ネレウス (給炭艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AC-10 Collier Nereus.jpg
艦歴
発注
起工 1911年12月4日
進水 1913年4月26日
就役 1913年9月10日
退役 1922年6月30日
その後 1941年12月10日以降に行方不明
除籍 1940年12月5日
性能諸元
排水量 満載 19,360トン
全長 542 ft (165.2m)
全幅 65 ft (19.81m)
吃水 27 ft 8 in (8.43m)
機関
最大速 15ノット
乗員 236名
兵装

ネレウス (USS Nereus, AC-10) は、アメリカ海軍の給炭艦。プロテウス級給炭艦の2番艦。艦名はギリシア神話海神ネレウスに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ネレウスは1911年12月4日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所で起工し、1913年4月26日に進水、1913年9月10日に就役した。

1919年9月12日に海軍海外輸送サービスから外れ、その後は1922年6月30日にノーフォークで退役するまで大西洋艦隊で任務に従事した。退役後は1940年12月5日に除籍されるまでノーフォークで保管され、1941年2月27日にアルミニウム・カンパニー・オブ・カナダに売却、ネレウスはモントリオールを拠点とし、カリブ海からボーキサイトをアメリカ、カナダアルミ精錬所に運搬した。

ネレウスは鉱石を積んでヴァージン諸島セント・トーマス島を出航したが、1941年12月10日以降に行方不明となった。同航路では姉妹艦のサイクロプスもその消息を絶っていた。ネレウスは再び軍務に就く予定であった。ネレウスはドイツUボートによって撃沈されたと推定された。しかしながら、本船の撃沈に言及したUボートの記録は無い。ネレウスの残骸は発見されなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]