ノジスミレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノジスミレ
Viola yedoensis
Viola yedoensis(2009-1-16)
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キントラノオ目 Malpighiales
: スミレ科 Violaceae
: スミレ属 Viola
: ノジスミレ V. yedoensis
学名
Viola yedoensis Makino
シノニム

Viola alisoviana Kiss.
Viola philippica auct. non Cav.

和名
ノジスミレ
変種

ノジスミレ(野路菫、Viola yedoensis[1])は、スミレ科スミレ属多年草。日当たりのよい道端などに生える、日本では比較的普通に見られる野草である。

ホンスミレViola mandshuricaによく似る。

特徴[編集]

スミレViola mandshurica)によく似た濃紫色の花をつけるが、より素朴な感じがする。またスミレよりもやや花期が早く、香りが強いのも見分けるときのポイントになる。生育地はアリアケスミレと同じように、低地の人里周辺に限られ、山のなかや高原などで見かけることはまずない。田畑の周辺など日当たりのよい乾き気味の環境を好む。秋田県を北限に屋久島まで分布する。



品種[編集]

オトコノジスミレ Viola yedoensis f. barbata
側弁基部に毛がある。
ケナシノジスミレ Viola yedoensis f. glaberrima
全体に毛がない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年4月30日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]