ノトバイオート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノトバイオート(英:gnotobiote)とはもっている微生物叢が全て知られている動物。帝王切開あるいは子宮切断により母獣より無菌的に取り出した胎子をアイソレーター内の無菌環境下で人工保育することにより得られた無菌動物に既知の微生物を投与、定着させることにより作出される。微生物と宿主の関係を研究する目的で作出される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 光岡知足、波岡茂郎、輿水馨、前島一淑編集 『獣医実験動物学』 川島書店 1990年 ISBN 4761004282
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104