ノック・ネヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Insert image here.svg
船歴
起工 1975年3月19日
進水 1975年9月4日
竣工 1979年12月3日
船体延長 1980年7月12月
その後 2010年解体。
主要目
総トン数 260,851 トン
載貨重量トン数 564,763 トン
全長 458.45 m (1,504.10 ft)
垂線間長 440.0 m
型幅 68.8 m (225.72 ft)
型深 29.8 m
吃水 24.61 m
機関 蒸気タービン 1基
主機出力 50,000馬力
速力 15.3ノット
乗員

ノック・ネヴィス (Knock Nevis) は、ノルウェー船籍の石油タンカーである。全長458.45m、全幅68.8m、564,763重量トンと、かつて建造された最大の船である。ただし総トン数ではバティラス級タンカー4隻に次ぐ5位である。ノック・ネヴィスは1979年から80年にかけて建造され、1988年にイラン・イラク戦争で撃沈され、戦後に浮揚、修理された。その後2004年から2009年まで沖合で浮体式貯蔵積出設備(FSO)として使用されていた。2010年にインドのグジャラートで解体された。36トンある錨がノルウェーから香港へ贈られた。

船歴[編集]

船はギリシャによる発注で住友重機械追浜造船所(現:横須賀製造所)で建造されたものの、ギア設計の問題とそれに伴う振動問題で受け取りを拒絶され、発注者と造船所との調停後、中国企業に売却された。その後未完成の船体は香港の海運王董浩雲の海運会社、東方海外国際有限公司に売却された。日本鋼管津製作所で船体延長され、その積載量は増加し、かつて建造された最大の船となった。船は2年後に進水し、シーワイズ・ジャイアント (Seawise Giant) と命名された。これは所有者董浩雲 (Tung Chao Yung, C. Y. Tung) にあやかって命名されたものであった。董浩雲は船の建造で資金難となり、結局中国政府による支援を受けた。

就役後は中東とアメリカ間で運行されたが、イラン・イラク戦争間の1986年から海上倉庫および積み替えターミナルとして使用された。1988年5月にホルムズ海峡でイラク空軍機の攻撃を受け、エグゾセミサイルが命中炎上し、沈没した。ブルネイに牽引されていた船体は1989年後半にノルウェーのKS-カンパニーによって購入され、シンガポールのケッペル造船所で修理を受けた。同時に、ハッピー・ジャイアント (Happy Giant) と改名された。修理が完了する前の1991年にKS-カンパニーはノルウェーのヨルゲン・ヤーレによって管理されることとなり、船は ヤーレ・ヴァイキング (Jahre Viking) と改名された。1990年代末にKS-カンパニーはフレッド・オルセンと彼の会社ファースト・オルセン・タンカーズによって買収された。

2004年3月に、船は新たなオーナーのフレッド・オルセン・プロダクションに移管され、ドバイ乾ドックに入った。そこで船名はノック・ネヴィスと改名された。ノック・ネヴィスはペルシャ湾のカタール・アル・シャヒーン油田で海上石油・ガス貯蔵設備として使用された。本船は1979年から2009年まで活躍した。

参考文献[編集]

  • 船舶技術協会『船の科学』1980年1月号 第33巻第1号
  • 船舶技術協会『船の科学』1981年2月号 第34巻第2号
  • 海人社『世界の艦船』2000年12月号 No.576

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ノック・ネヴィスに関するカテゴリがあります。