ノストラダムス戦慄の啓示 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノストラダムス戦慄の啓示
The Terrifying Revelations of NOSTRADAMUS
監督 粟屋友美子
脚本

ノストラダムス・

シナリオプロジェクト
製作 幸福の科学出版
製作総指揮 大川隆法
音楽 水澤有一
配給 東映
公開 日本の旗 1994年9月10日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 ヘルメス-愛は風の如く
テンプレートを表示

ノストラダムス戦慄の啓示』(ノストラダムスせんりつのけいじ)は、幸福の科学出版による日本映画で、1994年9月10日東映系で公開された。上映時間は103分。宗教性の高いスペクタクル映画である。

概要[編集]

地球を舞台に繰り広げられる「光と闇の戦い」がメインテーマであり、同名の原作本でのノストラダムス霊の語る予言とは異なり、幸福の科学の示す思想が表現されている。

朝日新聞社主催「朝日ベストテン映画祭」読者賞グランプリ受賞(1995年)。

作品中の8割から9割のシーンにおいて SFX が採用されており[1]、日本映画として初めて「シネオン(Cineon)」が導入されたが、シネオン以外にも、光学合成コンピュータグラフィックス(CG)、ミニチュアの特撮などの手法が使用されている。CGは当時日本最大のデジタル合成画像制作会社であったリンクスによるもの[1]

ストーリー[編集]

霊界にいるノストラダムスの手元には、一冊の予言の書『予言集百詩篇諸世紀)』がある。その書には、予言どおりに起きてしまった19世紀から20世紀の悲惨な歴史が記されていた。20世紀末には、悪想念が勢力を拡大し、地球に沈もうとする。しかしながら、を地上に供給するために天上界の高級霊人たちも懸命の努力を続けていた。

地球を舞台に繰り広げられる「光と闇の戦い」がメインテーマであるが、以下のテーマに関する個別のストーリーが進行し、原作とは異なり、幸福の科学思想が表現されている。

  1. 悪想念と地球意識
  2. 霊界構造の秘密
  3. 天使の仕事
  4. 生まれ変わりのシステム
  5. 宇宙人UFO
  6. 救世の
  7. エル・カンターレ

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作総指揮・原作:大川隆法
  • 企画:大川きょう子
  • 脚本:ノストラダムス・シナリオプロジェクト
  • プロデューサー:丸久生
  • プロデューサー補:飯島茂
  • 監督:粟屋友美子
  • 撮影監督:金子雪生
  • 撮影:高瀬比呂志
  • 特撮監督:川添 和人
  • 美術:竹内公一
  • 美術監修:木村威夫
  • 照明:田村文彦
  • 録音:矢野勝久
  • 助監督:東田眞一
  • 制作担当:市村智保
  • 編集:菅野善雄
  • 特殊効果:古賀信明
  • CG制作プロデューサー:杉村克之
  • CG制作:秋山貴彦
  • 視覚効果:小野寺浩
  • デジタル合成:シネサイト
  • アドバイザー:景山民夫
  • 音楽プロデューサー:高桑忠男
  • 音楽:水沢有一
    • Fuji-Yama
  • 制作協力:プラニング アーツ、アニメーション スタッフルーム、リンクス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、364頁。ISBN 4766927060

関連図書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]