ノビタキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノビタキ
Saxicola torquatus axillaris, Nanyuki, Kenya.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ツグミ科 Turdidae
: ノビタキ属 Saxicola
: ノビタキ S. torquata
学名
Saxicola torquata
(Linnaeus, 1766)
和名
ノビタキ
英名
African Stonechat

ノビタキ(野鶲、学名:Saxicola torquata)は、スズメ目ツグミ科に分類されるである。

分布[編集]

ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬期は南方へ渡る。東南アジアインド等では周年見ることができる。

日本では夏鳥として、本州中部以北に渡来し繁殖する。本州中部以南では春秋の渡りの時期に見られる。八重山諸島では少数が越冬している。

形態[編集]

体長約13cm。成鳥雄の夏羽は、頭部や喉、背中、翼、尾が黒く、頸の両側と腹部は白い。胸は澄色で腰は白く、翼に白斑がある。成鳥雌の夏羽は、上面が黄褐色で下面は淡い澄黄色、腹部はやや白みがかっている。腰は淡い澄色で、翼に白斑がある雄よりも小さい。冬羽では雄雌とも全身が澄黄色がかってくるが、雄の頭部や喉は黒褐色である。

生態[編集]

北海道では平地の草原、本州では高原に生息する。秋の渡りの時期は、平地でもよく観察される。

草の穂先や灌木などにとまっては移動を繰り返しながら、主に昆虫類を捕食する。

「ヒーチュ ヒチー」、「チー ピーチョチー」などの声でさえずる。地鳴きは「ヒッ」、「ジャッ ジャッ」など。

関連項目[編集]