ノドジロルリインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノドジロルリインコ
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: インコ科 Psittacidae
: Vini
: ノドジロルリインコ
V. peruviana
学名
Vini peruviana (Müller, 1776)
和名
ノドジロルリインコ
英名
Blue lorikeet
Indigo lori
Tahiti blue lori
Tahitian lori

ノドジロルリインコ(喉白瑠璃鸚哥、Vini peruviana)は、動物界脊索動物門鳥綱オウム目インコ科に分類される鳥。

分布[編集]

フランスソシエテ諸島トゥアモトゥ諸島固有種ニュージーランドアイトゥタキ島)に移入。

形態[編集]

全長14cm。全身は紫がかった暗青色の羽毛で覆われる。頬から胸部にかけては白い羽毛で覆われる。

虹彩は黄褐色。嘴や後肢の色彩はオレンジ色。

生態[編集]

原生林や二次林に生息し、特にその境界線を好む。

食性は植物食で、花やその蜜、果実、芽などを食べる。

繁殖形態は卵生。5-7月(10-翌1月に繁殖した例もあり)に樹洞に巣を作った例があり、1回に2個の卵を産む。飼育下での抱卵期間は約25日。雛は孵化してから約60日で巣立つ。

人間と関係[編集]

狩猟、人為的に移入された動物(クマネズミミナミチュウヒ、ノネコなど)による捕食、蚊によるマラリアの伝播などにより生息数は激減している。かつてはソシエテ諸島とトゥアモトゥ諸島のうち23島に分布していたが、そのうち15島では絶滅した。クマネズミのいないアイトゥタキ島に移入された個体群1991年における生息数が約1000羽、1992年および1994年における生息数は約1,200羽と推定されている。

関連項目[編集]

  • 東京ミュウミュウ 主人公の一人、藍沢 みんとはノドジロルリインコのDNAと合体してミュウミントとなる

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社2001年、93、205頁。

外部リンク[編集]