ノキシチオリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノキシチオリン
識別情報
CAS登録番号 15599-39-0 チェック
PubChem 5251503
ChemSpider 4418329
UNII 4DN3AF1FU6 チェック
KEGG D07426
ATC分類 B05CA07
特性
化学式 C3H8N2OS
モル質量 120.17 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ノキシチオリン(Noxytiolin)は、腹膜の洗浄に用いられる抗感染症薬である[1]。分解してホルムアルデヒドを放出することで殺菌・抗毒素・抗付着作用を発現する。同様の作用機序を持つ、より新しい薬品としてタウロリジン英語版がある[2]

出典[編集]

  1. ^ Zmrhal, J.; Nezádalová, E. (1992). “Intraperitoneal administration of noxythiolin VUFB in the prevention and therapy of inflammatory postoperative complications in gynecology”. Ceskoslovenska gynekologie 57 (2): 71–73. PMID 1628340. 
  2. ^ van Westreenen, Mireille (1998), The effects of peroperative peritoneal: mechanism and clinical implications, Erasmus MC: University Medical Center Rotterdam, http://repub.eur.nl/pub/17660/980401_WESTREENEN,%20Mireille%20van.pdf