ノスリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノスリ
Buteo japonicus1.jpg
ノスリ Buteo japonicus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: ノスリ属 Buteo
: ノスリ B. japonicus
学名
Buteo japonicus
Temminck & Schlegel1844
和名
ノスリ
英名
Eastern Buzzard

ノスリ(鵟、学名 Buteo japonicus)は、鳥類タカ目タカ科ノスリ属の1種である。

従来、ノスリ属の模式種ヨーロッパノスリ Buteo buteo などと同種とされていたが、2008年の分子系統により別種と判明した[1]

分布[編集]

中央・南シベリアモンゴル中国日本に棲息する[1]。夏季は亜寒帯や温帯域で繁殖し、冬季は熱帯や温帯へ渡りをおこない越冬する。

日本では亜種ノスリ、亜種ダイトウノスリ、亜種オガサワラノスリが生息する。亜種ノスリは、北海道本州中部以北、四国の山地で繁殖し、繁殖地では留鳥である。この他南西諸島を除く全国に冬鳥として飛来する。亜種ダイトウノスリは大東諸島に留鳥として生息したとされていたが、すでに絶滅しているとされる。亜種オガサワラノスリは小笠原諸島留鳥として周年生息する。

ノスリ、ヨーロッパノスリ、B. refectus を合わせた生息域。
  繁殖地(夏鳥)
  年間を通じ棲息(留鳥)
  越冬地(冬鳥)

形態[編集]

全長50–60cm。翼開長100–140cm。体重500–1300g。オスよりもメスの方が大型になる。背面は褐色、腹面は淡褐色の羽毛に覆われる。喉の羽毛は黒い。

虹彩は褐色。

B. j. oshiroi ダイトウノスリ
全体的に黄土色がかり、背面や翼の羽毛の赤みが強い。
B. j. toyoshimai オガサワラノスリ
やや小型。背面の羽毛の色彩が淡く、全体的に白っぽい。

系統と分類[編集]

かつてノスリに近縁と考えられたヨーロッパノスリ
ノスリに近縁なマダガスカルノスリ

系統は Lerner et al. (2008)[2]、種はIOC[1]より。




アカケアシノスリ Buteo regalis



ケアシノスリ Buteo lagopus




アフリカアカオノスリ Buteo auguralis



ヨーロッパノスリ Buteo buteo



ニシオオノスリ Buteo rufinus




マダガスカルノスリ Buteo brachypterus



ノスリ Buteo japonicus





オオノスリ Buteo hemilasius



Buteo refectus





アカクロノスリ Buteo rufofuscus



ヨゲンノスリ Buteo augur




かつての広義のノスリ B. buteo は、系統的に離れたヨーロッパノスリ B. buteo、ノスリ B. japonicusB. refectus の3種に分割された。ノスリはマダガスカルノスリに、B. refectus はオオノスリに近縁である。

ヨーロッパノスリはユーラシアの広域で繁殖し、アフリカ熱帯アジアでも越冬する。B. refectusヒマラヤに棲息する。

かつて別種とされることがあったソウゲンノスリ B. b. vulpinus は、ヨーロッパノスリにとどめられる。

亜種[編集]

等 ?

亜種ダイトウノスリは1970年代初めから記録がなく、絶滅した可能性もある。また、分類の基準となるタイプ標本が存在しないため、そもそも亜種としての存在を疑問視する声もある。

生態[編集]

平地から山地森林に生息する。群れは形成せず、単独もしくはペアで生活する。

食性は動物食で、昆虫類節足動物、陸棲の貝類ミミズ両生類爬虫類、鳥類、小型哺乳類等を食べる。

繁殖期には縄張りを形成する。樹上や断崖の上に木の枝を組み合わせた巣を作り、日本では5月に2–4個の卵を産む。主にメスが抱卵(雌雄とも抱卵することもある)し、抱卵期間は33–35日。雛は孵化後50–55日で飛翔できるようになり、その40–55日後に独立する。生後2–3年で性成熟する。

保全状況評価[編集]

種とされて日が浅いため、IUCN Red List ではUR (Under Review) である。

ダイトウノスリ B. j. oshiroi
オガサワラノスリ B. j. toyoshimai

人間との関係[編集]

人里近くにも生息するため環境破壊による生息地や獲物の減少の影響を受けやすく、生息数は減少している。

鷹と似ているが鷹狩に使えない為、役に立たない鷹として、奈良時代には「くそとび」と呼ばれていた[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), “Raptors”, IOC World Bird Names, 2.6, http://www.worldbirdnames.org/n-raptors.html 
  2. ^ Lerner, H.R.L.; Llaver, M.C.; Mindell, D.P. (2008), “Molecular Phylogenetics of the Buteonine Birds of Prey (Accipitridae)”, Auk 304: 304–315, http://www.bioone.org/doi/abs/10.1525/auk.2008.06161 
  3. ^ 安部直哉『山渓名前図鑑 野鳥の名前』(山と渓谷社) 253頁 ISBN 978-4-635-07017-1

参考文献[編集]

外部リンク[編集]