ノベルフード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノベルフードNovel Food)とは、欧州においてあきらかに食経験のない食品あるいは食品原料、1997年5月15日以前に食用として使用されたことのない方法で作られた食品あるいは食品原料である[1]。遺伝子組み換え原料を使用した食品に関して欧州議会(EC)が懸念したことから制定された。これに該当する食品・食品原料は欧州議会および理事会の定めるノベルフード制定法令に従い安全性の承認を得なければならない[2]。ノベルフードに認定されているものは加工オイルなどが多いが、欧州以外で食経験があるもの(例、モリンダシトリフォリア(ノニ)やバオバブなど)もその対象となり認定を受けている。

認定[編集]

認定には「Authorization」と「Notification」の2種類がある。「Authorization」は成分、製造法、安全性評価などについて報告し、欧州安全性評価機関(en:EFSA)による審査を受け、健康や環境に対し危険性がないことを承認されなければならない[3]。2011年9月までに126件の申請がされているが、ノベルフードとして認定を受けているものは51件である。承認以外のものは現在審査過程のものもあるが、申請取り下げや承認拒否されたものも多い。承認を受けている企業はユニリーバモンサントモリンダなどで、複数の承認を受けている。日本企業では林原サントリーの原料が承認を受けている[4]。一方「Notification」は、すでに食品あるいは食品原料として認められたものと実質同じものであると立証された場合にのみ、企業は欧州委員会に申請できる。これにより認可を受けたものは2012年2月9日までで180件ある[5]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Introduction:EUROPA - Food Safety - Novel Food
  2. ^ Authorisations:EUROPA - Food Safety - Novel Food
  3. ^ Consumer Safety:Novel foods and food ingredients
  4. ^ Applications under Regulation (EC) N° 258/97 of the European Parliament and of the Council:[1]
  5. ^ NOTIFICATIONS PURSUANT TO ARTICLE 5 OF REGULATION (EC) N° 258/97 OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL (April 2007):[2]