ノイラミン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノイラミン酸
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 114-04-5
PubChem 513472
ChemSpider 447972 チェック
MeSH Neuraminic+Acids
特性
化学式 C9H17N1O8
モル質量 267.233 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ノイラミン酸(—さん、neuraminic acid, Neu)は、9炭素単糖である。形式的には、ピルビン酸D-マンノサミン(2-アミノ-2-デオキシマンノース)がアルドール縮合した構造を持つ。

存在[編集]

ノイラミン酸自体は自然界には存在しないが、その誘導体は多く、動物組織とバクテリア、特に糖タンパク質酸性スフィンゴ糖脂質ガングリオシド)などに広く分布している。

誘導体[編集]

ノイラミン酸から誘導されるN-またはO-置換体は、シアル酸、特にN-アセチルノイラミン酸のようなものが知られている。そのアミノ基は、アセチル基またはグリコシル基のどちらかを運搬する。また、ヒドロキシル基は相当の変化に富んでおり、置換基にはアセチル基乳酸基メチル基リン酸基が知られている。

関連項目[編集]