ノスフェラトゥ (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノスフェラトゥ
Nosferatu: Phantom der Nacht
監督 ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本 ヴェルナー・ヘルツォーク
製作 ヴェルナー・ヘルツォーク
音楽 ポポル・ヴー
撮影 イェルク・シュミット=ライトヴァイン
配給 日本の旗 俳優座シネマテン/パルコ
公開 西ドイツの旗 1979年4月12日
日本の旗 1985年12月14日
上映時間 107分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
フランスの旗 フランス
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

ノスフェラトゥ』(Nosferatu: Phantom der Nacht)は、1979年西ドイツ映画

概要[編集]

本作は、1922年ドイツブラム・ストーカーの『ドラキュラ』を映画化した『吸血鬼ノスフェラトゥ』のリメイクで、19世紀のドイツのヴィスマールルーマニアトランシルバニアが主な舞台となっている。脚本監督ヴェルナー・ヘルツォークが担当し、主人公のドラキュラ伯爵はクラウス・キンスキーが演じた。

批評家や映画好きに温かく受け入れられた本作は、商業的にも成功した。本作はヘルツォークとキンスキーがコンビを組んだ五作品のうち二作目に当たり、同年には同じく二人による『ヴォイツェク』も公開された。

なお、アウグスト・カミニートが1988年に監督した作品に『バンパイア・イン・ベニス』(原題:Nosferatu in Venice)という作品があるが、キンスキーが出演したこと以外にこの作品との関連はほとんど無い。


制作[編集]

企画[編集]

『ノスフェラトゥ』の大まかなストーリーは、ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』にのっとっているものの、ヴェルナー・ヘルツォークは本作をF・W・ムルナウの『吸血鬼ノスフェラトゥ』に捧げたリメイクとして監督・製作したため、ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』とは異なる点がいくつか見受けられる。 ムルナウは、ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』の映画化の許諾がおりなかったため、妻であるフローレンスが所有するこの小説の知的所有権の侵害を避けるべく、登場人物名等を変えたうえで映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』を制作したという経緯がある。

それでも訴訟は避けられず、結局『吸血鬼ノスフェラトゥ』のプリントすべてが破棄されるに至った。破棄を免れたプリントも存在し、フローレンスが亡くなり著作権が切れた後、残ったプリントは保管された[1]

1960年から70年代初期にかけ、復元された『吸血鬼ノスフェラトゥ』の上映が行われ、新世代の映画ファンを楽しませた。 ヘルツォークは、この映画をドイツ史上最高の映画と考えており[2] 、クラウス・キンスキーを主役に据えたうえで、ヘルツォーク自らリメイクしたいと考えるようになった ドラキュラの著作権が切れ、パブリックドメイン入りした1979年、ヘルツォークは『吸血鬼ノスフェラトゥ』の構想をより膨らませ、元のドラキュラのキャラクター名を登場人物名として使った。ただし、『ノスフェラトゥ』におけるジョナサン・ハーカーの妻の名前と妻の友人の名前が入れ代っていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ドラキュラ伯爵 クラウス・キンスキー 家弓家正
ルーシー・ハーカー イザベル・アジャーニ 榊原良子
ジョナサン・ハーカー ブルーノ・ガンツ 玄田哲章
レンフィールド ローラン・トポール 西川幾雄
ヴァン・ヘルシング教授 ワルター・ラーデンガスト
ヴェルデン ダン・ヴァン・ハッセン
港の管理人 ヤン・グロート
シュレイダー カールステン・ボディヌス
ミナ モルテ・グローマン
店員 クレメンス・シャイツ
御者 ジョン・レディ
棺職人 ティム・ビークマン

動物虐待疑惑[編集]

オランダの生物行動学者マールテント・ハート英語版は、ヘルツォークから実験用ラットの管理指導として雇われたが、ヘルツォーク側がラットをむごたらしく扱ったのを目の当たりにして、協力を断った。

輸送状況が悪かったこともあり、ハンガリーから輸入されたラットたちはオランダについた時点で共食いを始めていた。ヘルツォークは輸送されてきた白いラットたちを灰色に染めようと主張した。それを実現させるべくラットたちの入った檻が数秒間熱湯に浸され、その時点で半数が死んでしまったとハートは語っている。ハートが思った通り、生き残ったラットたちが体中を舐めたため、結局染料が取れてしまった。 また、ハートは撮影で使われたも同じような扱いを受けたと話すが、詳細については語らなかった[3]。 2010年、ハートは Zomergasten というテレビ番組で、『ノスフェラトゥ』にネズミの専門家として雇われた時のことを語った。 番組内でハートは「ペストのシーンの撮影のため12,000匹のラットをハンガリーからオランダに輸入した。輸送に3日かかり、十分な食事や水分が与えられず共食いを引き起こした。いざラットがオランダに届くと、ヘルツォークがネズミを黒く染めろという。黒くするためにラットを熱湯の中に入れ、半数が死んだ。嫌になった私はこの仕事から降りた。」と語り、このやり方は非道だと話した[4]

脚注[編集]

  1. ^ Nosferatu”. Silent Movie Monsters. 2006年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月30日閲覧。
  2. ^ Fruits of Anger - Werner Herzog on Nosferatu”. hatii.arts.gla.ac.uk. 2007年1月30日閲覧。
  3. ^ Maarten 't Hart in Zomergasten, VPRO, 2010-08-01.
  4. ^ Maarten 't Hart in "Zomergasten" (VPRO, NL), 01.08.2010.

外部リンク[編集]