ノコギリヤシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノコギリヤシ
Serenoa repens USDA1.jpg
保全状況評価
Status TNC G4.svg
Apparently Secure
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: ヤシ目 Arecales
: ヤシ科 Arecaceae
亜科 : タリポットヤシ亜科 Coryphoideae
: ノコギリヤシ属 Serenoa
Hook.f.
: ノコギリヤシ S. repens
学名
Serenoa repens
(Bartram) J.K.Small[1]
シノニム

Sabal serrulatum

英名
saw palmetto

ノコギリヤシ(鋸椰子、Serenoa repens)はヤシの一種。ノコギリヤシ属は単型。小さなヤシで高さ2–4mになる[2]。幹は不規則に伸び、砂浜に密に群生するか林・広葉樹ハンモックの下生えとして見られる。幹が直立することは少ないが、幾つかの個体群で記録されている。米国南西部固有種で、大西洋岸平野からメキシコ湾岸低地で一般的だが、アーカンソー南部などの内陸でも見られる。丈夫な植物で成長は極端に遅い。長寿で、特にフロリダには樹齢500–700年と推定される個体もある[3]

掌状ヤシで無毛の葉柄を持ち、には約20の小葉が付く。葉柄は細かく鋭い棘で覆われており、和名や英名の由来となった。刺は容易に皮膚を傷つけるので、近づく際には注意が必要である。葉の色は内陸では明るい緑、沿岸では銀白色。葉は長さ1–2m、小葉は50–100cmになり、サバル属のものと似ている。は淡黄色で幅5mm、長さ60cmの密な円錐花序を形成する。果実は大きく赤黒い核果で、野生動物や人の食料として重要である。未熟な果実は苦い。チョウ目幼虫の食草ともなり、特にホソキバガの一種Batrachedra decoctorは本種を専食する。

属名はアメリカ人植物学者Sereno Watsonへの献名である。

薬用[編集]

フロリダ、アパラチコーラ国立森林のノコギリヤシ

果実は脂肪酸フィトステロールに富み、その抽出物は前立腺肥大症 (BPH) の治療薬として研究されている。脱毛症[4]多嚢胞性卵巣症候群などの高アンドロゲン状態にも用いられているが、その場合の効果は実証されていない。

多くの臨床試験のメタ分析からは、抽出物は軽-中度のBPHに対してフィナステリドタムスロシンより安全で効果的であるという結論が出た[5][6]しかし、その後の2つの大規模臨床試験ではプラシーボとの差異は見いだせず[7][8]、これらを含めたメタ分析では「BPHによる尿路症状に対してはプラシーボより効果的とは言えない」という結果となった[9]。これらの臨床試験は1年間で行われたが、2年間を超えて使用するとその効果はフィナステリド・タムスロシンに匹敵し、手術が必要となる確率を低下させたという報告もある[10]

民族植物学[編集]

欧州人との接触以前、繊維はウィスコンシンやニューヨークまで広く取引されていた[11]。葉は茅葺屋根に用いられた[12]。果実は魚中毒の治療薬として用いられた可能性がある[13]

出典[編集]

  1. ^ Serenoa repens (W. Bartram) Small”. Germplasm Resources Information Network. United States Department of Agriculture (1997年5月22日). 2010年4月12日閲覧。
  2. ^ Barnard, Edward S. & Yates, Sharon Fass, ed (1998). “Trees”. Reader's Digest North American Wildlife: Trees and Nonflowering Plants. The Reader's Digest Association, Inc. p. 131. ISBN 0-7621-0037-0. 
  3. ^ Tanner, George W.; J. Jeffrey Mullahey; David Maehr (July 1996) (PDF). Saw-palmetto: An Ecologically and Economically Important Native Palm. Circular WEC-109. University of Florida Cooperative Extension Service. http://edis.ifas.ufl.edu/pdffiles/UW/UW11000.pdf. 
  4. ^ Prager N, Bickett K, French N,Marcovici G (2002). “A randomized, double-blind, placebo-controlled trial to determine the effectiveness of botanically derived inhibitors of 5-a-reductase in the treatment of androgenetic alopecia”. J Altern Complement Ther 8: 148-52. doi:10.1089/107555302317371433. PMID 12006122. 
  5. ^ Wilt T, Ishani A, Mac Donald R (2002). Tacklind, James. ed. “Serenoa repens for benign prostatic hyperplasia”. Cochrane Database Syst Rev (3): CD001423. doi:10.1002/14651858.CD001423. PMID 12137626. 
  6. ^ Boyle, P; Robertson C, Lowe F, Roehrborn C (Apr 2004). “Updated meta-analysis of clinical trials of Serenoa repens extract in the treatment of symptomatic benign prostatic hyperplasia”. BJU Int 93 (6): 751–756. doi:10.1111/j.1464-410X.2003.04735.x. PMID 15049985. 
  7. ^ Bent S, Kane C, Shinohara K, et al (February 2006). “Saw palmetto for benign prostatic hyperplasia”. N. Engl. J. Med. 354 (6): 557–566. doi:10.1056/NEJMoa053085. PMID 16467543. 
  8. ^ Dedhia RC, McVary KT (June 2008). “Phytotherapy for lower urinary tract symptoms secondary to benign prostatic hyperplasia”. J. Urol. 179 (6): 2119–2125. doi:10.1016/j.juro.2008.01.094. PMID 18423748. 
  9. ^ Tacklind, J; MacDonald R, Rutks I, Wilt TJ (April 2009). Tacklind, James. ed. “Serenoa repens for benign prostatic hyperplasia”. Cochrane Database Syst Rev (2): CD001423.. doi:10.1002/14651858.CD001423.pub2. PMC 3090655. PMID 19370565. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3090655. 
  10. ^ Djavan B, Fong YK, Chaudry A, et al. (2005). “Progression delay in men with mild symptoms of bladder outlet obstruction: a comparative study of phytotherapy and watchful waiting”. World J Urol 23 (4): 253-6. doi:10.1007/s00345-005-0005-7. PMID 16175413. 
  11. ^ Whitford AC (1941). “Textile fibers used in eastern aboriginal North America”. Anthropological Papers of the American Museum of Natural History 38: 5-22. 
  12. ^ Simpson, JC (1956). A Provisional Gazetteer of Florida Place-Names of Indian Derivation. Tallahassee: Florida Geological Survey. 
  13. ^ Sturtevant, WC (1955). The Mikasuki Seminole: Medical Beliefs and Practices. Ann Arbor, MI: University Microfilms. 

外部リンク[編集]