥス科(Caenagnathidae)(=エルミサウルスElmisaurinae))に属すると考えたものの、公式にはより一般的なオヴィラプトロサウルス類に分類した[1]。後続の分岐学的な解析では正確にはどの下位分類群に属しているか一致を得ていない。

参照[編集]

  1. ^ a b c Barsbold, R.; Osmólska, H.; Watabe, M.; Currie, P.J.; Tsogtbaatar, K. (2000). “New Oviraptorosaur (Dinosauria, Theropoda) From Mongolia: The First Dinosaur With A Pygostyle”. Acta Palaeontologica Polonica 45 (2): 97–106. 
  2. ^ Paul, G.S., 2010, The Princeton Field Guide to Dinosaurs, Princeton University Press p. 152

外部リンク[編集]